カルディ数量限定♪ミニチーズナイフ付きブリーチーズ2022年冬はこの形!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カルディで今年の冬もブリーチーズがミニチーズナイフ付きで販売されています。

早速、2022年冬バージョンを買ってきました。

この通常商品のブリーチーズに期間限定でチーズナイフがプレゼントで付いてきます。毎年デザインが少しずつ違っていて、今年のデザインはとても使いやすいです。

今回は、今年のミニチーズナイフのデザイン・切れ味・美味しい食べ方、そして過去3年間のミニチーズナイフの違いについてご紹介します。

スポンサーリンク

2022年冬 ミニチーズナイフのデザイン

■【冷蔵】フランス エルミタージュ ブリー 120g

■購入時価格 398円(税込)※2022年12月

カルディに売っているエルミタージュブリーチーズはとっても美味しい白カビのチーズ。

このチーズはカルディで1年中販売されていますが、主に冬季期間限定でミニチーズナイフ付きで販売されます。

チーズ付きで販売されるのは12月〜1月が多いです(※2022年はGWにも販売されていました

チーズナイフは毎年デザインが違うのも特徴です。

今年の冬もチーズナイフ付きで販売されていて早速購入しました。

今年のデザインはこちらです↓

チーズナイフは、チーズ本体のパッケージの上にセロテープで貼り付けて販売されています。

袋から出した状態がこちら

今年のデザインも昨年とはまた少し違いますね。

ちなみに2021年冬はナイフの形が2種類ありました。

今回購入した店舗ではチーズナイフの種類は今のところ1種類でした(→追記:12月後半にナイフは2種類になっていました。もう1種類は2020年のナイフと同じデザインでした)

先端部分にはチーズを刺しやすいようにピック状の切れ込みがある形。

エルミタージュブリーの牛さんの絵柄も刻印されています。

持ち手の柄の部分には、エルミタージュのロゴが刻印があります。

ナイフの裏面には何も絵柄はありません↓

このチーズナイフは薄いステンレス製。

片手の中に隠れるぐらいのサイズ。

見た目はとっても可愛いです。

でも見た目だけではなくて、チーズもきれいにカットできます。

先端がピック状になっているデザインは、切ったチーズを刺したりすることができるのも便利。

今年のデザインはとても使いやすいので、初めて購入する人にもおすすめです。

チーズナイフ 3年間のデザイン比較

毎年冬に数量限定でついてくるブリーチーズのミニチーズナイフ。

エルミタージュブリーの場合は、2020年からナイフ付きが販売されるようになりました。

それ以前までは「ル・ルスティック」ブリーチーズがナイフ付き対象商品でした。

毎年この時期にカルディーでブリーチーズを買っていたので、この3年間のチーズナイフを全部並べて比べてみました。

(上)2020年版 (中2本)2021年版 (下)2022年版

2020年冬は1種類のみ。

2021年冬は2種類のチーズナイフでした(※2本のうち1本は冬に買いそびれ、今年のGWに偶然見つけて購入

2022年はまだ1種類しか見ていないので、今のところ1種類(→追記:12月後半にナイフは2種類になっていました。もう1種類は2020年のナイフと同じデザインでした)

4本のデザイン、並べてみるとけっこう違いますね。

(一番上)2020年版 (中2本)2021年版 (一番下)2022年版

先端部分のデザインもかなり違います。

柄の部分のロゴの刻印も違いますね。

(一番上)2020年版 (中2本)2021年版 (一番下)2022年版

ナイフ裏面の様子も並べて比較してみました。

(一番上)2020年版 (中2本)2021年版 (一番下)2022年版

裏面は全部特に何も刻印されたりしていないプレーンなステンレス鏡面です。

(一番上)2020年版 (中2本)2021年版 (一番下)2022年版

4種類、それぞれ形は違うけれどチーズはどれもちゃんとカットできます。

一番握りやすいのは、2020年版。

凝ったデザインで可愛かったのは、2021年の穴あきタイプ。

そして今年のデザインは、切る時もチーズを刺して食べる時にも両方使いやすい形になっています。

ミニチーズナイフは「おまけ」だけれど、使い勝手とサイズ感がちょうどいいので我が家では利用頻度高いです。

エルミタージュブリーはどんな味?

「エルミタージュ ブリー」はフランスの白カビチーズ。

クセがなくてとっても美味しいチーズです。

カルディでは1個の重さは120gでカットされた状態で販売されています。

冷蔵品のため賞味期限は短め。

だいたい購入後1週間から10日以内の賞味期限になっています。

いつも利用しているカルディ店舗の場合、チーズを購入すると保冷剤は無料で付けてくれるので安心。

※保冷剤がどの店舗でも無料なのかどうかは不明です

エルミタージュブリーは牛さんの絵柄のパッケージ。

トリコロールカラーと白いチーズがよく合うデザイン。

カルディでは一年中いつでも販売されていて、美味しい白カビチーズなのに価格も安め。

外側は少し硬めの層、そして内側はとろっと濃厚でクセのないクリーミーな味わい。

とっても美味しくて安いので我が家では年に何度も購入しています。

チーズナイフ付きは数量限定で販売期間も限られていますが、このチーズ自体はいつでもカルディで買えます。

ナイフ付きじゃなくても十分お得感のあるチーズです。

エルミタージュブリー 開封方法

カルディに売っているパッケージの開封方法もご紹介しておきます。

まず、チーズの太い部分のセロテープの封を取ります。

チーズは三角形の形にぴったり入っています。

チーズのカット面はプラスチックのシートで覆われています。

ちょうどチーズの両端部分に持ち手が長い部分があるので、それをスッと引っ張ります。

そうすれば、チーズはきれいな状態で取り出せます。

この方法で開封すれば、一度に全部食べない時に冷蔵庫に戻しやすいのです。

チーズを食べる時には、カット面に貼り付けてあるプラスチック製のシートをゆっくり剥がします。

シートはVの字に貼り付けてあります。

シートを剥がしたら、お好みのサイズにカットして食べます。

もし少しだけ食べる時には、チーズをカット後にシートを再びカット面に貼り付けてから、牛さんの絵柄のパッケージにそのまま差し込めば乾燥せずにチーズを元に戻せます。

開封方法はいろいろあると思いますが、この方法で開封すれば一度に全部食べない時に保存しやすく、その後もまた取り出すのも簡単です。

ミニチーズナイフ 切れ味はどう?

ミニチーズナイフはおまけではありますが、毎年チーズは切りやすい構造です。

2022年版のミニチーズナイフの切れ味はどうでしょうか?

早速購入したブリーチーズを切ってみました。

まずチーズナイフを洗って拭いてきれいな状態にしてからチーズを切ります。

最初に細い部分を切ってみました。

このチーズはよく冷えた状態の方がカットしやすいです。

チーズナイフの先端部分は少しギザギザになっていてチーズが切れます。

ミニチーズナイフは、少し押し切りにすると切りやすいです。

細い部分はきれいに切れました。

カット面もチェックしてみます。

細い部分のカット面もきれいですね。

では次に、真ん中ぐらいの太い部分を切ってみます。

チーズナイフは小さめだけれど、太い部分も切れます。

少し抑えながら、押し切りでもちゃんと切れました。

では、最後にチーズを少し細めに切ってみます。

1センチ弱ぐらいの厚みに切りました。

チーズが冷えていれば、このくらいの厚みも問題なく切れます。

押し切りなので断面には少し筋が入りますが、とってもきれいに切れました。

細くても、太くても、薄めでも、ちゃんと切れますよ。

スパッと切るというより、押して切る感じ。

2022年版のチーズナイフは、先端部分と持ち手部分が2021年版より改良されていて切りやすいです。

先端も刺しやすい形。

ナイフはミニだけれどこのブリーチーズを食べるのには困らないと思います。

カットするだけでなく、ピック代わりにも使えます。

※先端部分が少し尖っているので、その点は注意が必要かと思います。

揃うと便利♪ミニチーズナイフ

ブリーチーズに付いている「おまけ」のチーズナイフは数が揃うと意外とけっこう便利。

家族や数人でチーズを食べる時に、それぞれがチーズナイフ兼ピックとして使えるから。

この数量が限定のミニチーズナイフの場合、毎年デザインが少しずつ違うので大皿やチーズボードなどで気軽に食べている時に自分のナイフが分かりやすい。

我が家にはこの4本と、もっと以前の「ル・ルスティック」ブリーチーズのミニチーズナイフも2本あるので、その時々で好きな形を使っています。

「おまけ」のナイフだけれど数が増えてもデザインが違ので使いやすいですよ。

ブリーチーズ おすすめの食べ方

カルディに売っているブリーチーズは、クセがなくてとっても食べやすくて美味しいです。

ワインのおつまみに、サラダやサンドにもとてもよく合います。

そのまま食べても十分美味しいけれど、私が最近ハマっている美味しい食べ方もご紹介します。

その食べ方は、ブリオッシュ生地のパンを使って作るオープンサンド。

ブリオッシュのパンを切って、バターなどは塗らずに生ハムを乗せてから、厚めにカットしたブリーチーズを乗せて食べます。

以前はバゲットなど硬いパンに挟んで食べるのが好きでした。

でも、たまたま甘いブリオッシュの食パンで作ってみたら大成功。

とろけるようなブリーチーズはバターのようなコク、そして生ハムの塩分がブリオッシュ生地のパンとすごく合うのです。

「ブリオッシュ&ブリーチーズ&生ハム」の組み合わせ、とってもおすすめなので是非試してみてください。

まとめ

カルディで今年も冬のお楽しみ、ブリーチーズにミニチーズナイフが付いて販売されたので早速2022年版のチーズナイフのデザインや切りやすさ等をご紹介しました。

2022年冬のミニチーズナイフは今のところ1種類だけ売っていました。(→追記:12月後半にナイフは2種類になっていました。もう1種類は2020年のナイフと同じデザインでした)

チーズの「おまけ」でついてくる小さなチーズナイフではありますが、ブリーチーズを切ったり刺したりして食べる時にも使いやすいです。

毎年デザインが違うこのミニチーズナイフは数量限定商品ですので見かけた時にチェックしてみてくださいね。

デザインが違うから毎年買っても、みんなで食べる時に見分けが付きやすくて便利です。

もちろんブリーチーズも美味しいです。クリスマスや年末年始のオードブルにもおすすめです。

▼関連記事

カルディ数量限定♪ミニチーズナイフ付きブリーチーズがGWにも買えました!
カルディで冬に限定販売されていた「ミニチーズナイフ付きブリーチーズ」がGWにも販売されていて、思わず買ってしましました! チーズナイフ付きバージョンはずっと冬期(11月後半〜翌年1月初め頃)にしか売っていなかったので店舗で見か...
カルディ冬の数量限定♪ブリーチーズに付いてくるミニチーズナイフは毎年デザインが違う!
カルディで冬にブリーチーズを買うと「小さなチーズナイフ」がプレセントで付いてくることがあります。 今年も11月にカルディに行ってみたら、チーズナイフ付きのブリーチーズが販売されていました。 このナイフ付きブリーチーズはそ...
カルディおすすめ冷凍イタリア産モッツァレラ、解凍するとモチモチ食感に変化します♪
カルディで6月にイタリア産冷凍モッツァレラも買いました。 この冷凍モッツァレラは昨年一度買って美味しかったので、今回は2回目の購入です。 カチカチに凍った状態で売っているけれど、解凍するとモチモチしたフレッシュなモッツァ...
カルディおすすめ冷凍カルツォーネ「トマト&ベーコン」と「チーズ」どっちが美味しい?
6月はカルディで冷凍の食品だけを買いました。 今回は、冷凍カルツォーネ「トマト&ベーコン」と「チーズ」の記事です。 外出自粛後も我が家は、夫はテレワーク継続・息子もオンライン授業のままなので引き続きランチ作りが必要。 ...