【ふるさと納税】自己負担額が2千円って本当だった!地方税税額通知書が届いてお得感を実感中♪

2016-06 furusatonouzei2

昨年6月に初めてふるさと納税をしてから、1年が経ちました。

2015年は16万円分、2016年も既に8万円分の寄附金を納付済み(お礼品未到着分も含む)

2月に確定申告をして所得税(国税)分の還付を受けましたが、地方税分は毎年6月に届く「地方税税額通知書」で税額控除額が判明するため、ずっと待ち状態。

その間、2015年に寄付した金額(所得税控除した残金)は自己負担のまま。

果たして、本当に「ふるさと納税の自己負担はお得だったのか?」が忘れそうになっていた所、今月中旬に「地方税税額通知書」が手元に届きました!

スポンサーリンク

ふるさと納税 自己負担額2000円の仕組み

まずは、ふるさと納税がどうして「自己負担2000円」だけでいいのか?のおさらいを簡単に。

ふるさと納税は、「納税」と言う名前が付いていますが、寄附金です。

本来は居住している地域に収める分の税金の一部を「寄附」という形で全国の市町村へ支払う事で、それそれの所得に応じて上限額はあるものの、所得税の還付や住民税の控除を受けられる仕組み。

自己負担2000円とは、寄附金控除の適用下限額。

「2000円以下の寄附」では寄付金控除対象を受ける事はできません。

このことが、ふるさと納税の自己負担は2000円と言われるもとになっています。

2016-02 zei3

ふるさと納税 確定申告とワンストップ特例の違いとは?

ふるさと納税は、「寄附金控除」を受けなければ、全額が自己負担になってしまいます。

この「寄附金控除」を受ける方法は2つのどちらか。

1つ目は、確定申告する方法

2つ目は、ワンストップ特例制度を利用する方法(確定申告不要)

※ワンストップ特例制度とは、、

確定申告な不要な給与所得者が5団体以下への寄附の場合、確定申告不要で住民税の控除を受けられる制度(平成27年度税制改正より)

ワンストップ特例制度

条件がありますが、ワンストップ特例制度を利用する方が確定申告しなくていいという手続き上のメリットがあります。

我が家は確定申告組のため、先日の「さとふる」セミナーでワンストップ特例申請の手続き内容を聞く事が出来てとても勉強になりました。

初めてふるさと納税する人や寄附先を5団体までに決めている人にはとても便利な制度ですね。

ふるさと納税後、ワンストップ特例申請書を寄附先に送付します(確定申告は不要、地方税のみ税額控除されます)

しかし、医療費控除やその他所得がある人など確定申告する人なら、ふるさと納税も確定申告を一緒にするだけなので、そんなに難しくはないと思います。

所得によって税控除額の上限もありますので、控除額シュミレーターなどで見ておく事も大切です

さとふるの控除シュミレーターは具体的で分かりやすいです!

控除シミュレーション

我が家は確定申告しています(夫の所得分)

2015年分のふるさと納税分の寄附金は16万円(※限度額より少なめでした)

初めての方は、限度額を必ずチェックしましょうね!

16万円(寄付金総額)-2千円(自己負担額)=15万8千円(税額控除額)

この15万8千円が税額控除で全額戻ってくるのかどうかが問題ということです!

ふるさと納税 地方税税額通知書を見て最終的な自己負担が分かった!

2016-06 furusatonouzei1

前置きが長くなりましたが、

2月に確定申告して所得税の還付を受けた残りは、さてどうなったでしょう??

今月手元に届いた地方税税額通知書をよく見て見ると、、

細長い紙の下の部分にに、控除された税額が市民税分と都民税分に分かれて印字されていました。

その合計額が、今年払う予定の住民税から差し引きされていました。

つまり、この合計額が所得税還付後の住民税控除分ですね!

ところが、、計算してみると、、

ぴったり2千円にならない!!

3千円はいかないまでも微妙な端数があるんです(←2千数百円という意味)

夫は「3千円未満だから2千円ぴったりじゃなくてもすごく得だったんだよ」とお気楽に言ってましたが、どうも私はしっくりこなくて、、。

でも、思い起こせば、本当に沢山のお礼品を頂きました!

静岡の新茶にいやされ、、

2015-07 hurusatokkakegawa5-min

浜名湖のうなぎパワーを頂き、、

2015-07 hurusato6-min

十勝ローストビーフで夕食メニューを助けられ、、

2015-08 furusato1-min

北海道メロンで夏を感じて、、

2015-07 melon2-min

長野のぶどうで秋を知り、、

2015-09 hurusato5-min

バターやチーズが冷蔵庫を豊かにし、、

2015-11 furusato3-min

明太子はお弁当に大活躍!

2015-12 mashike2-min

いくらも、年末年始に助かりました。

2015-12 erimo24-min

本当の干物の旨みを教えてもらい、、

2016-01 himono3-min

お酒もいろいろ、、夫喜ぶ。

2016-01 syoutyu1-min

今まで頂いたお礼品のほんの一部ですが、写真を見ただけで、とても自己負担額が2000円台だなんて思えませんよね!!

ふるさと納税 確定申告した場合の自己負担端数の謎が解明!

そんなこんなで2015年分の住民税控除も終わり、ふるさと納税のお得感を実感中。

ですが、端数が気になっていたら、先日のさとふるセミナーであっけなく解決!

ふるさと納税以外の申告(医療費控除やその他所得等)をする人の自己負担はぴったり2千円にはならないそうです!!

控除を受ける項目が他にあると全体の控除額も変わるため、多少のずれが発生する場合はあるそうです。

税額控除の詳細は税務署や税理士さんの無料相談などを利用して相談する方法もあるようですが、我が家の場合は複数の所得や控除申告があったため端数が出たようでした。

さとふるセミナーでその話を聞かなかったら、ずっと「モヤモヤ」だったかも、、。

理由が分かって、さらに「ふるさと納税」のお得感を実感中です♪

さあ、また美味しいお礼品が到着しました♪

近いうちにご紹介しますね!

ワンストップ特例でも確定申告でも、確実にお得なふるさと納税。

そのお得度合いには驚くばかり(貯金しても金利付かない時代だし、、)

ふるさと納税の制度は、一度理解すれば簡単♪

初めてふるさと納税してみようと思ったらスタートは肝心です!

しっかりと情報提供されているサイトを利用しましょうね☆

提携自治体が続々増えている実力派のふるさと納税サイト「さとふる」おすすめですよ♪

▼▼詳しくはこちら▼▼

WEBでふるさと納税!さとふる