【ふるさと納税】第58弾!佐賀県神埼市「ひのひかり10kg 」どうそ飯あがれ

スポンサーリンク

ふるさと納税、第58弾は佐賀県神埼市です。

(2019年分 3回目)

佐賀県産の「ヒノヒカリ」という人気銘柄のお米を頂きました。

届いた時の様子・炊いて食べてみた味の感想をご紹介します。

スポンサーリンク

佐賀県神埼市 ひのひかり10kg

■お礼品名 佐賀県産ひのひかり 精米 10kg

■寄付金額 10,000円

■佐川急便(常温)

■申込日 2019年3月18日

■到着日 2019年3月23日

■箱の大きさ 縦24cm×横34cm×高さ18cm(概算)

■提供 木本農園

我が家が申込みした時は、5kg×2(合計10kg)のセットがありました。

秋は新米が届くようです。

※人気銘柄のため品切れになる場合があります。我が家は新米の時期に申込みそびれて春に申込みしたらすぐ届きました(ご参考まで)

直近の返礼品情報は下記からご確認ください↓

▶︎佐賀県神埼市ふるさと納税返礼品一覧

到着時の様子

シンプルな段ボール箱で到着。

箱を開封すると5kgの米袋が2つ入っていました。

「どうぞ飯あがれ」の文字が印象的な米袋です。

佐賀県産ひのひかりは木本農園さんで作られたお米。

米袋には「お米の取扱いについて」の説明文も書かれています。

精米後すぐに発送して頂きました。

米袋は上部が普通の米袋と同じで結んであるスタイル。

紐をほどいて、袋を開けます。

やっぱり紙の米袋はいいですね。

精米したてのお米の香りがフレッシュです。

この米袋は一部透明なプラスチックのシートが使われていましたが、その部分以外は全て紙ゴミ(資源ごみ)としてリサイクルに出せます。

無駄なプラスチック梱包材も一切入っていませんでした。素晴らしい!

お米の粒は少し丸めで大きめ。

佐賀県のふるさと納税で人気の「ひのひかり」、食べるのが楽しみです。

炊いて食べてみた感想

早速、「ひのひかり」を炊いて食べてみました。

我が家ではクリステルのお鍋でご飯を炊いています。

いつもと同じように炊いてみました。

▼炊き上がり後の様子

お米が立っていますね。

甘い良い香り。

美味しそうに炊けました。

味はどうでしょうか?

ひのひかりは「色つや・うま味・粘り」の三つを合わせ持った佐賀県の人気銘柄。

炊き立てはふっくら、つやも十分。

食べてみると、お米に「旨味がある」という表現がぴったり。

粘りというより「お米に力がある」、そんな印象を受けました。

きっと良い土で作られているんだろうな、と思えるような力強い味のあるお米でした。

コシヒカリよりは粘りが少なく、北海道のゆめぴりかよりは粒の弾力が柔らかい感じがします。

とても美味しいお米をありがとうございました。

まとめ

佐賀県神埼市から「佐賀県産ひのひかり 精米10kg」が届いた時の様子と食べてみた味の感想をご紹介しました。

食べ盛りの子供がいる家庭にとってお米はとてもありがたい返礼品です。

お米農家さんの苦労が実った美味しいお米、今回も大切に頂きました。

ふるさと納税で頂けるお米は、精米仕立ての鮮度抜群な状態で届きます。

人気銘柄は新米の時期に品切れになることもありますのでご注意ください。

※新米の時期に申込みそびれても少し時期をズラすとまた受付開始されている場合も多いです。諦めずにこまめにチェックしてみてくださいね。