【コストコ】キッチンペーパータオルはバウンティーが優秀ね♪今回はこんな絵柄です☆

カークランドオリジナルのキッチンペーパータオル(12本)がちょうど1年で使い切ったので、やっと秋に買っておいたバウンティー(Bounty)を使い始めました。

コストコで売っているキッチンタオルは、どれもとっても使いやすくて大好きです。

今回は柄付きバウンティーをご紹介します。

スポンサーリンク

コストコ バウンティー(Bounty)の購入頻度

キッチンペーパーはいつもコストコで買っています。

コストコで売っているバウンティーは12本入り。1本の巻が大きいからすごく長持ちするため、我が家の購入頻度は約半年に1回。

購入のタイミングは、あと残り2本ぐらいになった時、を目安にしてます。

そのタイミングでコストコへ行った時に、ストアクーポンなどで割引率の高い方を選択。

前回9月にコストコに行った時には、バウンティー(Bounty)がお買い得になっていたため今回はバウンティーです。

シルバーウィークにコストコに行ってきました。9月は我が家のコストコ会員更新月。1年が早いですね!更新料もいつも通り、...

カークランドオリジナルかバウンティー(Bounty)、どちらか割安になっている時に買うようにしています。

▼カークランドのキッチンタオル▼

カークランド ロールタオル(ペーパータオル) 2枚重ね 160カット12ロール

バウンティー(Bounty)はコストコが安い!

■バウンティー(Bounty)12本入り■
購入時価格 税込2638円
(※ストアクーポンで660円割引後の価格)

1本当たり約220円(税込)

近所のホームセンターにも1本単位で売っていますが高くてビックリ。

やはりバウンティー(Bounty)はコストコが安いですね。

BOUNTY  バウンティ キッチンペーパー 129シート 12ロール キルト加工 モダンプリント バウンティー ペーパータオル

コストコのバウンティー(Bounty)は12本入り。保管場所は大丈夫?

コストコで売っているバウンティーは大きなビニールパッケージに12本(ロール)入っています。大袋を開けると、12本が1ロールずつ個包装。

1本が太いから、保管にも場所を取ります。

我が家が「残り2本」になったタイミングで購入しているのは、置き場所の問題もあります。購入時にはかなり場所を取りますので、保管場所を確保してから買って下さいね。

正直に言って、12本はかなり場所を取ります!

我が家は和室天袋がバウンティーの収納場所。

天袋には、この他にもショップタオル(12本入り)やバスティッシュ(コストコのトイレットペーパー36個入り)も入っております。

ほぼ天袋の約半分はコストコのペーパーストック置き場となっている状態です(*_*)

そんな訳で、大きめの消耗品をコストコで買うときには事前に収納場所をイメージしてからの購入をおすすめします。

柄付きバウンティーの詳細 1シートの大きさ、1ロールの長さ

<バウンティー(Bounty)の1本当たりの詳細>

・1シートの大きさ 279mm x 152mm

・2枚重ね

・1本は117シート

これが12本入ってます。

バウンティー柄付きの絵柄について

バウンティー(Bounty)は絵柄入りだから人気ですね♪

どんな絵柄なのかは、その時次第!!

季節によって絵柄の雰囲気はだいぶ違います。

今回は、こんなデザインでした↓。秋に買ったからちょっと秋ぽいかな?

絵柄(プリントデザイン)が不要な方は、カークランドオリジナルを選んだ方が無難です。

カークランドオリジナルは絵柄はないけれど、型押しの模様が入ってますからそれなりにおしゃれ感あります。

バウンティー(Bounty)は絵柄があるから、ナプキン代わりにお菓子や揚げ物の下に敷くと食べ物が美味しそうに見えるから不思議(#^.^#)

ふんわりとした2重重ねでちょっとボリューム感があるからでしょうかね?

1個目は、この絵柄を使いました☆

バウンティーの絵柄は可愛いのですが、一つ難点があります。それは、水で塗れたり油を拭いた後などに、この絵柄の色が落ちやすくなるということ。

たまに、色落ちが気になることがあるので、書いておきます。

バウンティーはカットしやすい「ハーフカットライン」が付いている

バウンティー(Bounty)もカークランドオリジナルも最近はこのハーフカットラインが出来てすごく使いやすくなりました!!

この幅でカットして、2つに折るとペーパーナプキン風に使えます♪

おやつを出す時にわざわざ小皿を使わなくても小さいトレーにバウンティーに乗せて出すと食べ終わった後も食べカスがポロポロ散らからずちょうどいいです。

柄付きは、おやつの時にすごく使えますね。

バウンティーの使い心地はどう?


バウンティーは値段少し高いですが、破れにくく、しっかりしているキッチンタオルでとても使い心地がいいです。

レタスなど葉野菜の水切りなどは、日本製のキッチンペーパーとは吸水力と破れにくさは全然違います。何枚も使わなくていいから、単価は高いけどコスパは悪くないです。

食べ物の時に使うだけでなく、私は毎晩キッチン片付けの最後にバウンティー1シート(汚れが多い日は2シート)を少し水に濡らして、キッチンの床を全部拭き掃除しています。

以前は床用のシートを買って使っていたのですが、コストコで売っているキッチンペーパーはすぐ破れないから簡易ぞうきん代わりにホコリやゴミが拭ける点も気に入っています。

こんな使い方で、消費量は月に1~2本のペース。

12本入りだから半年以上は余裕で持ちます。

まとめ

コストコのキッチンペーパー(バウンティー含む)は1パッケージの量が多いため収納場所を取るのはマイナス点ですが、ペーパー類のストックが一定量あると、ドラッグストアにあまり行かずに済みますし、震災の時も消耗品購入の長い列に1度も並ばずに済んだという良い面もありました。

ストックゼロで都度買いに行けばスペースは空くでしょうが、私はマメに消耗品を買いに行きたくないためコストコで買うのが自分に合っているかな、と思っています。

バウンティーは単純な単価だけでは分からない「使ってみて分かるコスパの良さ」を実感できるキッチンペーパー。

コストコで是非お得に試してみて下さいね。

▼関連記事▼
https://muffin-berry.com/post-7092.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク



フォローする