【ふるさと納税】第11弾!北海道増毛町から明太子が2箱も届きました♪

スポンサーリンク

 

ふるさと納税、第11弾は北海道増毛町(ましけちょう)です。

明太子の御礼品で探して、容量がちょうどいいセットを選びました。

▶増毛町のお礼品はこちら>>北海道増毛町

スポンサーリンク

北海道増毛町の明太子2箱

 

■明太子2箱(500g×2個)+お米(300g)

■寄付金額 1万円

■冷凍

お米も一緒に冷凍の箱に入って届きました。お米の種類は「南るもい米」

「南るもい米」300gはちょうど2合分。解凍してから炊いて食べました。

コシヒカリのようなもっちり感とは違って、スッキリとした味わい。

明太子にとてもよく合うお米です。

2015-12 mashike3-min

ふるさと納税の御礼品で「明太子」を探すと全国いろいろヒットします。

福岡の博多などは有名ですし、寄付金する方も多いと思ったので、九州は外して北海道で探してみた結果、今回は増毛町を選びました。

明太子 箱の中身

 

 

明太子は、500g×2箱(冷凍)

賞味期限は、2016年6月4日

紙の箱を開けると、内箱が密閉されて入っていました。

自宅用なので1腹が大きいサイズの贈答用ではなく、食べやすい小ぶりの明太子が希望でした。

ふるさと納税の御礼品を紹介する写真だけを見ても、自治体によって詳細説明が全然違うため掲載写真を信じてみるしかないですよね。

さあ、増毛町の明太子はどんな内容でしょうか?

凍った状態のまま開封してみました↓

2015-12 mashike6-min

箱を開けると、凍った明太子がたっぷり、1箱に9腹。

割れや欠けはなく、小ぶりですが太めの明太子です。

明太子の解凍方法

冷凍で届いた明太子。

コチコチですが、早速食べたくて2腹を解凍しました。

解凍方法はとても簡単。

まず、箱から食べたい個数を取り出します。この明太子は凍っている状態ではくっついて見えますがポキッと折る感じに箱から出す、1腹づつ取り出せます。

取り出した明太子をお皿に移し、冷凍庫から冷蔵庫に移して数時間ゆっくり置いておくだけで美味しく解凍できました。

2015-12 mashike7-min

数時間、冷蔵庫で解凍完了。

解凍しても変な水分は全く出ませんでした。

とっても綺麗な明太子です。

2015-12 mashike8-min

カットして、夕食に食べました。

辛さはマイルド、小さ目の粒がプチプチと口の中で弾けて食感も良く、とっても新鮮!

すごく美味しかったです。

1箱分は、2腹ずつラップして、小分けにしました。

少しずつ解凍して食べられるから少人数家族にもピッタリの明太子でした。

まとめ

12月に北海道増毛町から届いた明太子セットをご紹介しました。

今回はこの明太子にして大正解でした。

全国に明太子を返礼品にしている自治体はたくさんあります。いろいろなサイズや容量がありますので、それぞれのご家庭に合ったものを探してみてくださいね。

冷凍で届く明太子は簡単に解凍できて美味しいですよ。

▶増毛町の明太子お礼品はこちらで探せます>>北海道増毛町

冷凍で届く明太子は、賞味期限長いから「ふるさと納税お礼品」としてオススメです。

▼ふるさと納税はWEB申込で無駄なく!

WEBでふるさと納税!さとふる