コストコ「ロティサリーチキン」で簡単アレンジ【バターしょうゆチキン】

スポンサーリンク

コストコのロティサリーチキンの残りを使って、30分で作れる夕食メニューをご紹介します。

先日買って残りを冷凍していたコストコ「ロティサリーチキン」

前回冷凍していたのは、胸2枚と骨(鶏ガラ)

この残り分でもアレンジ料理は十分作れます。

スポンサーリンク

ロティサリーチキンで、まずは定番鶏ガラスープ

2014-07 costco2

ロティサリーチキンの鶏ガラスープは本当に簡単です。

(以前もご紹介した日記はこちら⇒

冷凍しておいた鶏の骨を全部鍋に入れ(解凍せずOK)

酒とショウガ薄切りを加えて、ぐつぐつ煮るだけ。

30分程で骨に付いていた肉も全部取れます。

骨をとったら、塩、ブラックペッパーで味調整。

ブラックペッパー、沢山入れてね。

(45分程煮た方が骨と肉が別れやすいですが、30分でも大丈夫)

チキンスープは、大きめの鍋で作りましょうね。

 

私はいつもビタクラフトの両手鍋で作ってます。

▼これと同じタイプ

うどんやパスタ茹でたり、カレーやミートソースを作る時に使ってます。

とっても使いやすい形で15年以上愛用してます。

骨のスープは厚手のしっかりした鍋(無水調理できるような)で作ると途中で何度もお湯を足す必要がないため便利です。

また厚手の鍋の方が煮込みには向いています。

ロティサリーチキン オーブンで簡単「バターしょうゆチキン」

骨のチキンスープは火にかけてしまえば、する事がないので、スープができる間に「ロティサリーチキン」の胸肉でメイン料理作りました。
2014-07 costco3

冷凍してある胸肉にオリーブオイルをかけて(これも解凍せずOK)

200度のオーブンで15分焼きます。

15分経ったら、バター(マーガリンでも)を乗せて、

しょうゆをまわしかけ、オーブン内でそのまま保温調理。

10分ぐらいはそのままで。

バターとオイルを吸って胸肉が美味しくなりますよ。

2014-07 costco1

胸肉は再加熱するとパサつきがちなので、

この日はコストコのガーリックオイルをかけて焼きました。

ロティサリーチキンは既にしっかりとスパイスが効いているので、味付けする必要ありません。

最後にかけるバターとしょうゆでロティサリーチキンの味が急に変化。

まさに、アレンジメニューですね。

バターは多めがおススメです。

マイルドでご飯に合う「バターしょうゆチキン」の出来上がり。

コストコチキンで簡単アレンジ料理2品完成!

鍋で「チキンスープ」

オーブンで「バターしょうゆチキン」

あとは、ナスとピーマン炒めをさっと作って、

切干大根サラダ(水でもどしてフレンチドレッシングで和えただけ)

2014-07 costco4

<そんな我が家の夕食>

チキンスープは食べる時にネギをたっぷり散らしてね。

塩、酒、ブラックペッパーだけの味付けとは思えない美味しさですよ。

2014-07 costco5

コストコのロティサリーチキンは味付けがしっかりされていますから、アレンジ料理をするときは、スープやオーブン焼きで風味を変化させるのがおススメです。

スライスしてお皿に盛れば、お箸で食べやすい。

別盛りにせず、ネギと刻みのり乗せて「バターしょうゆチキン丼」にもなります。

鶏ガラスープは塩分とコラーゲン補給ができるから、夏バテ防止メニュー☆

まとめ

ロティサリーチキンの超簡単アレンジメニューのご紹介でした。

大きなローストチキンですが、少人数家族でも工夫すれば無駄なく美味しく食べられます。

いろんなアレンジ料理を試してみてくださいね。