この冬、何度も作った「牡蠣(カキ)のグラタン」と「牡蠣チャウダー」

牡蠣(カキ)の美味しい季節も、もう終わりですね。
この冬は、牡蠣を使ったお料理を沢山作りました。

その中でも、家族のリクエストが多かった牡蠣料理を2つご紹介。

とっても簡単な「牡蠣のグラタン」と「牡蠣チャウダー」

2015-03 kakiguratan1


牡蠣(カキ)が大好きな我が家。
カキフライなら毎週でもいい!って言われますけど、毎週では飽きてしまいます。

今年の冬は寒かったから、余計温かい牡蠣(カキ)料理が食べたくなったのかも。

私は、チキンのグラタンはちょっと苦手だけど、シーフード系のグラタンなら好き。夫は牡蠣が好き、中学男子(息子)はどちらも好き、、とい事で寒い週末には牡蠣(カキ)の出番多し!

フライより簡単な「牡蠣グラタン」、
説明する程の作り方でもないけれど、載せてみます!


簡単、牡蠣グラタンの作り方


<材料>
牡蠣(生カキ)
玉ねぎ
きのこ類(しいたけ、マッシュルームなど)
ホウレン草
バター
小麦粉
牛乳
コンソメ
塩・こしょう


<作り方1>材料準備

牡蠣は洗って、

玉ねぎはスライス、

きのこは、「しいたけ」か「ブラウンマッシュルーム」がおすすめ。コクがでるきのこがいいです。

ホウレン草は、さっと茹でてね。

2015-03 kakiguratan3


<作り方2>材料炒める

バターで玉ねぎときのこを炒める。
(バターの分量は、1人分大さじ1ぐらい)

材料がしんなりしたら、一度火を止め小麦粉を入れる。
(小麦粉の分量も、1人分大さじ1ぐらい)

2015-03 kakiguratan4


<作り方3>牛乳を加えてとろみつける

小麦粉を全体にからめたら、また火をつけて、よく混ぜ、牛乳を少しづつ加えてホワイトソースにする。

ゆるい位のとろみでOK!

コンソメを溶かして、コンソメ溶けたら牡蠣を投入!

2015-03 kakiguratan5


味を見て、塩コショウ。

牡蠣にさっと火が入ったら、茹でたホウレン草を混ぜて耐熱容器に移し、オーブン230度ぐらいで10~15分、表面に焦げ色がつく程度に焼く。


2015-03 kakiguratan7


上にバターやチーズを乗せてないから焼き色は薄いけど、これくらいでいいです。焼きすぎると牡蠣が小さく硬くなってしまいます。


ホウレン草も混ぜてから焼くから色味が少ないけれど、オーブンで焼くとホワイトソースに馴染んで美味しくなります。


このグラタン、一見地味ですが、牡蠣の旨みがホワイトソースに良く出てとっても旨みがあるのです。

シンプルだけど、食べると「旨し!」な料理なの。


牡蠣チャウダーは濃度を変えただけ


牡蠣グラタンが出来たら、牡蠣チャウダーはもっと簡単!

牡蠣チャウダーは、小麦粉の量を減らして濃度をゆるくするだけ。
さらっとした感じに仕上げます。
ホウレン草はなくてもいいです。
仕上げにネギなどを散らしてアクセント。

ミルクスープのイメージで。


2015-03 kakiguratan6
<しめじで作ったよ>


これも、一見シンプルで地味な料理なんだけど、本当に牡蠣の旨みが出て、お代わりしたくなるスープなのです。

チーズを乗せると牡蠣の風味が弱くなってします。

牡蠣の旨みを感じたいなら、こんなシンプルスタイルが一番!


牡蠣グラタンと牡蠣チャウダーには、冷たく冷やした白ワインかスパークリングのロゼが合います。


2015-03 kakiguratan2
<この日はサラミと生春巻きのサラダも一緒に>


アツアツグラタンに、冷たいワイン、たまりません~!

そうそう、バゲットも忘れずにね(^^)/


この料理は、絶対バターがお勧めです。

実は、バターがご近所スーパーに売ってなくて、一度マーガリンで作ってみたのですが、濃厚さが足りませんでした。

是非、バターを使ってくださいね。


我が家は、中学男子(息子)だけ、朝食のパンにはバターを使います。
私と夫はこだわりないのでマーガリンで全然平気。

ですが、、
あれこれ味にうるさい中学男子は、「バターがいい!」と譲らず、、。

どうやら、中学男子の仲良し友達もみんなバター派だったようで、「バターの話で盛り上がった」と言っている変な息子です。


今年のバレンタインデーは、なんとスイーツ男子数名が沢山チョコやクッキー作ってきて配ってくれたそう!(あくまで共学)

時代は変わったのね、、と思うと同時に、そのお母様達はバター調達大変だったろうな、、と思ってしまいました(^_^;)


バターの品薄事情は分かるけど、納入単価が牛乳の方が高いからバターに原料がまわらないという微妙な経済構造が原因だとか、、

バター問題、なんとかして欲しいですよね!

スーパーに行くたびにバターの棚をチェックするクセが付いてしまっております。
皆さんもそうかな??

◆こちらにはバター売っていました!
思わずチェックしちゃいました。
↓ ↓ ↓
>>お菓子・パン作りの総合サイトcotta

スポンサーリンク
スポンサーリンク



フォローする

スポンサーリンク