Tabioタビオ「脱げにくいカバーソックス」色違いで揃えたくなるおすすめアイテム☆

夏になると、いつも悩みの種は「カバーソックス」

いろいろ買ってみたものの、すぐ脱げてしまうものが多くて本当に困っていました。

今年は、靴下屋(タビオ)に期待をかけて、まず1足購入。

「靴下屋」の公式オンラインストア~Tabio

これが、脱げにくくて、すごく感動!!

私のオススメ、靴下屋(タビオ)のカバーソックスをご紹介します♪

スポンサーリンク

Tabioタビオのカバーソックスを初購入

「靴下屋」をご存じの方は多いかと思います。

その「靴下屋」をプロデュースしているのがTabio(タビオ)です。

去年セミナーで、Tabio(タビオ)の製品説明を受ける機会があって、その製品へのこだわりを知りました。

早速、自宅近くの「靴下屋」にカバーソックスを買いに行ったのですが、既に欲しい色とサイズは品切れ。

夏の間に何回か寄ってみたものの、好みのカラーが買えずじまい(涙)

Tabio(タビオ)のカバーソックスの人気度を身を持って知りました。

今年こそ!と思い、仕事帰りに寄れる大きめの店舗で購入してきました。

しかし、「靴下屋」のカバーソックスコーナーは、種類が多すぎて、事前にTabio(タビオ)オンラインストアでチェックしていたものの、目移り!

店員さんに、自分の用途や履く靴のデザインを伝え、オススメを選んでもらいました♪

Tabioタビオ、毎年大人気の脱げにくい「ドライな消臭ラメカバーソックス」

今回購入したのはこちらの商品です♪

↓ ↓ ↓

ドライな消臭ラメカバーソックス

◆価格  税込972円

◆カラー 8色

◆浅履きタイプ

肌に優しい素材で作られた浅履きタイプのカバーソックス。

8色カラー展開で、ラメ繊維が入っているから靴やコーデに合わせて色選びが楽しめそう♪

脱げにくいようにジェル状の滑り止めがかかとの内側に付いています。

消臭機能に加えて、吸水・速乾のタイプだから、夏の汗ムレも安心☆

デオセルという新素材繊維がパワーを発揮してくれるんですね。

Tabio(タビオ)脱げにくい「ドライな消臭ラメカバーソックス」を履いてみた感想♪

<上>かかと表面 <下>かかと裏面

ジェル状の滑り止めは、今まで買った他社のカバーソックスにも付いていましたが、Tabio(タビオ)の製品は、べたつかずテカらず自然な感じです。

よく見て見ると、ジェル部分の幅が微妙に工夫されています。

写真を拡大してみましょう。

かかと上部に上がるにしたがってジェルの幅が太く作られていますね。

これも脱げにくい構造の一つだと思われます。

実際に履いた時のイメージは、公式HPに載っています。

↓ ↓ ↓


<ドライな消臭ラメカバーソックス Tabio(タビオ)公式HPより>

私はバレエシューズや低めのパンプスの時にカバーソックスを履くので、この位の浅履きタイプがちょうどいいのです。

ヒールを履く方には、もっと浅いタイプもあります。

店員さんに相談したら、

まずは、この商品で1足試してみて、それで深いと感じたらより浅めのタイプ、浅いと感じたら深履きタイプ(←これも種類多い)にしてみる方がいいそうです。

色も、夏はシルバー系とホワイト系がよく売れるとのことだったので、初めの1足は「グレーモク」にしてみました。

ラメが入っているからちょっと大人な雰囲気の明るいグレーです。

実際に、仕事の日に履いてみました。

本当に脱げにくいです!!

というか、私の場合は全く脱げませんでした♪

それに、キツめのカバーソックスを履くとゴム部分が痛くなってしまうのも悩みでしたが、このカバーソックスはすごく肌にも優しかったのです。

これは、カバーソックスのつま先の内側なのですが

↓ ↓ ↓

<上>つま先外側 <下>つま先内側

縫い目がとてもきれいなの分かりますか??

縫い目のボコボコや糸も全くないのです。

ふんわりしているのに、しっかり足をサポートしてくれます。

これは、予想以上の履き心地でしたよ♪

私にはこの浅履きタイプが合っているみたい。

足に合うタイプを知っているリピーターさん達は、季節の初めにまとめ買いをされているそうですよ(店員さん談)

早速、私も色違いで購入したいと思います♪

カバーソックスって意外にプチギフトとしても喜んでもらえるんですよ。

自分用にも、プチギフトにも、

Tabio(タビオ)のカバーソックス、すごくオススメです。

▼詳しくはこちら▼

靴下専門オンラインストア Tabio(タビオ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク



フォローする