「ご褒美ネイル」3回目♪自爪を削らないベースは優秀!

2015-05 nail1

「母の日ご褒美ネイル2回目」の後、先週3回目に行ってきました。

3回目は、自爪に戻すかどうするか迷いつつ、5月後半から6月は学校行事・仕事など外出や人に会う機会が多いから、ジェルネイル継続でオフ&付け替え。

今通っているサロンはネットで探しました。

ホットペッパー ビューティー

スポンサーリンク

ご褒美ネイル2回目、その後

大きなリフトはなく、初めて3週間持ちました!

3週間で爪もしっかり伸びてくれました。

オフ当日の写真
↓ ↓ ↓
2015-06 nail1

自爪を削らないベースはジェルに厚みが出て、家事もガンガンできて快適(*^_^*)

爪が弱い私は、いつも家事で痛い思いをしています。皮膚も洗剤に負けてしまうことが多く、普段から水仕事は全てゴム手袋を使っている状態。

素手で雑巾絞れないのが面倒です。でも油断してゴム手袋使わないとすぐ二枚爪になってしまうから仕方ないです(T . T)

一年中、ハンドクリームとオイルがかかせません!

ジェルネイル、4週間持つ人はとても羨ましいけど、爪の質が悪い私は3週間リフトしなかっただけでも嬉しい限り。

先端やラメが剥げないジェルネイルの上部は最後まで綺麗なままです。これが一番気に入ってます。

ご褒美ネイル3回目

3回目は「自分へのご褒美」という名目にチェンジです(^_^;)

サロンでオフしてもらった状態は、自爪が全然痛んでなくて安心しました。

3回目も爪の保護重視のデザインでストーンなどは付けないラメグラデ。

2015-06 nail2-min

初夏に少し爽やか系を選んでみたら
マルチカラーのラメの色がちょっと変わっていて、玉虫色?

この写真では分かりにくいかな、、

▼10日後の写真です

2015-06 nail3-min

玉虫色というかマルチカラーな感じ伝わりますか??

当たる光によって輝き変わる面白いラメです。

爪も短く整えてもらい、家事もしやすく、派手すぎない感じで、たまに冒険もいいかしらね。

人に会う機会が多い6月は、玉虫色のネイルでお出かけしたいと思います。

自爪を削らないジェルネイルベースは優秀!

今回のベースも自爪を削らない「爪に優しいタイプ」
そして、さらに水に強い種類にしてもらいました。

ジェルネイルは、爪に定着させるために最初に自爪の表面をやすりで軽く削るのが一般的です。でもこれを続けると爪が薄く弱くなるという話もあり、少し継続してチャレンジしてみたかったから爪の弱い私には不向きです。

私も1回目渋谷のネイルサロンではその方法でした。
渋谷のサロンも丁寧でしたが、自爪を削ることにはちょっと抵抗ありました(削るといっても軽く紙やすりをかける程度です、ガリガリ削ったりはしません)

<母の日ご褒美ネイル1回目>
https://muffin-berry.com/post-1981.html

2回目にホットペッパービューティーで探したサロンは「自爪を削らないベース」を使うネイルサロン。「自爪を削らない」ベースは2種類選択できて人によって持ちにも差が出るそうです。必ずしも水に強いタイプが長持ちするとは限らないそう。

これで2種類試してみたので、どちらのベースがより自分に合っているか分かるから、この機会に自分の爪で実験!

今回もオフしてもらった後の爪は、とても元気でした。
自爪を削らないから、保護しつつ爪の成長を待てます。

サロンでジェルネイルオフの作業

今回はサロンのオフの作業もしっかり見てきました( ´ ▽ ` )ノ

自分でもオフできれば、急にリフトしてしまっても安心。でも自爪が弱い場合は間違った方法でオフするのは怖いです。サロンのオフ作業をじっくり観察して、コツやポイントも聞く余裕もできてきました(初回は緊張していてそんな余裕なかった、、、)

サロンではとても丁寧に1時間かけてオフしてくれます。ネイリストさんの使っている道具もすごく興味が湧いて、いろいろ欲しくなってます。

次回のオフの時にはもっと詳しく聞いてきます!

今後ジェルネイルを継続するかはまだ分かりませんが、自爪が弱い自分でも楽しめるようなネイルライフも時々書きますね。

▼今とても興味あるのが「セルフネイルの通信講座」

爪が弱いからきちんとネイルの知識を知りたくて。
人気の講座に興味津々です(#^.^#)

>>ヒューマンの通信講座 『ネイル』



▼セルフネイルの本も沢山あります♪
見ているだけでも楽しい!

ほぼ100均ネイル

ジェルネイルの基本とテクニックが一冊でわかる ショートネイルレシピ

人気ブロガーのプチプラネイル (タツミムック)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする