【カスピ海ヨーグルト】継続60回超えました☆冬のヨーグルト作り改善点など

2015-02 fujikko2

毎朝食べているヨーグルト。

昨年5月に、カスピ海ヨーグルトの手作り種菌を買って作り始めてから、今月初めに継続60回目を超えましたヽ(^o^)丿

今日、65回目の種継ぎも完了!!

私がヨーグルト作りに使っているのは

【フジッコ】カスピ海ヨーグルト

家庭で作れる手作りカスピ海ヨーグルトの種菌です。
(2袋入り)

食品メーカーの「フジッコ」の通信販売で買いました。

その1袋からスタートした私のカスピ海ヨーグルト作り。

完成したヨーグルトの一部を種ヨーグルトとして牛乳に混ぜて次のヨーグルトを作ります。

説明書の注意事項を守ってシンプルに種継ぎをしてるだけ。

私は専用の器具類は使っていないから、「常温」で作り続けています。

今の所、常温でもとても美味しいフレッシュなヨーグルトが出来てます。

(※フジッコ種菌の説明書では、雑菌の繁殖を防ぐために季節ごとに新しい種菌でヨーグルトを作る事がお勧めされています。私は1袋で最大何回位継続して作る事ができるかチャレンジ中なので内容についてはご了解ください)

スポンサーリンク

冬のカスピ海ヨーグルト作り 固まる時間が長くなり少し試行錯誤しています

5月からカスピ海ヨーグルト作り始めて、夏から秋は室温も高いため固まる時間も早かったです。

でも、11月後半ぐらいから室温も下がり、ヨーグルトの固まる時間が長くなりました。

置き場はいつもキッチン。

我が家の環境でヨーグルトが常温で固まる時間は、、、

夏場は6~7時間。

冬は12~13時間。

2015-02 fujikko3

<60回目ヨーグルトの写真です>

今までは、1回500ccの牛乳でヨーグルト作りをしていましたが、寒くなってから固まる時間が長くなってしまったため、いろいろ試行錯誤。

少なめに作った方が常温では固まる時間が早いことが分かりました。
(※我が家のキッチンの場合)

2015-02 fujikko6
<キッチンカウンターの温湿度計、いつも20度前後>

うちはマンション、冬場の朝5時でも18度位。

昼間は20~22度(暖房なしの温度)

24時間換気システムのため、湿度はかなり低め、という環境です(^_^;)

冬のカスピ海ヨーグルト作り 改善点は2つ

<改善点その1>

1回に作る量を

500cc⇒約350~400ccに減らした

<改善点その2>

ヨーグルト作りに使う容器も小さい物に変えた

2015-02 fujikko4

以前コストコで買ったジップロックコンテナのセットに入っていた丸型(中サイズ)

【ジップロック スクリューロック473mlタイプ】

▼こちらと同じ商品だと思います▼

ジップロック スクリューロック 473ml 2個入

カスピ海ヨーグルトの保存容器をジップロックスクリューに変えてみて良かったこと

コストコで買ったセットにこのサイズの丸型は2個入っていました。

このジップロックのスクリューはジップロックコンテナと違って蓋がスクリュー(ねじ式)だから、パチッと押さなくていいし、蓋部分しっかりしているのです。重ねて置くのにも場所をとらなくていいです。

2015-02 fujikko5

現在、ヨーグルトは朝に種継ぎしています。

朝スタートすると昼間の温かい10時間を有効に使えて夜には固まります(夜に種継をしてしまうと翌日完成する時間が読みにくかったので)

夜、固まったヨーグルトを冷蔵庫に入れて、翌朝は、食べる前に「種ヨーグルト」を直接もう一つの容器に入れて、すぐ次のヨーグルトを作っています。

1回に牛乳350~400cc分のヨーグルト。

これで夫と私が毎朝食べるヨーグルト2日分。

一度にこれくらいの量がいつも新鮮に作れていい感じです。

おまけで、、、

我が家の冷蔵庫内にヨーグルトは重ねて保管しています。

↓ ↓ ↓

2015-02 fujikko7

ジップロックスクリューが2個重ねて置けます。

我が家の冷蔵庫、コストコのジップロックシリーズばっかり!

最上段(写ってないけど):大きな長方形タイプ重ねて(チョコチップ、レーズン)

上段:正方形のタイプ大小(自家製梅干し、塩蔵わかめ、佃煮、ブラックオリーブなど)

下段:ジップロックスクリュー(大)にはドリップ用コーヒー粉が入ってます。クルッとねじって開けられるからとっても使い易いです。

この日の冷蔵庫、ほとんど空っぽね(^_^メ)

これ先日コストコに行く前の状態です。

本当にコーヒー、1回分しか残ってなかったのよ。

(ストックなくなり慌ててコストコへ行った先日のお話の通り)

注意事項を守って作ればカスピ海ヨーグルト作りはすごく簡単で経済的♪

種菌を使って作る自家製カスピ海ヨーグルトは、注意事項を守って作ればとても簡単です!

容器や道具の熱湯消毒は必須ですし、固まったままのヨーグルトを放置したりするのはもちろん衛生的に御法度!

文頭に書いたように、フジッコの種菌の説明書には「雑菌の繁殖を防ぐために季節ごとに新しい種菌でヨーグルトを作る事」がお勧めされています。

現在私は、1袋でどれくらい継続して作れるのか?というチャレンジ中のため継続期間は考えずに自己責任で作り続けていますので、本来は3~4ヶ月経過したら新しい種菌でまたスタートするのがベストだと思います。

特別な道具がなくても常温でヨーグルトを継続して作り続けることができることが1袋の種菌からできることがすごく便利なところ♪

毎日ヨーグルトを食べるご家庭なら、ヨーグルトを買う必要がないのです。普通の牛乳を買うだけでいいなんて経済的ですよね。

種菌ってコスパ優秀だな、と毎朝ヨーグルトを食べるときに感じます。

それに、とっても美味しい♪

一昔前に流行ったカスピ海ヨーグルトとは全然質感が違いますよ。

この種菌で作るヨーグルトはとってもフレッシュ☆

冬場にスタートするのが心配な方、是非春になったら始めてみませんか??

まだまだヨーグルト作り継続チャレンジ続けていきますので、また読んでくださいね。春になるまで私も頑張って大切にヨーグルト育てていきますから~

▼フジッコの種菌について詳しくはこちらで▼

カスピ海ヨーグルト手作り用種菌



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする