iPad mini4で「dTV31日間無料お試し」を使ってみたら月額500円のコスパの良さに驚いた!

3月後半にiPad mini4を買ってから暮らしに新しい変化がありました。

それは、iPad mini4で動画を視聴する機会が増えたこと」

スマホでは目が疲れるから見ないようにしていた動画ですが、映像がキレイなiPad mini4はとっても見やすい!

大画面ではないけれど、程よい大きさの画面が一人で見るのにはちょうど良い。

YouTubeやお料理動画もスマホより臨場感あり♪

その中でも私が1番使いやすかったのが動画配信サービス「dTV

動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題

iPad mini4新規契約時にオプションで仕方なく入ったdTVでしたが、使ってみたら内容の充実ぶりと操作性の良さにすっかりハマりました!

31日無料おためし期間中にたくさんの番組を視聴してみて、主婦の私でも継続したいと思えたポイントなどを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

dTV 進撃の巨人だけじゃない!18ジャンル約120,000作品が見放題!

2014年6月にスマホ機種変更した時にも1度登録したことのあるdTV(当時はdビデオだった)

その時は、見たかった海外ドラマが全然なくて契約翌日にはオプション解約。

あれからもうすぐ3年、今回はiPad mini4新規契約でdアカウントを新しく作ったためdTVの31日無料おためしを使う事ができました(※1つのdアカウントで無料おためしは1回限り)

久しぶりのdTVはすごい変化を遂げていてビックリ(>_<)

18ジャンル約120,000作品が見放題!

洋画・邦画・アニメ・国内ドラマ・海外ドラマ・FOXチャンネル・オリジナルコンテンツ・ライフ映像作品など、メニューが豊富で驚きました。(一部見放題対象外コンテンツあり)

それに見逃し配信も利用できることも嬉しいサービスもあり。

dTVは月額500円(税抜)

おためし期間中でも見放題♪

実際ためしてみると、無料でこんなに観ていいの??と遠慮してしまうほど。主婦のお小遣いで十分楽しめるコスパの良さだと分かりました。

「進撃の巨人」全話が見放題♪dTVなら見逃し配信で最新話も後日ゆっくり楽しめる!

4月から地上波放送で「進撃の巨人 Season2」が始まっていますね。

dTVは「進撃の巨人」が全話見放題なのです♪(←もちろん無料)

実は私はこれが見たくてdTV無料おためしを使ってみようと思ったのです(^^)

Season1は以前地上波で途中から見たため後から単行本を買って内容埋め合わせていました。でもやっぱりアニメで全話じっくり見たくて。

3月後半にdTV新規登録し、4月Season2の地上波スタート前にSeason1の見ていない回も全部見られました♪

1話から全話続けて飛ばしながら見ることもでき、視聴途中でストップしても続きからスタートになるのもすごく良かったです。10秒戻しや10秒先送り機能も使いやすい機能でした。

dTVはiPad mini4を横向きにして視聴するスタイルが1番見やすいです(上の写真はメニューを表示させています。視聴するときは全画面表示可能)

私はスマホでも有料コンテンツは契約していないため他の動画配信サービスとは比較できませんが、dTVはとにかく操作性が良い

簡単にメニューから作品を選べます。さすがドコモのサービスですね!携帯やスマホを操作する感覚に近いです。

見たい番組を探しやすいだけでなく、ダウンロード等の操作も簡単♪画面展開も早くイライラしませんよ。

作品数が多いですから見たい作品にすぐ辿り付けるのは大切!

dTVはダウンロード視聴OK!オフラインで見たい時にすぐ見られる♪

dTVの良いところは、ダウンロード視聴ができること!

スマホやiPadなど端末の容量が空いていれば、何個でもダウンロードできます。

もちろん無料おためし期間中もダウンロード視聴できますよ♪

私のiPad mini4は128GBなので、映画とドラマは10作品ぐらい自宅Wi-Fiでダウンロードしておいて時間がある時に少しずつ見ました。

端末にダウンロード時間は、画質にもよると思いますが、映画2時間をHD録画(1番キレイな画質を指定)でダウンロードした時は、

1作品で容量は約2GB、ダウンロード時間は1作品5~6分、でした。

洋画は最新作は有料が多めですが、少し前の作品は見放題でも作品数充実♪

最新作には期待してなかったももの、見逃していた作品が無料視聴できたので洋画は3つダウンロード。

これはその時の私のダウンロードリストです↓

「イミテーション・ゲーム」2014年

「英国王のスピーチ」2010年

「アメリ」2001年

ベネディクト・カンバーバッチ主演の「イミテーション・ゲーム」は期間限定で無料視聴になっていました。有料マークになっている作品も期間限定で無料視聴作品になるかもしれません。

ドラマは以前WOWOWで放送されてた「パンとスープとネコ日和」全4話をダウンロードしました。

洋画もドラマも最新作ではありませんが、主婦の私には見たい作品いっぱいでした。子育てで忙しかった頃は洋画の最新作なんて一人で見に行けませんでしたし、国内ドラマも見逃してしまったものばかりです(^^;)

dTVのダウンロード視聴方法と外出先でオフラインで見る時の注意点

dTVでダウンロードした作品の視聴はオフラインで視聴可能です。

見逃してしまった大好きな海外ドラマ「MAJOR CRIMES シーズン3」もダウンロード視聴してゆっくり見ました。dTVではFOXチャンネルも視聴可能なんですよ♪

動画配信サービス【dTV】「ボーン」シリーズ4部作配信中!

ただし!

外でダウンロード視聴(オフライン視聴)するには最初だけ通信が必要になります。

というのも、ダウンロード視聴は端末にダウンロードしてあっても実際見る時はdTVの認証しないと見ることができないからです。

そのため、最初の接続時だけWi-Fiかモバイル通信の環境が必要になります。

モバイル通信を使っている場合、認証は最初の数秒だけなので、認証OKになり動画がスタートしたら一時停止させてモバイル通信をOFFすればそれ以降は通信しないので安心です。

私のドコモのiPad mini4はスマホと同じようにモバイル通信ができるため、特に問題はありませんでした。でも今後のことも考えていろんなパターンで接続を試してみました。

<※1つのアカウントで5つの端末を登録することができますが同時視聴は不可、ダウンロード視聴はダウンロードした端末でしか見られません>

★下記が私が試してみたダウンロード視聴できた環境は下記です↓

<モバイル通信できる場合>

・モバイル通信が常時ONの時⇒いつでも見られる

・オフラインだけで見たい時⇒認証後にモバイル通信OFFにすれば通信料はかからない

<Wi-Fi環境だけの場合>

・Wi-Fi利用できる時⇒いつでも見られる

・Wi-Fi利用できない時⇒デザリング利用などで認証が可能なら視聴できる

私のiPad mini4はWi-Fi+セルラーモデルなので、外出先でもモバイル通信で認証できたためオフライン視聴は簡単でした。

自宅では「Wi-Fi+機内モード」で使っていますが(←充電長持ちするから)、ダウンロードも視聴もどちらもそのままできます。

ちなみに、、

ドトールでドコモWi-Fiを使った時は、「Wi-Fi+機内モード」のままでも認証できました。ドコモのiPad mini4契約なのでドコモWi-Fi永年無料が使えています。これは契約後にメリットだったと気づきました(^^;)

とにかく、通信環境さえ揃っていれば(モバイル通信ON、またはWi-Fi)認証できるから外出先でもオフライン視聴できる、という事です。

実際4月分のiPad mini4のパケット使用量はとても少なかったのでダウンロード視聴は最初の認証時だけしか通信しないことは確かだと思います。

無料おためし期間中にこの方法で通勤電車やランチの時間にも少しづつ続きから見られたので、ダウンロードした作品は無駄なく視聴でき、忙しい主婦にはピッタリだと思いました。

dTVでアンパンマンチャンネル・NARUTO・機関車トーマスも見放題♪

予想以上にアニメが充実してたdTV

進撃の巨人だけでなく子供向けのアニメ番組の充実ぶりにもびっくり!

動画配信サービス【dTV】ディズニー実写映画が見放題に登場!

アンパンマンチャンネルや機関車トーマスも見切れないほど沢山!

我が息子(現在高校生)は機関車トーマスが大好きで3歳ぐらいまで沢山ビデオをレンタルして見せていました。

トーマスシリーズをdTVで見つけて、なんだかすごく懐かしくなって数話飛ばしながら流し見してみると、映像もとてもキレイでiPad mini4ぐらいの大きさの端末なら小さなお子さんが見てもスマホより画面が大きいからお母さんも一緒に楽しめると思いました。

ただし、本当にたくさん番組があるので、もっと見たい!とお子さんにねだられてしまうかもしれません、、(>_<)見放題だけに困るかも。

旅行の時や、待ち時間が長いときのお楽しみとしてダウンロードしておくといいのかも♪

dTVはドコモユーザーでなくても利用♪dアカウントは必要です

dTVはドコモの動画配信サービス、でもドコモユーザーでなくても利用可能です。

必要なのはドコモのdアカウント

dアカウントはドコモが提供しているサービス(デジタルコンテンツやネットショッピング)で利用できる共通IDで、ドコモユーザー以外の人も登録できます。もちろん登録は無料♪

つまりdアカウントさえ登録できれば、誰でもdTVを利用する事ができるのです。

無料おためしサービスはdアカウント1つに対して1回だけ利用可能、新規のdTV登録手続きをすると現在31日間無料で見放題を使えます。

最大31日間試して気に入ったらそのまま継続OK。特に手続きは不要、そのままサービスを利用できます。月額は500円(税抜)

月額料金や有料作品レンタル料の支払方法は、ドコモユーザーの場合はドコモ携帯支払やクレジットカード決済などが選択できます。ドコモユーザー以外の場合はクレジットカード決済しかできません。

dTVの有料レンタルはiOSアプリ版からは購入できないけど、実はその方が安心かも

dTVは基本的に見放題のサービスですが一部見放題対象外コンテンツがあります。

最初に無料おためしを使い始めた時に、知らない間に有料作品をみていたらどうしよう?と少し心配でした。

でも、iPad mini4やiPhoneでdTVアプリiOS版を使っている場合は心配いらなかったのです。

実はiOS版dTVアプリでは有料作品をレンタルすることができない!

★これがその時の証拠画像↓

有料作品をレンタルしたいときにはSafari版dTVでレンタル購入したものしか見ることができないようになっていました。

レンタル料金もiOS版アプリでは表示されませんでした。

Safari版dTVを見てみたところ、ドラマで1話100~200円位、映画1本で300円~400円位のレンタル料金が多かったです。

iOS版アプリを利用している場合は、お子さんにアニメなどを見せていて間違って有料作品にアクセスしたとしても↑このような画面が表示されるだけで実際には自動的にレンタル料金が発生してしまうことは現在のところないようなので安心かもしれません。

※2017年4月時点の内容です。サービス内容は今後変わる可能性はあります。

dTV無料おためし後に継続する時の注意点 料金は月額料金、日割りではない!

とても気に入ったdTV

ですが、、、

私は31日おためし期間の最後で退会しました。

そのまま継続しなかったのには、理由があるんです!

私の契約開始日は3月後半。確かに無料おためしは31日間以内で利用料は発生無し。最初はそのまま継続しようと思っていてドコモのインフォメーションに一応電話で確認したところ、私の契約開始日だと無料おためし期間終了後4月末の数日間のみの使用でも500円(税抜)が請求されると判明!

事前に調べてはいたものの、やっぱりその通りでした(>_<)

dTVの利用料金は月額料金。日割りではないんです!

dTVの契約開始日が月末に近いほど31日間の無料おためし期間のメリットが薄まる感じになってしまいます(←たっぷり見放題させてもらいましたが、、)

そんな訳で、4月末の数日間で500円(税抜)払うのは嫌だったため1度解約し、再度月初に入会する事にしたのです。dTVは自分のお小遣うためコスパ意識大切!

5月は第2週目まで忙しく5月月初入会は見送り、6月月初に改めて入会する予定です。

そんな事情で、この1ヶ月はdTVを見ることができません(^^;)

見られなくなってみるとdTVの見放題はやはり自分に合っていたと思います!

月額料金が高く最新作が多く見られる動画配信サービスも有ります。でも主婦のお小遣いで利用したい場合に継続しやすい料金はやはり税込1000円以下かな、、と感じます。

それに、私の場合は最新作が見放題だと料金分の元を取りたくなって視聴時間も長くなってしまいそうで怖いです、、。

500円なら税込でも540円、これならカフェで1回お茶する金額で1ヶ月たっぷり楽しめます♪

dTVに、もしダウンロード視聴がなかったらそう思わなかったかもしれません。動画配信サービスは有名な会社がいくつか有りますが全てがダウンロード視聴可能ではないと知り、dTVはやっぱりコスパ良いと思いました。

超最新作じゃなくても、この5~10年ぐらいの話題作や見逃していたドラマを見たい人、好きな作品がdTVにある場合には、とってもオススメですよ☆

ダウンロード視聴、1度使えばきっと良さが分かると思います。このサービスがあるから忙しい主婦でも1ヶ月に何作品でも見ることができ540円のもとはしっかり取れそう(^_^)←お試し期間で体験済み!

期間限定の見放題作品も毎月変化しているようです。これも楽しみ☆

6月に再入会した時にまた記事にしてみますね♪

▼詳細はこちら▼

動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする