10年以上リピ買してるコストコのバスティッシュ。2枚重ね・ふんわり・厚手!コスパ満足♪

我が家は10年以上このバスティッシュをリピ買いしています。

あまりに慣れ親しんでいて今まで詳しく書いたことがなかったので、今日はコストコのバスティッシュを買っている理由と収納場所などについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

コストコのバスティッシュ 普通のトイレットペーパーとはどこが違うの?

■コストコ バスティッシュ30個入り

■3/19購入価格 2298円(税込)

バスティッシュはコストコオリジナル「カークランド」ブランドのトイレットペーパーです。

30ロール入りで価格は2000円以上するため、単純計算で1個70円以上になり「高い」と感じて買わない人も多いかも。

私も10数年前、コストコに通い始めた頃は「トイレットペーパーにしては高すぎる」と思って手を出しませんでした。でもリピーターさんらしき人達が迷い無くカートインしている姿を見て、値段は高いけど支持されている理由があるはず!と思って試しに買ってみたところ、使用感が気に入って愛用者になった一人です。

1月後半にコストコ行った時にも買いました↓

<1月購入時写真>

もちろん30ロールを2ヶ月で使い切った訳ではないんですよ!

3月は防災備蓄のため、備えのために今回も買っただけ。30個はなかなか減りませんので、ご安心くださいね。現在も1月に買った分を使っている最中ですから(^^;)

バスティッシュをリピ買いしている理由

バスティッシュ、我が家が気に入っているポイントを書いてみると、

・1ロールの巻きが長い(←長持ちする)

・紙質がふんわり柔らか(←肌当たりが良い)

・厚手の2枚重ね(←沢山使わなくてもいい)

・カットラインの間隔が短めでカットしやすい

・エンボス加工の小さなバラ模様がかわいい

バスティッシュは上の写真の大きなビニールパッケージを開けると、6ロールづつ1セットになって5セット入っています(合計30ロール)

1セットはこんな風に↑パッケージされています。この包装から出すと個包装無しのトイレットペーパー6個が出てくるのです。

1ロールは、幅114ミリ×長さ42.9メートル(2枚重ね)

1巻きが42メートル以上あるんです!

日本のメーカーの一般的なトイレットペーパーはたぶん30メートル前後だと思います。

バスティッシュを使う前に普通に買っていた物と比べたときも約1.3倍の長さでした。

長さが1.3倍位、厚手のため長さが短くて済むため、実質1ロールで約2倍ぐらい持つのです。

私の個人的感覚ですが、日本メーカーのトイレットペーパーを使うときの長さの約半分で十分なほど。

長さやだけでなく、紙質も気に入っています。

バスティッシュは、2枚重ねでとても肌当たりが柔らかい紙質です。水分ですぐ破れてしまうような紙とは全然違います。柔らかいのにとても丈夫。だから1回に使う長さが短くて済みます。普通のトイレットペーパーから切替えたばかりの時はついつい長くカットしてしまうのですが、使い慣れてくるとそんなに長さが必要ない事が感覚で分かってくると思います。

日本メーカーのトイレットペーパーより巻きが長い分、1個が重め。

長さが短くて済むのに拭き心地がとてもいい!

そこが1番気に入っている所。

結果として、1ロールが長く持ち、単価計算だけでは数値としては示せないけれど、トータルの満足感が全然違います。

この点は、コスパをどう計算してお伝えしたらいいか分かりませんが、「使ってみて初めて分かるコスパの良さ」とでも表現したい感じです。

機能性とは違いますが、もう一つ気に入っているポイントがあります。

それは、エンボス加工のバラの模様があしらわれていること。

写真アップにしたら見えるかな?

小さなバラ模様が可愛らしいんです。

カットラインの破線も間隔短めに入っていて、使いすぎを防げます。欲しい量だけ微調整できるなんてコストコ商品とは思えないような細やかさを感じる珍しい商品(^^;)

トイレットペーパー、女性なら一日に何度も使う物だから、肌当たりが優しくて、使って満足感のあるものを使いたいですよね。

コストコのバスティッシュは香料はないです。華やかな香りがお好きな人にはちょっと淋しく感じるかもしれません。香料なしでも変な香りもしないのでご安心ください。

バスティッシュの収納どうしてる?我が家のトイレ収納ちょっとだけ公開します

数年前までバスティッシュは全て個包装でした。でも途中からこの6ロール×5セットに切り替わりました。

以前の個包装の方が良かったな、、と思うのですが、過剰包装を減らすと言う意味では現在の6ロールセットはコンパクトですよね。

個包装の時にはトイレ吊り戸棚に前後ずらして2段に入れると沢山入れることができたのですが、6ロールセットだと形が固定されてしまい12個しか入らなくなってしまったことが残念かな。

実際どんな風に収納して使っているのか、我が家の実例を載せてみます。

トイレには両開きタイプの吊り戸棚収納があります。

左側の扉を開けた位置にバスティッシュを2セット(合計12個)セットしています。

奥行きが浅いため、個包装なら前後ずらして沢山収納できたのですが、現在はこんな感じ。

下の段はすぐ使えるようにパッケージを開けて裸状態のバスティッシュを並べています。

バスティッシュは6ロール×5個セット。残り3セットは押し入れ天袋に収納して待機。

トイレ収納のこの場所が空いたら天袋から1セットずつ移動する、という補充方法です。

吊り戸棚の右側も同じ大きさです。右側には衛生用品や掃除アイテムを収納しています。右側にバスティッシュは入れていません。

パッケージから出して裸状態のバスティッシュは、取り替えるときには便利ですが、湿度が高い時期などはこのままで衛生的にどうかな?と思ったり、、(湿気でカビたりした事はないですよ)

我が家は来客が少ないから、今は気にせずこんな風に使っています。

バスティッシュは、ストックを置く場所が必要です。置き場の心配が無ければ是非1度使ってみて欲しいコストコ商品です。

1ロールの持ちがすごく良いので長いスタンスで考えると、使用感と満足感がとても高く、トータルでコスパ良し!

コストコには日本メーカーのトイレットペーパーも売っていますが、私は今後もバスティッシュ派(^_^)

コストコは好みが分かれる商品も多いです。

電卓だけでは分からないお得感、買って使って初めて良さが分かる商品多いのもコストコならではの良さかな(*^_^*)

あまりに普段の生活に溶け込んでいて今まで紹介してこなかったコストコ日用品の事も、今後は時々書きますね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク



フォローする