コストコ「メニセズ パニーニ」美味しい焼き方・食べ方

スポンサーリンク


2020年はコストコでメニセズのパニーニも買いました。

メニセズ(メニセーズ)コストコで買えるフランスのミニバゲットのシリーズです。

半焼きの状態で売っていて、自宅で食べる時に焼いて食べられるコストコでも人気のパン。

メニセズといえば「プチパン」のイメージが強いですが、実はパニーニもあるのです。

You Tubeには購入した5種類のメニセズを動画でアップしていましたが、ブログではまとめていなかったので記録しておこうと思います。

この記事では、4種類目「パニーニ」の焼き方・美味しい食べ方をご紹介します。

スポンサーリンク

メニセズ パニーニ 価格と容量

■メニセズ パニーニ 16個(約75g×2個x8袋)  合計1200g

■購入時価格 598円(税込)※2020年8月

メニセズのパニーニはは焼き型でプレスした形の平たいパン。

常温で販売されていて、常温のまま保存できるパンです(※なるべく冷暗所で保存)

半焼きの状態でパッキングされていて、自宅で食べる時にオーブンで焼いて食べられます。

賞味期限は、購入時で約4週間ありました。

パッケージは、1袋に2個入り、8袋が繋がっている形です。

表面に斜めの焼色が付いていて、裏面には焼色は付いていません。

1袋を開封すると、2個のパニーニが入っています。

コッペパンを上から押し付けて潰したようなかたち。

焼く前は、後ろが白い。

このままの状態で半分にスライスしてみると、中はこんな感じ↓

このまま触っても柔らかいパンだと分かります。

弾力があるというより、ふんわりしています。

焼くと外側は香ばしくなるけれど、やはり中のふんわり感はそのままです。

基本の焼き方

パニーニの基本の焼き方はパッケージに日本語で記載されています。

オーブンでもオーブントースターでも焼けます。

記載の焼き方は2種類。

【基本の焼き方 2つ】

(オーブンの場合)200〜220℃で予熱したオーブンの天板にパンをのせて約10〜12分

(オーブントースターの場合)230℃のオーブントースターで約4分

パッケージ記載の方法で焼くと、表面に少し焼き色がついて香ばしい香りがします。

パニーニはメニセズのパンの中では柔らかめ。中のパン生地も硬くなりません。

プチパンの方が密度があり、パニーニの方が軽い食感です。

▼1個は切り込みをいれて、もう1個はそのままで、焼き比べ

▼オーブン200℃で10分後

こんがり美味しそうな焼色が付きました。

切って焼いても、切らずにそのまま焼いても、中の生地は同じ感じだったのでお好みの方法で。

ただし、焼いてから横にスライスすると綺麗に切れないので、何かを挟んで食べたいなら焼く前に切っておきましょう。

美味しい食べ方①そのまま焼いてバゲットとして

パニーニは、シンプルな味のパンなのでそのまま焼いてバゲットやプチパンのように食べられます。

食パンよりは厚みがあるけれど、それほど硬いパンではないので食べやすい。

朝食にもぴったり。

甘いジャムを塗るよりは、おかず系の具材との相性が良いです。

スープやチリビーンズなどと一緒に食べるのもおすすめです。

美味しい食べ方②生ハムを挟んでパニーニ風

メニセズのパニーニは、焼色が付いているので普通に焼いて生ハムなどを挟むだけで「パニーニ風」サンドが簡単に作れます。

本来のパニーニは、パンに具を挟んで専用のプレス機で挟んで焼き色がつきますが、このメニセズパニーニを使えば、プレスする道具がなくてもパニーニが作れます(あくまでパニーニ風)

コストコで買ったスペイン産のオリーブオイルと、生ハムがあったので、挟んで食べてみたら最高に美味しかったです。

パンは横に切り込みを入れてからオーブンで焼いて、

オリーブオイルを中のパン生地に垂らしてから、生ハムをたっぷり乗せてパンの蓋をするだけ。

パニーニ風のサンドが簡単に作れました。

オリーブオイルの爽やかな香りと、生ハムの塩分がこのパンにとても良く合います。

レタスなどを挟んでもいいけれど、オリーブオイルと生ハムだけの方がパニーニっぽくて一番美味しいと思いました。

メニセズプチパンとの比較

(左)パニーニ  (右)プチパン

同じ日にプチパンも買ったので、比較もしてみました。

プチパンは6個入り。1個が約50gのプチバゲット。

パケージの色が赤黒、違いがはっきりしていて見分けもつきやすいです。

▼プチパンの過去記事はこちら

コストコ「メニセズ プチパン」美味しい焼き方・食べ方
メニセズ(メニセーズ)はコストコで買えるフランスのミニバゲットのシリーズです。 半焼きの状態で売っていて、自宅で食べる時に焼いて食べられるコストコでも人気のパン。 メニセズといえば「プチパン」のイメージが強いですが、実は...

同じおかずと一緒にそれぞれ盛り付けて食べ比べてみました。

プチパンは、密度があって、生地のキメはわりと細かめ。

一方パニーニは、外のカリッと感はプチパンよりあって、香ばしく口当たりは軽め。

パクっと口に入れやすいのはパニーニ。

パニーニはそれほど硬くないパンなので、具を挟んでも食べやすいです。

バターを塗るなら、プチパン。

オリーブオイルと合うのはパニーニ。

同じシリーズのパンだけれど、同時に食べ比べると風味も全然違うので面白かったです。

定番で王道のプチパンは飽きのこない味わい。

珍しいのはパニーニ。定番じゃないけれどまた食べたくなる美味しいパンでした。

You Tubeの動画

You Tubeにもメニセズ パニーニの動画をアップしてあります。
プチパンとも比較してありますので、動画の方が分かりやすいと思います。

ぜひご覧ください。

まとめ

2020年にコストコで買ったメニセズ パニーニの美味しい焼き方・食べ方についてご紹介しました。

パニーニは常に売っているパンではありませんが、オーブントースターでも焼ける気軽なパンなのでコストコで見かけた時はぜひ買ってみてください。

コストコのアンティパストの生ハムやサラミも芳醇でとても美味しいので一緒に買って食べてみてくださいね。オリーブオイルもポイントです。

▼メニセズのパンシリーズはこちら

コストコ「メニセズ マルチグレインバゲット(雑穀入りパン)」美味しい焼き方・食べ方
2020年はコストコでメニセズのマルチグレインバゲット(雑穀パン)も買いました。 メニセズ(メニセーズ)はコストコで買えるフランスのミニバゲットのシリーズです。 半焼きの状態で売っていて、自宅で食べる時に焼いて食べられる...
コストコ「メニセズ チェバッタロール」美味しい焼き方・食べ方
2020年はコストコでメニセズのチェバッタロール(チャバタ)も買いました。 メニセズ(メニセーズ)はコストコで買えるフランスのミニバゲットのシリーズです。 半焼きの状態で売っていて、自宅で食べる時に焼いて食べられるコスト...
コストコ「メニセズ プチパン」美味しい焼き方・食べ方
メニセズ(メニセーズ)はコストコで買えるフランスのミニバゲットのシリーズです。 半焼きの状態で売っていて、自宅で食べる時に焼いて食べられるコストコでも人気のパン。 メニセズといえば「プチパン」のイメージが強いですが、実は...
コストコ「メニセズ 冷凍バゲット」美味しい焼き方・食べ方
2020年はコストコでメニセズの冷凍バゲットも買いました。 メニセズ(メニセーズ)はコストコで買えるフランス製のパンシリーズです。 自宅で食べる時に焼いて食べられるコストコでも人気のパン。 メニセズといえば「プチパン」...