コストコ「メニセズ プチパン」美味しい焼き方・食べ方

スポンサーリンク

メニセズ(メニセーズ)コストコで買えるフランスのミニバゲットのシリーズです。

半焼きの状態で売っていて、自宅で食べる時に焼いて食べられるコストコでも人気のパン。

メニセズといえば「プチパン」のイメージが強いですが、実は数種類あるのです。

2020年はコストコでこのメニセズのパンシリーズを5種類買うことができました。

You Tubeには購入した時に動画でアップしていましたが、ブログでは記事にまとめていなかったので5種類のメニセズを記録しておこうと思います。

この記事では、まず1種類目、定番「プチパン(ミニバゲット)」の焼き方・美味しい食べ方をご紹介します。

スポンサーリンク

新パッケージになったメニセズプチパン 価格と容量

■メニセーズプチパン 24個(50g×6個x4袋 )

■購入時価格

①448円 店頭価格

②658円 コストコオンライン価格 

メニセズのプチパンは小さなミニバゲット。

常温で販売されていて、常温のまま保存できるパンです(※なるべく冷暗所で保存)

半焼きの状態でパッキングされていて、自宅で食べる時にオーブンで焼いて食べられます。

賞味期限は、2019〜2020年に数回購入したものは平均3〜4週間ありました。

以前は店頭のみでの販売でしたが、2020年春頃からコストコオンラインでも購入できるようになっています。

この画像は5月末にオンラインで購入した時に撮影したものです。

6個入りのパックが4つ繋がっているパッケージです(合計24個入り)

生のパン生地ではなく、軽く半焼きの状態なので色は白っぽくなっています。

メニセズのプチパンといえば、コストコでは10年以上前には普通に売っていたのに、その後販売されなくなって、2019年頃から突然復活しました。

パッケージは昔とは違っているけれど、1個のパンの大きさや形はほぼ同じで、久しぶりに買えるようになってうれしかったです。

2019年に新パッケージで販売されるようになり、2020年春頃からパッケージがリニューアルされています。

▼2019年購入時のパッケージはこちら

以前は、6ロールが横に並んでいましたが、現在販売されているパッケージは3個ずつ2列に並んでいます。

▼現在のパッケージ

一袋はどちらも300g(6個)なので、パッケージだけの変更かなと思います。

繋がっている4袋は1袋ずつ切っても大丈夫なので、大きなパッケージだけれど意外と収納しやすいです。

基本の焼き方

プチパンはコロンと丸い形のバゲット。
上部にクープが入っていて、発酵後に半焼きの状態でパッキングされているのが分かります。

このパンは食べる時にオーブンで焼きます(半分に切るとトースターでも焼けます→後述)

基本の焼き方はパッケージに日本語で書いてあります。

【基本の焼き方】※パッケージ記載内容

  1. パンを袋から取り出す
  2. 軽く水をふりかける
  3. 予熱したオーブンの天板にパンを乗せ、200〜220℃で約10〜12分焼いてから食べる

基本の焼き方では、水をふりかけると書いてあるのですが、、、

私は水あり・水なし両方で同時に焼き比べて試しましたが、我が家のオーブンではそれほど焼き加減に差がなかったので、水なしでいつも焼いています。

プチパンは丸いままオーブンで焼くのが一番美味しいです。

オーブンで焼くと、表面はカリッとして、中はきめ細かい弾力のある食感になります。普通のフランスパンとは違ってパン生地の密度が高いので1個でも食べごたえがあります(フランスパンのような気泡はない)

次に、私のオススメの焼き方をご紹介します。

おすすめの焼き方①切り込みを入れてから焼く

私の普段の焼き方を2つご紹介します。

1つ目の方法は、「切り込みを入れてから焼く」方法です

【切り込みを入れてから焼く方法】

  1. プチパンを横に切り込みを入れる(←完全に切り離さない方が美味しく焼ける)
  2. 水は付けずに、予熱したオーブン200℃で10〜12分焼く

この方法の良い所は、プチパンの外はカリッと&中はもちっとした食感はそのままで、食べる時に食べやすいこと。

プチパンは焼くと熱くなり、柔らかくなるので切りにくくなります。

先に切り込みを入れておけば、焼き立てでもバターを塗ったり、何かを挟んで食べる時にとてもラク。

我が家ではこの方法で焼くことが一番多いです。

おすすめの焼き方②カットしてから焼く

もう1つのおすすめの焼き方は、「カットしてから焼く方法」です。

この方法ならオーブンで半分の時間で焼けるし、トースターでも焼けるので時短♪

【半分に切ってから開いたまま焼く方法】

  1. プチパンを横半分にスライスする(完全に切り離す)
  2. 水は付けずに、スライス面を揃えて予熱したオーブン200℃で5〜7分焼く(トースターの場合は焼色が付く程度の時間で)

この方法なら朝忙しい時にオーブンを余熱しなくても、トースターでも焼けます。

私はガスコンロのグリル(トースターメニュー)で自動で焼いています。

トーストのように簡単に焼けて、表面のカリッとした食感は楽しめます。

ただし、丸い形のままオーブンで焼くよりパン生地は乾燥した感じになるのでご注意ください。

また、縦に切って(バゲットを輪切りに切るように)小さなサイズにしてもトースターで焼けますが、この焼き方だと本来のプチパンの美味しさとは違ってしまう感じがしました。

ただの「カリッとした輪切りのプチパン」になってしまうけれど、これでも十分美味しいと思います。

いろんな焼き方で試してみてくださいね。

美味しい食べ方 実例①

丸いまま、または横に切り込みを入れて、シンプルにオーブンで焼くと、朝食にぴったり。

我が家では朝食の場合は、必ず横に切り込みを入れてから焼いています。

この方が、バターやジャムを塗ったり、サラダや野菜・ハムなどを挟んでも食べやすいです。

プチパンはシンプルなパンなので、いろんな食べ方ができます。

この写真の日は、コストコで買ったサラミを挟んで食べました。

半分に切り込みを入れて焼くと、丸いまま焼いた時のように外はカリッと、中のふわっと、2つの食感が楽しめます。

切り込みは、完全に切り離さない程度にスライスします。

こうすると、具を挟んだ時にこぼれづらいので、忙しい朝にもぴったり。

具を入れてもいいし、この状態で切り離してバターやジャムを塗るのも簡単。

完全に切って半分にして焼いてしまうと、この中のふんわりとした食感は味わえないのです。

丸い形のまま焼くとプチパンの本来の美味しさが際立ちます。

美味しい食べ方 実例②

もう一つ、大好きな食べ方をご紹介します。

これは、半分に切ってから軽くトースターで焼いた後に、レタス・生ハム・カマンベールチーズでサンドを作った時の様子です。

プチパンには、カマンベールや生ハムがとても良く合うのです。

シンプルだけれど少しだけ甘みのあるプチパンと、塩分のある具材の相乗効果だと思います。

バターなどは塗らなくても、この3つを挟んだだけでとっても美味しいサンドになります。

コツは、あまりパンを焼きすぎないこと。

そして、パンが丸くてコロンとしているため具を沢山挟むとずれてしまうので、たくさん入れすぎないこと。

パンを焼きすぎてしまうとパンが固くなるので、軽く焼き色が付く程度が食べやすいと思います。

生ハムではなくて、サラミなどを使えばお弁当にもぴったり。

美味しい食べ方 実例③

プチパンは、シチューやスープとの相性がすごく良いバゲットです。

丸いまま焼いてから半分にカットしてビーフシチューと一緒に食べた様子です。

※動画をまとめて撮影したので、サンドと一緒に映っていますがそれは気にしないでください(汗)

丸いまま焼くと、熱い状態でパンを綺麗にカットするのは難しいですが、スープやシチューなどと一緒に食べる時には焼きたてをちぎって食べるのが一番美味しい気がします。

しっかり焼いてカリッとさせても合うし、軽く焼いてソフトな食感でも美味しいです。

実際に我が家で食べている実例を3つご紹介してみました。

ぜひお好きな食べ方で食べてみてくださいね。

You Tubeの動画

You Tubeにもメニセズプチパンの動画をアップしてあります。
この動画は2019年の購入時のものなので旧パッケージですが、焼き方や食べ方は現在も同じです。
動画の方が分かりやすいと思いますので、ぜひご覧ください。

まとめ

2020年に購入したメニセズのプチパンの美味しい焼き方と我が家の食べ方をご紹介しました。

いろんな方法で焼いてみましたが、結局どの方法でもプチパンは美味しく食べられます。

「オーブンで焼く」と書いてあっても、切って焼けばトースターでも大丈夫。

丸いままでも、カットしても、どんな風に食べても火が通っていれば問題ないと思います。

現在はコストコオンラインでも購入できますので、店舗に行けない時にチェックしてみてくださいね。

5種類のメニセズ、他のパンシリーズは別記事でご紹介します。

▼関連記事
https://muffin-berry.com/costco-menissez-ciabatta_rolls.html

コストコ「メニセズ マルチグレインバゲット(雑穀入りパン)」美味しい焼き方・食べ方
2020年はコストコでメニセズのマルチグレインバゲット(雑穀パン)も買いました。 メニセズ(メニセーズ)はコストコで買えるフランスのミニバゲットのシリーズです。 半焼きの状態で売っていて、自宅で食べる時に焼いて食べられる...
コストコ「メニセズ 冷凍バゲット」美味しい焼き方・食べ方
2020年はコストコでメニセズの冷凍バゲットも買いました。 メニセズ(メニセーズ)はコストコで買えるフランス製のパンシリーズです。 自宅で食べる時に焼いて食べられるコストコでも人気のパン。 メニセズといえば「プチパン」...
コストコ「メニセズ パニーニ」美味しい焼き方・食べ方
2020年はコストコでメニセズのパニーニも買いました。 メニセズ(メニセーズ)はコストコで買えるフランスのミニバゲットのシリーズです。 半焼きの状態で売っていて、自宅で食べる時に焼いて食べられるコストコでも人気のパン。 ...
コストコ「KS21穀オーガニックブレッド」冷凍方法・美味しい食べ方(焼き方)
昨年新しくなったコストコのオーガニックブレッド。 21種類の雑穀が配合されたオーガニックの大きな食パンが2個セットで販売されるようになりました。 柔らかくて、ほんのり甘く、外側についている雑穀がプチプチとした食感でとても...
増量になったコストコ「ラグジュアリーミニクロワッサン」ラップ無し冷凍保存方法と美味しい食べ方(焼き方)
1月はラグジュアリーミニクロワッサンも買いました。 ラグジュアリーミニクロワッサンは昨年夏以来、久しぶりの購入です。 コストコのベーカリー売り場には新パッケージになって販売されていました。 以前の黒いプラスチックト...