忘れた頃に当選したけど買って良かった「シャープのマスク」普通のマスクとの違いはここ!(コストコのマスクと比較あり)

今年4月に応募してから一度も当選したことがなかったシャープのマスク

すっかり忘れていたけれど、10月(第24回)で初当選。

現在マスクはどこでも買えるようになり、当選メールが届いても正直なところそれほど嬉しくはなかったけれど、「シャープの国産マスク」は一度自分で試してみたかったので1箱購入しました。

不織布マスクはどれもそんなに違いはないかな?と思って使ってみたら、その「質の高さと快適さ」に驚きました。

実際に買って使ってみて分かったシャープのマスクについて、普段使っているコストコのマスクと比較しながらご紹介します。

※この記事の内容は10月当選時のものです。シャープのマスクは当選時期によって購入できる個数が違います(当初は1箱のみ、現在は2箱まで購入可能)、また現在は小さめサイズも取り扱いがあり、毎月届く定期便も始まっています。最新の情報は各自でご確認ください。

▶︎シャープマスク抽選販売のページはこちら

申込日・当選日・到着日・購入価格・送料

■抽選申込日    2020年4月27日

■当選メール受信日 2020年10月9日(第24回抽選分)

■購入日      2020年10月11日

■到着日      2020年10月14日

■配送業者     佐川急便

■購入価格     税込 3,278円(税抜 2,980円、50枚入り)

■送料       税込 660円(全国一律)

4月の最初の抽選申込で登録して、初めて当選したのが10月です。

我が家では私のアドレス1つだけで申込していました。

ネットなどでは複数回当選している人もいるようでしたが、私の場合は第24回での当選でした。

少しずつ変化している購入方法(小さめサイズ・定期便もスタート)

シャープのマスクは抽選販売。

専用ページからメールアドレスを登録して抽選に参加します。

抽選は毎週水曜日に行われ、当選者にはメールで「ご当選のお知らせ」が届きます。

届いたメールに記載されている内容に従って、購入手続きをします。

最新のシャープのマスクに関する内容は公式ページで確認できます

▶︎シャープマスク抽選販売のページはこちら

私が申込した時(そして当選して購入できた時)と現在では購入できる個数や種類も少しずつ変わっているようです。

シャープマスク抽選に関しては当初といくつか違いがありますのでご注意ください。

  1. 当選時の購入個数(当初は1箱のみ、送料別途→現在は2箱まで、2箱の場合は送料無料)
  2. マスクの価格(当初は1箱は2980円税抜のみ、現在は2箱購入の場合5000円税抜が選べる)
  3. マスクの種類(当初は普通サイズのみ→現在は小さめサイズも抽選応募可能)
  4. マスクの定期便スタート(当初はなかった→毎月30枚単位で申込可能、抽選ではない)

申込したことをすっかり忘れて、当選メールが届いた時にもしかしたら申込時のルールとは違っていて「あれ?」と思うかもしれません。

私が当選した時には「1箱」しか購入できませんでした。

でも現在は、当選すると2箱(50枚×2箱)まで購入可能に変わっていました。

さらに2箱購入の場合は送料無料!

2箱購入した場合には1箱当たりの価格も安くなります(税抜@2980円→2箱の場合@2500円)

私が当選した時にはこの制度はなかったので、今の方がずっとお得です。

また9月から「小さめサイズ」も新たに応募できるようになっています。

大きめサイズの抽選に応募していても小さめサイズにも応募できるそうです。

さらに、最近ではマスクの定期便制度もスタートしています。

定期便は毎月30枚のマスクがポストに届くサービスで、これは抽選ではなく申込み制で全員購入可能です。

▶︎シャープマスク定期便のページはこちら

今後もシャープのマスクを継続して買いたい場合には、定期便(送料無料)で便利かもしれないと思います。

この記事後半でも書いていますが、シャープのマスクは一度使うとその質の高さと快適さに驚かされます。

確かに価格は高いけれどこの快適さを知ってしまうと継続して使いたくなります。

本当に中国製のマスクとはレベルが違いますので、いつ当選するか分からないまま待つよりも、定期便を利用してみるのはおすすめの方法かと思います(決済はクレジットカードのみですが、いつでも解約可能のサービスのようです)

到着時の様子

10月に届いた時の様子です。

外箱は小さめの段ボール。

箱を開けると、納品明細書とマスクの箱だけが入っていました。

箱には梱包材等は一切使われていませんでした。

マスクの箱がピタッと入るジャストサイズの箱。

マスクの箱の中身

初めて見たシャープのマスクの箱。

50枚入りの箱は、特別変わった作りではないけれど、デザインはシンプルでスマート。

持ってみると、とても軽いです。

箱の裏面に商品詳細が記載されています。

「MADE IN JAPAN 」の文字が控えめに印字されていました。

シャープのマスクはご存知のように安心安全な「日本製」

液晶パネルも製造可能な三重県多気工場のクリーンルームで製造されているマスクです。

箱の上部に丸いシールで封印されています。

開封すると、25枚ずつ2個に分けて梱包されていました。

少し厚めの台紙が入っていて型崩れしないようにパッキングされています。

箱から出して、25個が入っている包みを出して手に持った時に「軽い!」と思わず声が出たほど軽いのです。

とても綺麗に重ねてパッキングされています。

1枚1枚がふんわり柔らかいのに、ズレてないのはさすがのジャパンクオリティー。

マスクのサイズ・構造

シャープのマスク(普通サイズ)は

  • サイズ  約95mm × 175mm
  • 3層構造
  • ノーズワイヤー入り
  • 不織布マスク
  • 1箱50枚入り

右下(マスクを付けた時は左下になる部分)に「SHARP」の透かし文字が入っています。

購入したのは普通サイズ。

3層構造で花粉なども防止できる不織布マスクです。

ノーズワイヤー部分もしっかりしています。

違いはここ!(コストコのマスクと比較)

シャープのマスクは、パッと見ただけでは、ごぐ普通のマスクのように見えます。

でも、細部をよくチェックすると、随所にレベルの高い技術が取り入れられているのが分かります。

実際に自分で使ってみて感じたシャープのマスクが普通のマスクと違うところについて挙げてみます。

良いところを挙げるだけだと伝わりにくいと思うので、普段使っているコストコの不織布マスク50枚入りと比較しながら使用感想を書いてみました。

良い所①とっても軽い!

箱が届いて、開封した直後にすぐ感じたのは「軽さ」です。

普通の50枚入り不織布マスクも軽いけれど、その半分ぐらいの軽さのイメージ。

我が家が普段通勤や通学の際に使っているのコストコの不織布マスクです(近所の外出は洗えるマスクを使っているけれど、長い時間外出する時はこのマスクを使っている)

コストコのこのマスクは鼻炎の我が家には欠かせない使いやすいマスクなのですが、それと比べても明らかにシャープのマスクの方が軽くて、肌触りも全然違います。

良い所②紐がとっても柔らかい

シャープのマスクは、耳にかける「紐の柔らかさ」が格別。

紐の形は丸くてふわふわしています。

柔らかいけれど、装着時はきちんとフィットします。

紐はふわふわだけど伸びも良く、触り心地も抜群。

マスクをつける時にとっても自然で違和感がありません。長い時間つけていても耳が痛くならなかったです。

コストコのマスクも伸縮性のある紐で耳は痛くなりにくいけれど、2つを付け加えてみると装着感が違いました。

良い所③マスクをしている事を忘れるほどの装着感

シャープのマスクは、軽くて肌あたりが優しくて、まるで和紙のような繊細な構造。

初めて着けてみた時に、その装着感の軽さに驚かされました。

「着けているのを忘れるような」マスクです。

良い所④装着時の形がシャープで美しい

シャープのマスク、普通サイズを買いましたが女性の私でも着けやすい形でした。

サイズだけみると大きめかと思うけれど、折込部分が大きさを調整できるため、丸顔でも面長でも絶妙に形を整えられるのです。

極端な例ですが、例えばこんな感じ↓(バファローズポンタの大きいお顔でも大丈夫、笑)

折込部分が絶妙に調整できるため、いろんなお顔のサイズでも合わせやすいと思います。

コストコのマスクも大きさは調整できるけれど、広げすぎると形がここまで美しくキープはできません。

そしてシャープのマスクは、たとえ折込部分を顔の長さに合わせて広げても、頬から耳にかけての形をしっかりキープしてくれるので、見た目がとってもシャープ!(←冗談ではなくて)

つまり、かなり小顔効果もあるマスクでした。

良い所⑤縫い目(接着面)が柔らか・肌に当たらない

不織布のマスクは、縫い目というか接着部分にドットがあって、そこが少し硬くなっていますよね。

これはどのマスクでも同じだと思います。

シャープのマスクは、この縫い目(接着面)が柔らかく、肌に当たった時に違和感がないのです。

コストコのマスクと比べた下の写真をみていただくと違いがわかりやすいです。

表面だけみると、それほど違いがないように見えても、裏側(肌に当たる部分)を比べてみると接着部分の穴が細かくて、その間にふんわりとした山ができるようになっているのが見えます。

この細かな点の大きさと、間にある生地のふんわり部分のおかげで、特に顎に当たる部分の装着感に大きな違いを感じました。

良い所⑥息がしやすい・苦しくならない

シャープのマスクは軽くて、まるで和紙の折り紙のようです。

息もしやすくて、苦しくなりません。

特に鼻に当たる部分は、普通のマスクより折り目がしっかりしているのに、この快適さは素晴らしいです。

花粉などの侵入を防ぎながらも息はとてもしやすいのです。

コストコのマスクと内側を比較してみると

(左:シャープ、右:コストコ)

シャープのマスクの方が薄くて軽いのに、折り込み部分がコストコよりしっかりしているのが分かります。

本当に美しい和紙の折り紙のようです。

シャープのマスク ここが残念!

一度使ったら、忘れられなくなるシャープのマスク。

良い点や優れている点をいろいろ挙げてみましたが、「残念だな」と思った点もあったのでそれも書いておきます。

残念に思った点は、マスク自体のことではないのでご安心ください。

今回当選して購入してみて感じた「残念に思った3つ」は下記です。

ここが残念①抽選方法が分かりにく

申込み方法・抽選方法についてはシャープのマスク専用ページに詳しく書かれてあって、その内容は明確なのですが、抽選方法についてはちょっと分かりにくと思う点がいくつもありました。

一度も当選していない人がいる反面、何度も当選している人もいます。

複数のアドレスさえあれば一人で何回でも応募できるような仕組みのため、もし今後またマスク不足になったりすると抽選の不公平感は出てくると思います。

今はマスクがどこでも買えるようになっているので当選しても購入しない人が増えているようですが、それでもまだ一度も当たっていない人も意外といるようなので、その点は改善して欲しいと感じました。

ここが残念②購入ページが技術のシャープらしくない

抽選に当選すると当選のメールが届きます。

購入する場合は「当選者専用サイト」でメールに記載されている「当選番号」と応募時のお名前/メールアドレス/電話番号を入力してページを進んで手続きします。

フィッシング詐欺等を考慮してこういう形になっているようですが、このメールだけでなく、購入ページもそうですが全体的にシャープのマスク関連のページデザインがパッとしないのです。

シャープならもっと分かりやすいサイトを作れると思うのですが、「これ本当にシャープのページ?」って思うような地味な作りで、逆に「偽サイト?」と疑ってしまう人もいるのでは?という感じがしてしまったのが残念でした。

ここが残念③専用サイト以外では購入できない

シャープのマスクは高いけれど、一度使ったら忘れられなくなるマスクです。

多少高くても、安心安全な日本製なので、継続して購入したい人も多いはずです。

でも、シャープのマスクは専用サイト以外では購入できません。

最近始まったマスク定期便(30枚入り1箱)なら申込みできるようですが、好きなタイミングで50枚入りの箱を購入することはまだできません。

コストの面から値段が高くなるのは仕方ないとしても、薬局などで取扱してくれたらいいのになと感じました。

まとめ

4月後半に抽選に応募してから10月に初めて当選したシャープのマスクについて、買って使ってみて分かった事を普通のマスク(今回は愛用しているコストコのマスク)と比較しながら書いてみました。

忘れた頃に突然「当選メール」が届いてびっくりしたけれど、それ以上に使って分かったシャープマスクの質の高さと素晴らしい着け心地に驚かされました。

春とは違い現在はマスクが問題なくいつでも購入できるようになって、シャープのマスクが当選しても購入しない人も増えているそうです。

でも、このマスクは手にして初めて想像を遥かに超える質の高さで「日本の技術力」を体感させてくれます。高いからと誰も買わなくなってしまったら、この技術は消えてしまうかもしれません。

一度使ってみれば、きっと忘れられなくなるシャープのマスク。

忘れた頃に当選メールが届いたら、ぜひ1回は試してみてくださいね。普通のマスクとの明らかな違いをきっと感じてもらえると思います。

▼関連記事

コストコオンラインで買えたマスク(2)立体型 不織布 オメガプリーツマスク 50枚入り
4月と5月はコストコオンラインで「立体型不織布マスク」を買いました。 ▶︎前回購入できた時の記事はこちら 3月に極上空間(小さめサイズ)を買った後はタイミング合わずなかなか買えず久しぶり。 注文できた...
洗って繰り返し使える「PITTA MASK」初購入。楽天2つのお店で買ってみた違いとは?
洗えるマスク「PITTA MASK」を初めて購入してみました。 今まで使い捨てマスクを使っていましたが、手持ちの数も減ってきて買えないこともストレスに。 そこで、マスクの使用枚数が多い夫と息子に洗えるマスクも使ってもらう...