「こんまり本」で洋服を減らしブランディアにその後を託してみた

2015-06 conmari1-min

「パリ10着本」を買う前に、昨夏こんまりさんのお片付け本「人生がときめく片付けの魔法」
を買いました。

2011年の1月に初版され大ベストセラーになったこの本は以前図書館で借りて読んだことがあるけれど、先日こんまりさんの本をもとにして制作されたドラマを見た後に(仲間由紀恵さん主演)、どうしても洋服の整理がしたくなり、改めてこの本を買ったのです。

スポンサーリンク

こんまり本「人生がときめく片付けの魔法」を読むと無性に片付けしたくなります

こんまりさんの本、じっくり何度も読んで、真夏の暑い日に「洋服の片付け祭り」を1人決行!

和室に自分の衣類全部集めて、ひとつひとつ「ときめきチェック」

21枚の洋服を抜き、所有枚数をかなり減らす事に成功。もともと洋服の所有枚数は少ないから、かなりスッキリしました。

喪服などを除いて、約70枚位になりました。

2015-06 conmari2-min

<カバーを取ると水色の本、魔法使いのイラストかわいい>

こんまりさんの片付け本は、内容が全部自分に合っている訳ではなかったけど、洋服を減らす(厳選していく)ことに関しては、自分にピッタリな方法でした。

ちなみに、

「書類の全捨て」は、無理でした、、(>_<)

特に取扱い説明書の処分は、夫に大反対され、その後パソコン不具合が何度もあって、オンラインで説明書を見る事が出来ない状態。

これは処分しなくて良かった、と思っています。

こんまりさん、もうすぐご出産されるんですね!

母となったこんまりさんの今後のご活躍も楽しみです(#^.^#)

洋服の片付けをしたら、ブランディアへ買取に出してみる

そんな真夏の「洋服祭り」の後には、21枚の洋服が残り、捨てる物はすぐ捨てて、買い取ってもらえそうな物は、分けました。

真夏はそこまでで、9月になってから、ブランディアに買取り依頼。

2015-06 brander2-min

処分したかったのは、ニューヨーカーのコーディロイのジャケット。

10年以上前に買って、長く来ていたものです。

この数年は、パンツスタイルが増えて、この手のジャケットを着なくなりました。

でも、何故か処分できずに、「毎年秋になっては出して、結局、着ない」を繰り返してました。

2015-06 brander4-min
<ブランディアの取扱アイテム確認した時の画面>

処分したかった洋服は、買取不可のブランドもあり、取扱いブランドとアイテムを確認!

お別れできなかったのは、たぶん活用できてなかったから。

自分が茶色が似合わないのを分かっているのに買ってしまい、後に引けなくなってたという、意地を張っていただけだったかも(^_^;)

2015-06 brander3-min

買取申し込みをすると、すぐブランディアから希望の大きさの段ボールが届きます。

こんまりさんの本に従って、送る前に改めてジャケットに感謝の気持ち伝えました。
(ときめきチェックの時もしたけれどね)

「ありがとう、活用できなくてごめんね。やっぱり私は茶色が似合わなかった。

あなたのおかげでそれが良く分かりました。分からせてくれてありがとう!」

こんまりさんの片付け祭りは、この場面が一番好き。

物にもしっかり感謝の気持ちを伝えると、自分自身もすっきりしますね。

ジャケットはすぐ送り、翌日午前には買取査定結果が出たメール到着!

10年以上着古した、ジャケットの査定は??

↓ ↓ ↓

2015-06 brander1-min

10円でした~!!

いいのです、いいのです。

これでいいのです。

きっぱりお別れできます。

ブランディアさん、厳しく妥当な査定をありがとう!

買取ではなく「寄附」で処分してもらう事もできたけど、今回は自分への戒めのために10円を振り込んでもらいました。

きっちり通帳記帳された、10円。

私は、もう茶色のジャケットは買わないぞ!

この10円の記帳でそれを忘れない。

片付け祭り、まだしたことない方、ぜひやってみてね。

こんまりさんの本、じっくり熟読もお忘れなく。

「こんまり本」で洋服を減らし、洋服を新たに買う時に「パリ10着本」の基準を頭に浮かべる、というのが今の私のファッションスタイルとなっております。

片付けは深いね。

片付け祭りは、楽しいよ。

祭りだ、祭りだ~ヽ(^o^)丿

片付け祭りの後は、ブランディアに力を借りましょう。

捨てる事が出来なくても、ちゃんと寄附もできます。

買取査定可能ブランドとアイテムであれば1枚からでも査定してくれますよ。

ブランド売るなら、
宅配買取ブランディア

スポンサーリンク
スポンサーリンク



フォローする