コストコ 冷凍「 KS ステアフライ ベジタブルブレンド」炒めて使うよりスープの具として使う方が美味しいかも!

スポンサーリンク

コストコにはいろんな種類の冷凍野菜が売っています。

「 KS ステアフライ ベジタブルブレンド」はパッケージがおしゃれで思わず試してみたくなった冷凍ベジタブルミックスです。

どんな野菜が入っているのか袋を見ただけで分かりやすい。

もともと炒め用(ステアフライ)の商品のようですが、実際に使ってみると炒めるよりスープの具として使った方が美味しく感じました。

今回はこの冷凍ベジタブルブレンドの良い点・残念な点について使用感をご紹介します。

スポンサーリンク

冷凍 KS ステアフライ ベジタブルブレンド 価格と内容

■冷凍KSステアフライ ベジタブルブレンド 2.49kg

■購入時価格 1,298円(税込)※2019年7月

■原産国 アメリカ

■野菜の種類(ブロッコリー・スナップえんどう・さやいんげん・にんじん・黄色にんじん・マッシュルーム・赤パプリカ・白クワイ・玉ねぎ)

この商品は数種類のカット野菜の冷凍ミックスです。

コストコオリジナルのカークランドシグネチャー(KS)の商品。オーガニック野菜ではありません。

「STIR-FRY」は、「強火ですばやく炒める」という意味。

炒め料理用の冷凍野菜ミックスとして作られている商品です。

入っているカット野菜の種類は

ブロッコリー・スナップえんどう・さやいんげん・にんじん・黄色にんじん・マッシュルーム・赤パプリカ・白クワイ・玉ねぎ

パッケージにも色鮮やかな野菜が写っているので、どんな冷凍野菜ミックスなのかは初めてでも分かりやすいです。

パッケージ裏面には、半透明で中のカット野菜が見える構造。

野菜が意外と多めにカットされています。

開封時の様子

パッケージは上部の内側がジッパー式の開閉口になっています。

白い波線の丸い部分を開くと、内側に開閉口があります。

袋の中には、カットされた野菜がランダムにたっぷり入っています。

凍った状態でも、ブロッコリーやさやいんげんの形ははっきり分かります。

バラ冷凍されているため、野菜を選んで使うこともできます。


ブロッコリーは房が大きめ。
いんげんが多めに入っていますが、加熱調理しても硬めです。
黄にんじんは珍しい野菜、味に特徴はないけれど色合いが綺麗です。
白クワイはサクサクとした食感。
マッシュルームと赤パプリカは少なめだったのでもっと入っていた方がいいなと思いました。

冷凍野菜なので特別美味しいわけではありませんが、一袋にいろいろな野菜がミックスで入っていて、使いたい野菜だけを取り出すこともできるので少量ずつ使いたい場合にも便利。

良い点・残念な点

この冷凍野菜ミックスの使い方はパッケージ裏面に使い方が書いてあります。

450gを使う場合、

  • フライパン⇒少量の油を熱し、凍ったまま商品を加えて5〜7分炒める
  • 電子レンジ⇒大さじ3の水を加えてラップ(または蓋)をして加熱

両方の方法で一部を使ってみたのですが、私はどちらもイマイチだと思いました。

冷凍のままフライパンで炒めると、せっかくの野菜の色が悪くなってしまいました。また、レンジで加熱するとブロッコリーが水っぽくなってしまいました。

中華鍋で火力の強いガスコンロなら色鮮やかに作れるのかもしれません。我が家のT-falのフライパンの場合は、この冷凍野菜を炒めるのは向かない気がしました。

さらに、野菜の大きさと硬さに差があって、いんげんは大きめで硬いので、好みは分かれるかも。

でも、良いと思う使い方もありました。

それは、スープの具材として使う方法です。

さっと煮るだけなら、色合いは鮮やかなままで水っぽく感じなかったから。

炒めるよりスープの具にぴったり!

この野菜ミックスは炒めるよりもスープの具として使う方が合っていると思いました。

豆乳で簡単スープを作った時の様子です。

コンソメの素を使って簡単に作ったスープですが、冷凍のままベジタブルブレンドを入れてサッと煮てみたら、野菜それぞれの色味が鮮やかでとても美味しかったです。

ブロッコリーもさやいんげんも変色せずグリーンがきれい。

黄にんじんも鮮やか色がキープできています。

大きないんげんは少し硬めだけれど、スープの具として使うなら少し大きめの方が食べごたえがあって悪くなかったです。

ブロッコリーは特に冷凍野菜の場合は、火を通すと水っぽくなったり変色してしまいがち。

でもスープの具にすれば、水っぽさはスープの味であまり気にならなくなります。

ミルク系だけでなく、トマト系のスープでもこのベジタブルブレンドの色鮮やかさを上手に生かせると思います。

蒸し暑い季節になると調理に時間がかからないこういう冷凍野菜を上手に使ってみるのも意外とおすすめです。

さすがに生の野菜のような香りや食感はないですが、忙しい日や野菜不足を簡単に補いたい場合には冷凍野菜で凌ぐのも悪くないと思います。

まとめ

「冷凍KSステアフライ ベジタブルブレンド」は現在も販売されている商品です。

生の野菜とは違うけれど、一度に数種類の野菜を気軽に使いたい時にはこういう冷凍商品を使ってみるのもたまにはいいかもしれません。

入っている野菜はパッケージに記載されています。

インゲンが多めに入っているのでインゲン苦手な人には向かないけれど、スープなどの具としてさっと使いたい時には便利な食材です。

良い点・イマイチな点を知って使えば、意外と使える商品だと思います。

▼関連記事

コストコの冷凍エビ比較!おすすめはどっち?KS LAW シュリンプ 「21-25」vs「31-40」
コストコにはいろいろなサイズ・種類の冷凍エビが売っています。 尾が付いているタイプの冷凍生むきエビ「KS LAW シュリンプ」はコストコでもロングセラーの人気商品。 種類はいくつかあるけれど、どのエビもプリプリとした歯ご...
コストコの大きな冷凍ブロッコリー、サラダでも煮ても焼いて炒めても万能!コスパは最高だと思う
ko
コストコ「林檎のベーコン」冷凍方法・切り方・選ぶ時のポイント
コストコに売っている「林檎のベーコン」は、りんごの樹で燻製された香り豊かな美味しいベーコン。 コクがあって、いろいろなお料理に使えます。 買った時には全部切って冷凍して、少しずつ使っています。 今回は「林檎のベーコ...