ベルタ酵素ドリンクの試飲会♪ベルタ酵素サプリも1ヶ月お試し中

2014-09 belta1

「ベルタ酵素ドリンク」、とっても人気ですね!

良い商品はやはり口コミから広がっていくんたな~と思います。

以前、ベルタ酵素ドリンクを初めて試飲する機会があり、「酵素ドリンク」への意識が全く変わりました。

「酵素ドリンクって効果はありそうだけど、味はどうなの??」

そう思っている人が実は多いかも。ベルタ酵素ドリンクはピーチ味で美味しいんです。

先日のA8フェスティバル会場にベルタ酵素の試飲会があって、私も参加してきました♪

スポンサーリンク

165種類の酵素配合「ベルタ酵素ドリンク」で代謝をあげてみる!

ベルタ酵素にはドリンクとサプリがあります。

ベルタ酵素ドリンクは「165種類」、ベルタ酵素サプリは508種類の酵素が配合されています(※サプリは354種類⇒508種類に増量)

2014-09 belta2

どちらも厳選された食物を原材料に美肌効果のあるヒアルロン酸やプラセンタなどが配合された商品。

★成分について⇒酵素数165種類の酵素ドリンク「ベルタ酵素」

ベルタ酵素はダイエットで話題になった商品ですが、基礎代謝が下がって太りやすくなっている人にも役に立つドリンク。

食べ物だけでは補えない酵素を補ってあげることで、代謝を上げるのを助けてくれるのです。

ベルタ酵素 代謝をあげるオススメの摂取方法とは?

スタッフさんに代謝を高めたい時に、お勧めの取り入れ方を聞いてみました。

1番のオススメ時間帯は「夕方から夜に飲む

(理由その1)代謝が下がる夜に酵素を補ってあげる事で、代謝を助けてくれる。寝ている間に体内に取り入れられる。

(理由その2)ベルタ酵素は腸で効くように作られており、特に質の高い乳酸菌が配合されたサプリは腸の活動を良くしてくれるので、代謝を上げるばかりではなく便秘解消にも役立つ。

栄養分だけでなく腸から吸収されるから、美肌効果も高いそう!!

上に載せたベルタ酵素サプリのパッケージ裏面を見ながら、スタッフさんが丁寧に答えてくれました。

ベルタ酵素ドリンク オススメの飲み方は「豆乳割り」

2014-09 belta3

<左>ベルタ酵素ドリンクの原液

<中>同量の豆乳

<右>ベルタ酵素ドリンクの豆乳割り

今回は、お水で割った物ではなくて「原液」の試飲!

それも、「原液」だけじゃなく「豆乳割り」も頂きました~☆

この豆乳割りが美味しすぎて、お代わりしちゃいました!!

ベルタ酵素ドリンクは一日に約40~45㏄が適量。

原液は、本当にフルーティーなピーチの味☆

どちらかというと白桃のような「みずみずしい甘さ」

そして、「豆乳割り」なら、女性のホルモンバランスに大切な「イソフラボン」も同時に摂取できます。

このドリンク、毎晩寝る前に飲みたいな~☆

2014-09 belta4

今回は、ベルタ酵素ドリンク1本に必ず入っている付属品の「計量カップ」と「付け替えキャップ」も写真撮らせてもらいました

(なんと計量カップが試飲カップでした、太っ腹!)

商品出荷時には品質保持のため、金属製のキャップが付いています(一番上の写真を見てみて)

計量カップとプラキャップは全ての箱に入っているのです。

開封後は毎日飲みますから、プラキャップが便利ですね。

プラキャップは液ダレせず、とても注ぎやすかったです(注がせてもらいましたよ)

ベルタ酵素のコーナーは、この酵素ドリンクやサプリだけじゃなくて、妊娠線クリームや葉酸サプリなども展示してありました。

乳酸菌配合「ベルタ酵素サプリ」で代謝アップチャレンジ中

と、いう事で、

私もスタッフさんに頂いたアドバイスを早速実行してみました!

「ベルタ酵素サプリ」で代謝アップチャレンジ☆

2014-09 belta5

<ベルタ酵素サプリ>

春に体験談を書いた記事がA8レビュー部に掲載され、プレゼントとしてベルタ酵素サプリを1袋が届きました(頂き物のため旧パッケージです)

試飲会で良いアドバイスも頂きましたので、夕食後に飲むパターンでスタート。

2014-09 belta6

<中身はピンクと白のカプセル>

ベルタ酵素サプリはピンクと白のカプセルでした。色がカワイイ☆

1カプセルの大きさも程よく、女性が飲みやすい粒。

まだ飲み始めて1週間ほどですが、ガンコな便秘に変化あり!

飲み始めて3日目の朝にスムーズなお通じ♪

その後も快腸で便秘で苦しかったお腹の張りが減りました(^^)/

寝ている間にベルタ酵素サプリの乳酸菌が腸を助けてくれたみたい。

代謝が下がるのを助けてくれるベルタ酵素、かなり良いかも!

▼商品詳細はこちら▼

酵素数165種類の酵素ドリンク「ベルタ酵素」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする