当選2回目も買ってみた「シャープのマスク」は改良されて以前よりさらに快適になっていた!

スポンサーリンク

昨年1回だけ当選した時に購入したシャープのマスクは、息がしやすくて呼吸がラクで快適なマスクでした。

今年1月に2回目の当選メールが届いたので再び買ってみました。

2回目は2箱同時購入の場合は送料無料になっていて1回目の時よりは割安でした(※現在は10箱まで同時購入できるそうです)

箱も同じなので、中身も同じかな?と思って開封してみたら、なんとマスクが「改良」されていてもっと快適になっていました!

今回の記事では、2回目に買って届いた時のシャープのマスクと、改良されていた所を以前買ったシャープマスクと比較してご紹介します。

スポンサーリンク

シャープのマスク また当選した時はどうする?

シャープのマスクは抽選に一度参加する登録すると、毎週水曜日に行われる抽選に自動的に毎回エントリーされる仕組みです。

当選した時は、登録したアドレスに当選メールが届きます。

詳細ページはこちらシャープ マスク 個人のお客様向け マスク抽選販売のお知らせ

購入希望の時は、メールの内容に従って購入手続きすると希望の住所にマスクが届きます。

当選しても購入を希望しない時は、メールはそのまま無視してOK。

マスクを購入した人も、購入しなかった人も、次の抽選にはまた自動的にエントリーされます。

最近は当選しても値段が高いシャープのマスクの購入を希望しない人も増えているようなので、以前より当選しやすくなっています。

マスク抽選の参加登録ページ

シャープのマスクの抽選の参加は、メールアドレスの登録が必要です。

マスク抽選と販売に関する詳細は下記のお知らせページ内に全て記載されています。

参加登録ページシャープ マスク 個人のお客様向け マスク抽選販売のお知らせ

また、参加の取消(解除)の方法についても登録ページ内の下の方に記載されています。

分かりにくいかもしれないので、参加取消のリンクは次に記載しておきます。

マスク抽選の参加取消(解除)の方法

シャープのマスクは、抽選への参加登録を取消(解除)することができます。

ふつうサイズのマスク 抽選への参加の取消手続きのページ

小さめサイズのマスク 抽選への参加の取消手続きのページ

取消希望の場合には、

該当のページでメールアドレスを入力>認証コードが届く>認証コードを入力し、送信した時点で取消手続きが完了

手続きが完了すると、それ以降の抽選対象から除外されるそうです。

もし何度も当選メールが来て、その都度面倒に思っている場合には、抽選の参加取消手続きをしてみてださい。

2回目も買った理由

私は昨年春の抽選申込スタート時に登録して、秋にやっと1回目が当選し1箱購入しました。

その後、今年1月に2回目が当選してこの時は2箱購入しました。

さらに、2月と3月にも当選しましたが、まだ買ったばかりなのでスルーさせて頂きました。

シャープのマスクは値段が高いですが、つけてみると他のマスクより長時間つけていても快適で呼吸もとてもラクなのです。

現在私は3種類のマスクを使い分けています。

  1. 丸1日外出する日(長時間マスクをつける日)には「シャープのマスク」
  2. スーパーなど近所の外出時には「洗えるマスク」
  3. 病院や美容院など、近所の外出でも人と接する必要がある時には「普通の不織布マスク」

不織布マスクも今までいくつか使ってみましたが、

シャープのマスクが一番素材が良くて、息がしやすく、長時間つけていても耳も痛くならないし、鼻炎持ちなので安心して使えていて、自分に合っていました。

でも、毎日使うには価格が高すぎるため、外出時の用途にあわせて3種類のマスクを使い分けている感じです。

価格は高いけれど、装着感が気に入っているので継続して使うことにしました。

私は毎日電車などで出かけるわけではないので、1箱(50枚)で約3ヶ月ほど使える計算です。

またしばらくしてから買いたいと思っているので抽選への参加登録はそのままにしてあります。

ちなみに、4月と5月は当選していません。

2回目に購入したマスク到着時の様子

昨年1回目に買った時は、当選しても1人1箱しか購入できませんでしたが、この1月時点では2箱まで購入できました(※この記事を書いている現在は10箱まで購入可能です)

また、当初は送料が必要でしたが現在は2箱以上同時購入した場合、送料無料です。

当選メールが届いて、購入手続きをしてから4日後に宅急便でマスクが届きました。

開封すると中にはマスク2箱と納品明細書が入っています。

ダンボールの箱に梱包材などは一切入っていません。

本当にマスクの箱のサイズぴったりのダンボールです。後片付けも簡単ですね。

ふつうサイズ 2箱購入時の価格

■シャープ 不織布マスク(ふつうサイズ)(50枚セット)×2箱
■商品番号: MA-1050
■購入時の価格 ※2021年1月
2箱購入 6,556円(税込)
送料(税込) 0円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
割引価格 (マスク2箱購入割引)  ▲960円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計  5,500円(税込)※1箱当り2,750円(税込)

シャープのマスクは、発売当初と違い現在は2箱以上同時購入する場合は割引があり、送料も無料です。
1箱だけの購入もできますが、その場合は送料が別途660円税込(全国一律)

私が1月に購入した時には1人2箱まででしたが、現在は一人10箱まで同時購入できるようです。

また、この記事を書いている時点で「期間限定マスク10%割引(2021年5月末まで)」も実施されています。シャープのマスク価格は需要と供給に合わせて今後変わる可能性もありますので、現時点での詳細は抽選販売ページでその都度ご確認ください。

シャープマスク抽選販売に関するお知らせのページ

ふつうサイズのマスク 大きさ(サイズ)

マスクのサイズや素材などについての情報は、箱に印字されています。

シャープのマスク(ふつうサイズ)の本体サイズは

約95mm ×175mm

シャープのマスクは、小さめサイズもあります。価格はふつうサイズと同じです。

小さめマスクの抽選参加は、ふつうサイズとは別に登録する必要があります。

ふつうサイズの抽選に参加していても、小さめサイズの抽選にも登録することができます。

当選の連絡や購入方法などは基本的にどちらも同じです。

マスクの箱の中身

マスクの箱は、上部の開閉部分に銀色のシールが貼ってあります。

この銀色シールは「未開封」の印です。

このシールを剥がすと、箱が開きます。

1箱は50枚入り。

25枚ずつに分かれて、2つにパッキングされています。

袋の中には、横の部分がズレないように厚手の紙が入っています。

袋の上部に破線があり、その破線を切るとマスクが1枚ずつ取り出せます。

シャープのマスクは、三重県多気工場のクリーンルームで製造されている安心安全なマスクです。

今はマスクがどこでも買えるようになりましたが、中国製がほとんどですし、素材や製造場所の環境も不確かなものが多いのではないでしょうか。

性能や機能面だけでなく、そういう面からもシャープのマスクは安心感があることも、このマスクが売れている理由かなと実際に使ってみて感じています。

シャープのマスクは改良されている!

1月に2箱を購入した時点で、昨年10月に購入した1箱目が少し残っていました。

箱のデザインは同じだったので、中身も同じかなと思ってマスクを並べて比較してみたら、なんとマスクが改良されていたのです!

(画像上)改良後 (画像下)改良前

大きさや基本の形は同じですが、より快適につけ心地にも配慮して改良されていました。

マスクの箱は同じなので、どの時点で改良されたのかは不明です。

昨年購入して、その後買っていない人はこの改良点が分からないと思います。

新旧2枚を比較した画像を撮影してみたので、私が気づいた「改良点」と合わせてご紹介します。

※改良点は気づいたポイントだけご紹介します。もしかしたらもっと改良されている点があるかもしれません。

改良点①ノーズワイヤーがズレにくくなった

(画像上)改良後 (画像下)改良前

シャープのマスクはノーズワイヤーが1本入っています。

改良されたポイントは、ノーズワイヤーの左右にズレ防止の抑え(区切り)ができたこと。

これによって、ノーズワイヤーが左右に動きにくく改良されていました。

改良前のマスクはノーズワイヤーが入っている部分に抑え(区切り)がなかったので、ワイヤーの位置が動くことがありました。

装着時に半分に折って使う時に、もしかしたら気になった人がいたかも。

私は今回比較した時に初めて改良前のマスクはワイヤーが動くことを知ったくらいなので、以前のマスクも基本的に大きく左右にズレることはなかったです。

でも、わざとワイヤーを動かしてみたら、

▼改良前のマスクはワイヤーが左右に動かせてしまう(汗)

でも、新たに抑えの区切りができたことで、ノーズワイヤーは位置がずれにくくなりました。

▼マスク表面 (画像上)改良後 (画像下)改良前

裏面も比較してみました。

ノーズワイヤーは表面に出ているので肌に当たる裏面には今までも当たることはなかったけれど、改良後はより肌に当たる部分へのカバーがされている感じです。

▼マスク裏面 (画像上)改良後 (画像下)改良前

改良点②縫い目の大きさと幅

(画像左)改良前  (画像右)改良後

マスクの縫い目部分もかなり改良されていました。

私が気づいた改良点は3つです。

  • 横の縫い目が、3列→2列
  • ステッチの間隔が広くなった
  • 下の部分(顎の部分)の縫い代が広くなった

縫い目のステッチが以前より大きなステッチになり、間隔も広くなって2列に変わっていました。

マスクを付けてみると、肌当たりが改良後の方が優しいです。

ステッチが細かい方が肌当たりが良いように想像するかもしれませんが、実はステッチが大きいほうがふんわり肌に当たるのです。

また、マスクの下の部分の縫い目(顎に触れる部分)の幅が広くなっていました。

広くなって密着度が上がっていますが、素材や和やらかいので肌当たりは優しいです。

これは大きな改良ですね。

改良点③紐の接着部分が広くなった

(画像左)改良前  (画像右)改良後

縫い目とステッチの幅と大きさが変わったことで、耳掛け紐の接着部分の大きさも変わっていました。

以前より接着部分が大きくなり、この部分の縫い目も大きくなりました。

縫い目(接着面)が細かいと、不織布が圧縮されて少し硬くなります。縫い目が大きくなり接着部分が広くなったことで肌当たりが柔らかくなり、紐の強度も上がっている気がします。

今まで私がシャープのマスクを使っている時に紐が取れてしまったことは一度もありません。

でも、マスクを付けたり外したりする回数が通常より多い場合にはこの強度補強は大切な改良点だったのかな思います。

きっと、今回の改善点はどれもユーザーさんの使用後の声をもとにしていると思うので、こういう要望もあったのかもしれません。

改良点④シャープのロゴの位置

(画像上)改良後 (画像下)改良前

シャープのマスクには装着時に左下になる位置に、シャープの透かし文字が入っています。

この透かし文字の位置が外側に少し移動していました。

マスクを付けた時には、ロゴは顎の下の方になるので改良前もそれほど目立たない程度の大きさでした。

▼改良前のマスク(装着した時のイメージ)

でも、私は女性なので髪の毛で見えにくいけれど、男性の場合はロゴが見えやすかったのかもしれません。

改良されたマスクのロゴは、付けた時に位置がより外側(耳寄り)に変わり、ロゴが目立ちにくいように工夫されていました。

シャープの「S」がちょうど1個分ぐらい外側に移動した感じです。

気づいた改良点まとめ

今回気づいたマスクの改良点をまとめてみると、

  1. ノーズワイヤーの位置が固定されてズレにくくなった
  2. 縫い目とステッチ幅が大きくなり肌当たりが良くなった
  3. 耳掛け紐の接着場所が広くなり、縫い目も大きくソフトになった
  4. シャープのロゴの位置が外側にズレて目立ちにくくなった

もしかしたら私が気づいていないだけで、まだ他の改良点があるかもしれません。

新しいマスクを使ってみると、この改良後のマスクは以前のマスクより密着性がアップしていました。

コロナは変異株も広がって来ているようですので、密着度が上がったことはとても良い改良点だと思います。

より快適に安全に使えるマスクとして、シャープのマスクは進化していることを知りました。

もし2回目を買わなかったらこの改良点に気づかずに終わってしまったと思います。

値段は他のマスクより高いけれど、常に進化していることを知ることができ、また安心して使えそうです。

まとめ

昨年1回目を購入して使用感が気に入り、今年2回目を購入してみたシャープのマスク。

2回目に買って届いたマスクは、より快適に改良されていました。この改良点を知らない人も多いかもしれません。

今回は改良前のマスクと比較画像しながら、改良点もまとめてみました。

まだ一度もシャープのマスクを使ったことがないけれど興味を持っている人は多いと思います。

改良前のマスクで評価しているネット上の記事の方が多いですのでご注意ください。

また、シャープのマスク販売の詳細も少しずつアップデートされていて、購入できる個数なども半年前とは全然違います。直近の正確な情報は専用ページで都度ご確認ください。

▼関連記事

忘れた頃に当選したけど買って良かった「シャープのマスク」普通のマスクとの違いはここ!(コストコのマスクと比較あり)
今年4月に応募してから一度も当選したことがなかったシャープのマスク。 すっかり忘れていたけれど、10月(第24回)で初当選。 現在マスクはどこでも買えるようになり、当選メールが届いても正直なところそれほど嬉しくはなかった...