日テレ株主優待でマリーアントワネット展♪美術品が語るフランス王妃の真実は感慨深し!

日曜日に、六本木の森アーツセンターギャラリーで開催されている「マリーアントワネット展」に行ってきました。

日テレホールディングスの株主優待券(招待券)をきちんと使ってきましたよ♪

6月末は、3月末決算の配当や優待品が届いたり、ちょっとうれしい時期♪日テレホールディングスからも株主総会が終わって事業報告書...

開催期限は2月26日(日)まで、残り1ヶ月ほど。

想像以上に素晴らしい展示内容でしたので、マリーアントワネット展について日テレ株主招待券の利用方法などもご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日テレ株主は招待券がある♪マリーアントワネット展で実際に使用すると少しだけ特別感あり!

日本テレビホールディングスの株主には配当以外にも株主優待があります。決算報告書や中間決算報告書の裏面に無料の美術展招待券が付いているのです。

日テレホールディングスは世界の美術芸術の保存・修復事業などにも力を入れていて、日本で開催される大きな美術展の主催をする機会も多いです。美術や芸術に関する事業、実は赤字。赤字だけれど、企業が継続して応援することが未来の世代に財産を遺していくのと同じように大切であることを、以前株主総会に参加した時に強く感じました。

株主には本人だけでなく同伴者1名まで無料になる招待券が株主優待として頂けます。使わなくても問題ないけれど、後世に遺すために力を注いでいる事業を見ることは無駄ではないと思うので、この数年は必ず観に行くようにしています。

実際、今の所は「外れだ、、」と思う展示会はなかったですよ(←個人的感想)むしろ私の場合は美術や芸術の知識がないので、株主だったから観に行く機会が増えて有り難いです。

株主招待券とは言っても、決算報告書の後ろに印刷されれいるだけ。スペシャル感はないし、はさみでチョキチョキ自分で切っていく必要があるアナログなチケットです(^_^;)

切ったチケットを当日持っていきます。

マリーアントワネット展は、六本木の森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)で開催されています。

専用入り口の螺旋階段を上ると、入場レーンが分かれています。

当日券購入者用レーンと、前売り券を持っている人のレーン。

株主優待券はこのままでは入場できないので、前売り券を持っている人用のレーンに並び「インフォメーション」カウンターでチケットと交換してもらいます。

私が行った日曜日午後は当日券購入レーンが大行列でした!

株主優待券を見せると前売り券持っている人のレーンに並ぶ必要はなく、インフォメーションカウンターに直接案内してもらえました。

インフォメーションカウンターで株主優待券を渡して、このブルーのチケットを発券してもらいます。このチケットが「マリーアントワネット展」の入場券です。

他の方も同じデザインの入場券ですが、株主用はちょっとだけ違います。

チケット一番下に「マリー展株主優待券」と印字されるんです。

そして、チケットを受け取ると、大胆にも全く並ばずに52階へのエレベーターホールに通してもらえます!

他の人は、長い行列にならんでからエレベーターの順番を待っている中、特別待遇なんですよ~☆ 以前ミーシャ展も同じ待遇だったので、森アーツセンターギャラリーの場合は株主チケットにはスペシャル対応があるみたいです。ちなみに上野のモネ展の時には特別待遇は一切無しでした(^_^;)

株主のスペシャル感は残念ながらエレベータに乗る所まで。52階に上がったら他の皆さんと同じ列に並んで入場を待ちます。この時間がけっこう長い!忍耐強く待ちましょうね。

日テレ株主優待でマリーアントワネット展 車で行っても駐車ポイントもらえます!

今回は夫を同伴。車で行きました。

六本木ヒルズの地下駐車場は広いから、日曜でも待たずに駐車できます(今まで待ったことないです)

森タワーの駐車場は買物や食事等の利用で割引ポイントがもらえる仕組み。5ポイント(5000円分の買物等)で2時間無料になります。

日テレ株主優待券をインフォメーションカウンターで出すときに駐車券も一緒に出すと、3ポイント(3000円分の買物相当)を押してもらえるんですよ。お車で行く方は是非このサービスも利用してくださいね。

ヴェルサイユ宮殿監修 マリーアントワネット展は美術品が間近に見られます!

マリーアントワネットの生涯を年代ごとに追いながら、歴史と美術と生活に関する様々な美術品の展示をとても間近で見られる貴重な展示でした。

日曜午後だったためか、会場内はとても混雑していて、なかなか思うように動けないほど!

それでも、展示内容がとても良かったのでじっくり見学しました。

混んでいる時こそ音声ガイドが役に立ちます!

600円かかりますが、その価値はありますよ。今回のナビゲーターは木村佳乃さんでした☆

展示会場の中で、珍しく1部屋だけ写真撮影OKの場所がありました。

せっかくなので写真載せておきますね。

王妃のプチ・アパルトマンの再現ルームです。

子供を産んだ後、マリーアントワネットは自分の手元で子供を育てる選択をして、こういうお部屋でお子さん達と過ごしたそうです。

シャンデリアも家具も織物類もヴェルサイユ宮殿美術館所有の実物です。

豪華ではありますが、きらびやかというより上品で落ち着いた雰囲気の色合いでした。

他の展示も素晴らしかったですよ。絵画だけでなく家具・織物・磁器・服飾など全て当時の本物ばかり!

そして、豪華なものばかりではなく、最後に過ごした牢獄でマリーアントワネットが実際に身に着けていた下着や靴まで。

靴があまりに小さくて華奢でびっくりしました。首のリボンもとても細い。

マリーアントワネットは想像と違って、すごく小柄な方だったことが1番印象に残ったかも。牢獄で履いていた靴さえ傷んでいないから、王妃は最後まで王妃として立ち振る舞いをして尊厳を保っていたのだという実話が、とてもリアルに感じられました。

マリーアントワネット展は2/26(日)夜8時まで開催されています。最終入場は夜7時半(火曜日のみ5時、最終入場4時半)

都内の方ならお仕事帰りでも寄れる時間かもしれません。ご興味あったら寄ってみてくださいね。

帰りに、ジュエルロブションのベーカリーに寄って、パンをいろいろ買いました。ここのクロワッサンが私は1番好き♪

駐車割引ポイントも2ポイント追加して合計5ポイントになり、2時間無料となりました♪

夕食にビーフシチューを作る予定だったから、美味しいロブションのパンうれしい(*^_^*) 午前中から忙しい日曜ではありましたが、マリーアントワネット展へ行って良かったです。

まだ行っていない方も、チケットあるのに行っていない方も、2/26まで開催していますのでお時間見つけて寄ってみてくださいね。

日テレ株主の皆さまは、「第83期報告書」の裏面に株主招待券が付いていますから事業報告書を引っ張り出してみてください~!表紙は日テレの顔「升アナ&水トちゃん」です。

日テレ株主 次のご招待は3/18~6/18「大エルミタージュ美術館展」♪

次の「大エルミタージュ美術館展」もマリーアントワネット展と同じ「六本木の森アーツセンターギャラリー52階」で開催されます。

■開催期間:2017.3.18(土)~6.18(日)

「第84期中間報告書」の裏面に株主招待観覧券が付いています。表紙は「笑点の皆さん勢揃い」ですよ~。日テレ株主のみなさま、くれぐれも事業報告書はまだ捨てないでね(^_^;)

スポンサーリンク
スポンサーリンク



フォローする