【ふるさと納税】第39弾!静岡県牧ノ原市「上級茶とフィルターインボトル」で美味しい水出し茶を作ろう♪

ふるさと納税、第39弾は静岡県牧ノ原市です♪

(2017年分 6回目)

ふるさと納税では毎年掛川市から新茶のお礼品頂いておりました。今年は同じ静岡県の牧ノ原市に決定!

今年の新茶シーズンには友人から美味しい新茶を頂く機会が続いて、申込が先延ばしになっていたため、9月に入ってから寄付しました。

美味しい静岡の上級茶と、冷茶が作れるフィルターインボトルの使い心地をご紹介します。

スポンサーリンク

ふるさと納税 静岡県牧ノ原市「上級茶とフィルターインボトル」が到着

新茶の時期は逃してしまいましたが、毎日飲む日本茶だから産地直送の美味しいお茶が届く「ふるさと納税」はありがたい!

日本茶の産地は全国にたくさんあって、選ぶのに苦労するほどです。今年は冷茶が作れる「フィルターインボトル」付きの日本茶セットを探してみました(←この夏、友人から頂いた新茶で冷茶作りにハマっていたため)

静岡県の牧ノ原市は、静岡茶の名産地♪

お茶畑が背景になったお礼状には牧ノ原市長さんのお写真も!

牧ノ原市の可愛らしい「ふるさとMAP」も同封されていました。牧ノ原市はお茶の産地としてのイメージが強いですが、海と山の両方からの恵みを受けて特産物も種類が多い自治体です。

そして、お茶所ですから返礼品として用意されている日本茶の種類も多いのです!

寄付金額に応じたセット内容も豊富♪

冷茶が作れる「フィルターインボトル」付き限定で探してみると、ティーバッグだけがセットになったお礼品が多い中、牧ノ原市は通常の茶葉とのセットになっていたため、冷茶も温かいお茶も両方美味しさが味わえると思って選びました。

※「フィルターインボトル」付きセットは、今年全国の自治体でもお礼品として増えましたが、選ぶ時にかなり迷いました。迷った理由についてはこの記事の後半で書きます。

静岡県牧ノ原市「上級茶とフィルターインボトル」セットの中身

■お礼品名 1-034 牧之原産上級茶とフィルターインボトル

■寄付額 10000円

■内容

  • はつ芽のかおり 100g×2
  • 抹茶入り玄米茶 100g×1
  • フィルターインボトル 750ml

(有限会社 山万茶業)

■ヤマト便 常温

■箱の大きさ 縦32cm×横21cm×高さ12cm

■申込日 2017年9月3日

■到着日 2017年9月7日

上級茶2袋と抹茶入り玄米茶、そして「フィルターインボトル」が入った4点セット。フィルターインボトルは耐熱ガラス製です。写真で緑色に映っているボトル上の部分は耐熱シリコン製。

ふるさと納税 牧ノ原市「上級茶と抹茶入り玄米茶」の詳細

セットには2種類(合計3袋、300g)の日本茶が入っています。

一袋が100gずつ入っているので、3袋あれば家族3人で毎日飲んでも十分楽しめる量。

■はつ芽のかおり 100g×2 

《八十八夜の頃の香りゆたかでまろやかな味が特徴》

葛飾北斎の浮世絵『富嶽三十六景』が描かれたパッケージ。

海に面した牧ノ原市の日本茶だから、このパッケージは印象に残りますね!

賞味期限は、2018年3月1日

発送元は「有限会社 山万茶業」です。到着時の箱には自宅用にも気軽に注文出来そうなお徳茶のご案内も同封されていました。

静岡のお茶は、産地直送が1番美味しいと思います。ふるさと納税のお礼品として届く日本茶はどれも上質ですしね♪(各自治体が自信を持って発送してくれる商品ですから当然)

日本茶って、和牛や海産物のお礼品と比べると地味に見えてしまうけれど、このクオリティーを考えると、還元率はかなり高いですよ!

抹茶入り玄米茶 100g×1

《こうばしい玄米の香りと抹茶のグリーンがほどよく調和した味わい》

抹茶入り玄米茶の賞味期限も、2018年3月1日

日本茶大好きな一家だから、来年3月までには飲みきってしまうことでしょう(^_^;

水出し冷茶が作れるHARIO (ハリオ) 「フィルターインボトル」の構造

牧ノ原市のこのセットを申込んだ決め手は、

  1. 冷茶用の「フィルターインボトル」付いていること
  2. フィルターインボトルのカラーが「グリーン」だったこと
  3. セットになっているお茶がティーバッグではなく普通の茶葉であること

ハリオの「フィルターインボトル」は冷茶ポットとしてAmazon・楽天でも人気商品です。

定価は2160円(税込)、HARIO (ハリオ)の水出し茶用のガラスボトルです。

シリーズには300ml750mlがあり、欲しかったのは750ml

また、ボトルキャップのシリコン部分も数種類のカラーがあって、今回届いた緑色オリーブグリーンの他に、赤(レッド)茶色(ショコラブラウン)や限定カラーなども販売されています。

私の希望は「オリーブグリーン」、日本茶に合いそうですよね♪

沢山ある緑茶とフィルターインボトルがセットになったお礼品の中で、掲載写真では緑のボトルが映っていても、実際に届くボトルのカラーは選べない自治体もありました。

また、750mlが希望ではあったものの、お茶と一緒に映っている掲載写真を見ていたら300mlボトルもいいな~などと迷ったり。

我が家の場合は主に夕食に家族で季節を問わず冷茶や麦茶を飲みます。結局当初の希望通り「オリーブグリーン」+「750mlボトル」の組み合わせが確実なお礼品にしました。

茶葉を使って冷茶を作る仕組みはとても簡単!

750mlの水に対して、約15gの茶葉(日本茶でも紅茶でも)を用意して、ボトルに水を入れて冷蔵庫で数時間冷やすだけ。

冷茶用ではありますが、耐熱ガラス製だから熱いお湯を注いでも大丈夫。

茶葉を水出しすると何時間も時間がかかりますが、茶葉を小量のお湯で抽出してからお水を加えて冷茶を作る方法もOK(←この方法の方が早く作れる)

日本茶用の美味しいティーバッグを使えば、茶葉の後片付けを気にせず気軽に冷茶を楽しめます。

我が家は、ホット緑茶の出番も多いため、ティーバッグではない茶葉付きセットを選びました。

静岡茶で冷茶を作ろう♪フィルターインボトルの構造と使い方

フィルターインボトルは本体が透明な耐熱ガラス、上部は耐熱シリコン製のキャップ(茶こし付き)という構造です。

上部のキャップ部分はシリコン製なのでプラスチックのように固くありません。キャップ部分はカパッと外れます。一番上が栓付きの注ぎ口になっています。

トップ部分に白いポリプロピレンの茶こしが付いているから、茶葉を直接ボトルに入れても注ぐときに葉が出にくい構造。

茶こし部分はクルッと90度回転して外すことができます。取り外し部分に小さなフックが付いていて、セットして90度回転すると茶こしが外れないように出来ていました。

クルッと回して外して、サッと洗い流せます。茶こしは目が詰りにくいメッシュ状。水道で流すだけで日本茶の葉は残らなかったです。

■耐熱温度

  • 本体(ガラスボトル)120℃
  • 注ぎ口(シリコンゴム)180℃
  • メッシュフィルター(ポリプロピレン)120℃

一番上の栓部分は、ネジのではなく引き上げるだけで開きます。まるでワインのコルクが抜けるみたいな感じでした。

フィルターインボトルで冷茶の作り方。味は薄くないの?

早速、フィルターインボトルで冷茶を作ってみました。

お水750mlに対して日本茶15g

けっこう沢山使いますね。

茶葉を入れて水(浄水器の水)をいれてから、緑部分をセット。きちんと本体にセットできたら栓をして、冷蔵庫へ。

栓をしたまま上部をセットすると、ポンッと栓が浮き上がってしまうのでご注意ください。

冷蔵庫のドアポケットで3~6時間冷やせば完成!

6時間冷やした状態が上↑写真です。

普通の緑茶だと出来上がりはこれくらいの薄い色(抹茶入りだともう少し濃い色になります)

薄い色ですが、大丈夫!

ボトルの株に濃い部分が沈んでいるだけです。

キャップを外して、グラスに注ぐときにボトル内が自然に混ざるから本体を振る必要はなし。

本当に瓶から注ぐとの同じような感覚で、グラスに注ぎ入れることができます。液だれもしませんでした。

ほんのり淡い緑色だけれど、とっても澄んだまろやかな舌触りの美味しい冷茶でした!

冷茶にするのが勿体ないような良いお茶。浄水器の水でこれだけ美味しいならミネラルウォーターで作ったら贅沢な冷茶になりそう。

フィルターインボトルの良い点、気になった点

美味しくフィルターインボトルで冷茶が作れて大満足♪

緑茶の渋みを抑えて、まろやかさが引き立つ冷茶ができました。

味は、とっても好み。

ただし、使ってみて気になる点が2つありました。

  1. 茶葉の処理が少し面倒立った事
  2. 最後に注ぎきる時に、すっきり濾せなかったこと

メッシュ状のフィルターはかなり優秀で注ぐときには殆ど茶葉が出てこない所は気に入りましたが、15g分の使用済み茶葉はかなりの量になります。結局排水溝に集めてから処分するという手間があり。

直接茶葉で入れる方が味が濃くなって好みですが、現在は市販のお茶パックに1回分ずつ入れてから冷茶作っています。この方が後片付けは楽です。

それから、茶葉で冷茶を作って注ぐときに、最後にすっきり注ぎ切れないのが残念でした。メッシュ茶こし部分に茶葉が集まってしまうからです。せっかく濃厚な冷茶が一番最後に残っているのに、最後を注ぎ切れなかったのは、私の注ぎ方が悪かったのかも?

その2点だけが気になりました。でも味は茶葉を直接使った方が断然美味しいですよ

まとめ

今回は水出し冷茶が作れる「フィルターインボトル」付きの静岡茶セットのお礼品をご紹介しました。

そのままでも格別美味しい静岡茶の上級茶、それを贅沢に水出しで味わえるセットは、かなりおすすめ!

日本茶にはたっぷりビタミンCが含まれていますし、カテキンは除菌効果もあります。気軽に毎日飲める水出し緑茶、季節を問わず食事にも合いますよ。

茶葉の処理が気になる場合は、是非ティーバッグとのセットになったお礼品を探してみてくださいね。

日本茶のお礼品は品数も多く探すのに時間もかかります。

牧ノ原と並んで人気の静岡県藤枝市静岡市も「フィルターインボトル」付きセットを取り扱っています。

▼お忙しい方は、こちらでチェックしてください▼

【静岡県藤枝市】利き茶日本一の深むし茶と水出し煎茶+フィルターボトルの詰合せ
【静岡県藤枝市】利き茶日本一の深むし茶と水出し煎茶+フィルターボトルの詰合せ

【静岡県藤枝市】お茶の藤枝(藤枝茶色々4種)+フィルターインボトル750mlセット
【静岡県藤枝市】お茶の藤枝(藤枝茶色々4種)+フィルターインボトル750mlセット  

【静岡県静岡市】フィルターインボトル(オリーブグリーン)・一煎パックセット(A-76〔2〕)
【静岡県静岡市】フィルターインボトル(オリーブグリーン)・一煎パックセット(A-76〔2〕)

▼関連記事▼

ふるさと納税、第22弾は、静岡県掛川市へ寄附金納付しました。(2016年分、6回目)もちろん、お目当ては大好きな「掛...
【ふるさと納税】の御礼品が、またまた到着!!第二弾は、静岡県掛川市です♪ ふるさと納税で美味しい掛川深蒸し茶♪...