シェラトングランド台北ホテル滞在記(2)朝食ビュッフェは世界の朝ご飯が食べられる♪ヌードル専用カウンターもあり

台北で2泊した「シェラトングランド台北ホテル」は、ビュッフェ(ブッフェ)レストランでも人気のホテルです。

今回利用したH.I.Sスーパーサマーセール「羽田発台北3日間」の格安ツアーでも朝食2日間付いていて、朝食ビュッフェを食べるのも旅の楽しみの1つでした。

大きな吹き抜けのある開放感ある朝食ビュッフェは、ゆったりとした雰囲気の中で世界各国の朝食が食べられる面白いスタイル。

2回の朝食が優雅に頂けたシェラトングランド台北の朝食ビュッフェをご紹介します。

スポンサーリンク

シェラトングランド台北の朝食ビュッフェ、利用方法・価格など

シェラトングランド台北で人気のビュッフェレストランは、1階の大きな吹き抜けの空間真下にあります。

ホテルのチェックイン後にエレベーターホールに行くときに必ず通る場所です。

台北旅行での滞在先は「シェラトングランド台北ホテル」 ラグジュアリークラスのホテルではありますが、私達が泊まったのは、H.I.

エレベーターからも窓越しに下のレストランの様子が見えて、目でも楽しめる場所でした。

ブッフェレストランの名前は「Kitchen 12

朝食の営業時間は、朝6時半~10時まで。

時間帯が変わるとメニューも変わり、昼食、夕食もビュッフェで楽しめるレストランです。

朝食ビュッフェの料金は、大人1名 700TWD(日本円で2700円位)※2018年9月

私の利用したH.I.Sツアーは朝食付きのプランでした(基本が朝食付きプラン)

朝食付きの場合は、もちろん「無料」です

もし「朝食なし」で宿泊しても、ビュッフェは有料で利用できます。

レストラン受付でお部屋のカードキーを見せてお部屋番号を確認してもらいます(カードキーが入っている白いカードケースに部屋番号が記載されていたのでそれを見せました)

その後、テーブルへ案内してくれました。

シェラトングランド台北のルームキーは濃紺色のカードです。

レストランの真上に広がる壮大な吹き抜けの空間は、何度見ても気持ちが良かったです。

テーブルに案内された後は、自由にお料理を取りに行けます。

台北の物価を考えると朝食に2700円も使うのは高い気もしますが、実際にビュッフェを利用してみるとクオリティーがとても高く、朝食とは思えないようなお料理がたくさん食べられますのでご宿泊予定ならぜひ1回は利用してみる価値ありです。

ホテルの朝食の良い所は、天気に関係なくホテル内でゆっくり食べられることですね。

私達が滞在した3日間は偶然とても良いお天気が続きました。でもこれが連日雨だったら朝食のために外出するのはちょっと面倒かもと思いました。

※台北市内には日本より安い価格で美味しい朝食の食べられるカフェもたくさんあります。台北は働く女性が多く朝食から外食するご家庭も多いためいろんな朝食楽しめるそうですよ。

世界の朝食が味わえるビュッフェのお料理・フルーツ・ヌードルカウンター

中に入ってみると広いレストランでした。いくつかのエリアに分かれてお料理・ドリンク・パン・フルーツなどが美しく並んでいました。

最初に目に付くのは、半円形の長くて大きなカウンターです。

この場所には、サラダ・ヨーグルト・シリアル・前菜・オードブル類が並んでいます。

シリアルの種類も多いです。

冷たい牛乳のスタンドも隣。スタンドのデザインが可愛い。

ホットコーヒー、紅茶、ミックスジュース、フルーツジュースなどドリンク類。

ホットコーヒーと紅茶はこの大きなカウンターの両端2ヶ所に置いてあります。

エスプレッソマシンは、奥の場所にあります。初日はマシンがあるのに気付かずこのコーヒーを飲んでしまいました。

マシンの写真はありませんが、エスプレッソ・カプチーノ・カフェラテ・コーヒーなどメ各種メニューボタンあり、コーヒースタンドのコーヒーより数倍美味しかったです。マシンも2台ありました。

濃い目のコーヒーが飲みたい人は、ぜひ奥のキッチンエリア近くに置いてあるエスプレッソマシンを使ってくださいね。

フルーツもたっぷり用意されています。

初日はドラゴンフルーツ・パパイヤ・ピンクグレープフルーツ・レモン・バナナ・ぶどう(大粒)があり、翌日はドラゴンフルーツの代わりにメロンがありました。

パパイヤが完熟で美味しかったです。バナナは初日食べなかったけれど、ツアーガイドさんが「台湾のバナナは日本で食べる味と全然違うから是非味わってみて」と言っていたのを思い出し翌日はバナナ食べてみました。

台湾のバナナ、日本で食べるバナナと全然違ってふんわり柔らかでとても美味しいです!

お客様もバナナ食べてる人が多かったですよ。

最初は「シェラトンでバナナ?」と思ったけれど、食べてみてバナナ押しの意味が分かりました(笑)

メインカウンターにはヨーグルトもいろいろ綺麗に並んでいます。

プレーンヨーグルトはギリシャヨーグルトなど数種類。1番美味しかったのは小瓶に入って冷やされてあるフルーツ入りヨーグルト。マンゴーヨーグルトは贅沢な味で人気でしたよ。

このフルーツヨーグルトは、たぶんシェラトンの自家製ではないかと思います。

手作り感のある小瓶に入っていて、甘酸っぱさ爽やか&濃厚。日本のヨーグルトと少し違いました。

メインカウンターにはオードブルやお料理も並んでいます。

もっと並んでいたけれど、イメージはこんな感じです。

でもホットメニューは別の場所にもっと沢山あるのです!

メインカウンターでお料理取り過ぎるとキッチンエリアで温かいお料理が待っていますのでご注意ください。

シェラトングランド台北の朝食ビュッフェは、奥のキッチンエリアがメイン!

レストラン奥に進むと、厨房の見える綺麗なキッチンが広がっていました。この場所は吹き抜けの部分の奥になります。

手前がアメリカンスタイルの朝食メニュー。

ベーコンや大きな塊のハム、スクランブルエッグやポテト類(それぞれ数種類、写真はほんの一部)

卵を希望のメニューに焼いてくれる場所は欧米人のお客さんに人気でした。

卵の数も焼き方も指定できます。

いろんなホテルには卵料理をその場で焼いてくれるサービスがあると思いますが、このレストランは、キッチン(厨房)を見せながらお料理するスタイル。

豪華な設備のキッチンエリアだけれど、屋台で注文してお料理作ってもらえるような雰囲気を味わえて面白いです。

卵料理の奥が中華のエリア。

写真に写っていないですが、この場所の近くに蒸籠で熱々の小籠包や台湾料理、中華系のおかずも温かい状態で取り分けられます。

蒸しパンもほかほかに蒸籠に並んでいました。

おかゆ・大根餅(←これ美味しかった)・お豆腐料理など中華系のお料理もいっぱい。もはや朝食のレベルは超えて夕食レベルのクオリティーです。

オレンジ色の鍋で統一されていてキッチンエリアもグッズがおしゃれ。ルクルーゼの大鍋かな?

私もおかゆを少し取りました。

1番奥がヌードル専用カウンター!

お好みの麺とスープを選んで麺料理を作ってもらえます。

麺は4種類(中華麺・お米の麺など)から選び、スープを選んでオーダーします。トッピングもいろいろ置いてあるから自分で好きな物を乗せて完成。

お米の麺にパクチーのせればベトナムのフォーも作れますよ♪

トッピングはちょっとクセのある味付のものが少しあったけれど、このエリアは異国間漂う香りで朝食であることを忘れてしまいそう。

お料理写真を沢山撮ったつもりだったのに、お肉料理などの写真が殆どないことが判明!

お肉料理もお魚も、お豆腐料理も、もっとたくさんありました。

ベーカリー&スイーツショップ併設のホテルだからパンも焼き菓子も美味しい!

パン好きの私は、パンのエリアが1番楽しめました。

シェラトングランド台北はペーカリー&スイーツのショップがホテル内にあります。ちょうど上写真の奥がショップです。ビュッフェのベーカリーコーナーとショップの厨房が兼ねています。

ベーカリーのコーナーはパンだけでなくトースターまで美しく置かれています。

ベーカリーで焼き立てのパンがどんどん並びます。

パンオショコラ、クロワッサン。どちらも少し小ぶりでちょうどいいサイズ。

味は文句なしです。バターの風味がとても良い♪

四角い木製の引き出しのようなものは、食パンケースです!

こんな素敵な食パンケース、初めて見ました。

隣のバターとジャム入れも可愛い。

トースターもカラフルで丸いフォルム。トーストは食べなかったけど、トースターをジロジロ見てしまいました。キッチングッズ好きにはたまりません(笑)

備品にも手を抜かない所は客室のバスルーム同様にポリシー感じます。

奥にショップが少し写っていますね。

朝食にはフレッシュケーキなどは置いてありません。ハーゲンダッツ用の冷凍庫は置いてあったのですが朝食では提供なしでした。

その代わり、フィナンシェやパウンドケーキなどの焼き菓子がベーカリーコーナーに数種類ありました。

ダイヤ型のお菓子がフィナンシェ(プレーン・チョコ)、パウンドケーキはクルミ入りのバナナケーキ。

フィナンシェのチョコとバナナケーキが格別美味しかったです。

ハード系のパンも3種類。

なくなるとベーカリーの厨房から違う種類のパンが焼き立てで追加されます。

ベーカリーコーナーにはフレンチトーストもあります。

出来たてをお皿に乗せてくれます。近くにメープルシロップやチョコレート・ピーナツクリームなども置いてあるのでトッピングもできます。

チーズ類はベーカリーのコーナーにあります。パンと一緒にどうぞ。

チーズドームも可愛いですね。

1泊目に食べた朝食写真

一泊目は、奥にキッチンコーナーがあるのに気付かず先にメインカウンターでサラダやオードブルを取ってしまいちょっと失敗。

蒸し野菜と蒸しパン、焼売はキッチンエリアから取りました。焼売も3種類ぐらいありました。

蒸しパンはクロワッサンの層のようにたくさんの渦を巻いていて、とても弾力あり。黒糖っぽいけど甘くはなかったです。中華系のお料理と合わせやすい味でした。

おかゆは柔らかめ。中華がゆだけどクセのある味ではなかったです。

食後は、マンゴーヨーグルトとフルーツいろいろ。そしてコーヒー。

プチプチのドラゴンフルーツ、さっぱり味で食後にピッタリ。

パパイヤが完熟で、ハワイで食べた時より美味しく感じました。

数えられないくらいお料理あったのに、結局「自分の好きな物を取ってしまう」あるあるの朝食でした(笑)

2泊目に食べた朝食写真

2日目は、奥のキッチンエリアでおかずも厳選して取ってきました。

ヌードルバーも魅力的だったのだけど、前夜に夜市で麺料理を食べてしまったため、またパンを選んでしまった(汗)

おかずは野菜を中心に。

赤い小鉢はスモークサーモンとクスクスのサラダ。

キッチンコーナーではカリカリベーコンや焼豚を。

豚バラ肉を煮込んで作られたチャーシューは、脂っぽくなく味付けが絶妙ですごく美味しい!

夫もこのチャーシューが気に入って食べていました。

キッチンコーナーには蒸籠に入ったホカホカの蒸し野菜も置いてあります。旅行中は便秘になりやすいから野菜はなるべく食べたいですよね。生野菜だけでなく温野菜も充実しているところは女性には嬉しい。

こうやってお皿に取り分けた状態だけでは、このレストランのお料理メニューの豊かさを伝えるのは難しいですね。

食後はフルーツいろいろとギリシャヨーグルトのフルーツジャム乗せ。

パッションフルーツのジャムが甘酸っぱくて濃厚。ヨーグルトコーナーにはドライフルーツ(マンゴー・マスカット・クランベリーなど数種類)もあるのでトッピングで味が全然変わるから連泊しても飽きないですね。

フルーツは夫と2人分です。

1日目に存在を知らなかったエスプレッソマシンを2日目に発見し、夫と一緒にカフェラテ飲んで、フルーツもぐもぐ。

台湾のバナナ、食べてみて初めて違いが分かりました。味も食感も台湾のバナナは上品で日本で売っているバナナより数倍美味しいです!

ツアーガイドさんに教えてもらわなかったら食べなかったかも。ガイドさんに感謝。

この日は2泊3日の旅の最終日。

空港へのお迎えバスが来るまで午前中は自由だったので、出掛ける場所を再チェックしながらのんびりブランチ的な朝食をたっぷり食べました。

結局2回目の朝食も、私の場合はパン・おかず・フルーツと、好きな物を選んだだけの普通のビュッフェ朝食写真で失礼しました(笑)

まとめ

今回の旅で初めて宿泊した「シェラトングランド台北」は、館内の雰囲気、室内の設備、朝食ビュッフェも満足できる内容でした。

滞在中はほとんど出掛けてばかりで、ホテルの他の設備などは全然見に行かずに終わってしまったため、客室の様子と朝食ビュッフェだけを記事でご紹介しました。

久しぶりの旅でしたが、宿泊先に安心感あり、ベッドも寝心地良くてぐっすり眠れて、何よりインテリアや館内の雰囲気がとても好みでとてもリラックスできました。

「シェラトングランド台北」、台北での宿泊先に選んで良かったです♪

関連記事

台北旅行での滞在先は「シェラトングランド台北ホテル」 ラグジュアリークラスのホテルではありますが、私達が泊まったのは、H.I.
台北へ行ったら是非試してみたいことがありました。それは、 自分のiPhoneをそのまま使って台湾でApple Payを使ってみ
先週、初めて台北のコストコへ行ってきました! 台北MRT(電車)に乗ってコストコへ。台湾の電車に乗るのも初めて、台北のコストコ
先週、2泊3日で台北旅行に行ってきました。 子育て一段落した夫婦2人だけの旅、第1回目は羽田から約3時間で行ける台北です。温暖
スポンサーリンク
スポンサーリンク



フォローする

スポンサーリンク