コストコ「KS21穀オーガニックブレッド」冷凍方法・美味しい食べ方(焼き方)

昨年新しくなったコストコのオーガニックブレッド。

21種類の雑穀が配合されたオーガニックの大きな食パンが2個セットで販売されるようになりました。

柔らかくて、ほんのり甘く、外側についている雑穀がプチプチとした食感でとても美味しいパンです。

薄くスライスされた状態で売っているので、食べる時に切る手間もかからずとっても便利。

美味しいコストコのオーガニックブレッドの味・焼き方・冷凍方法についてご紹介します。

YouTubeの動画はこちら

▼YouTubeの動画でも詳しくご覧頂けます

コストコ オーガニック全粒粉雑穀パン 冷凍方法&食べ方, KS 21 GRAINS ORGANIC BREAD,COSTCO JAPAN

KS21穀オーガニックブレッド 価格・容量

■KS 21穀オーガニックパン 765g×2

■購入時価格 838円税込(※2019年9月)

■スライス済みで包装されている

このパンはコストコのオリジナルブランド「カークランド」の商品です。

材料に21種類の有機雑穀が使われているオーガニック食パンが2本セットになって販売されています。

入っている雑穀だけでなく砂糖などの基本材料も全てオーガニック。

パッケージの材料の欄を見てみると使われている雑穀の種類がわかります。

全てオーガニックの「全粒小麦、玄米粉、ライ麦、ひまわりの種、黒ごま・白ごま、キヌア、粉末アマニ、アマランス粉、そば粉」で作られています。

1本の重さは765g、2本で1500g以上あるので、結構ずっしりした重量感。

大きなパッケージは空気穴があります。1本ずつの個包装の袋は穴は開いていません。

個包装からパンを出すと、

こんな風に全て薄めにスライスされています。

購入した時のパンは、両端付きで1本が17枚にスライスされていました。

パンは薄い茶色で表面にひまわりの種やごまなどが付いています。

パン生地の中には大きな粒の雑穀や種は入っていません。

1枚がとても柔らかく、ほんのり甘さのある優しい味わいのパン。外側についている雑穀類のプチプチとした食感と中の柔らかい生地とのバランスがとても良いです。

ちなみに、以前もこのオーガニックパンは売っていましたが2種類あったものが今回のリニューアルで1種類に変わりました。

以前のパンはこんなパッケージでした↓

この画像は2017年に購入した時のものです。

(左)雑穀入り  (右)全粒粉(雑穀なし)

雑穀が入っているバージョンと、全粒粉のパン(雑穀なし)の2種類それぞれ1本単位で販売されていました。

1本の大きさも新しいパンより小さめでした。

過去のパンの味と新しくなったパンの味を現在は同時に食べ比べることはできませんが、過去に買った経験から言ってみると、

雑穀の入ったパンが好きなら、新しくなったパンはきっと気に入ると思います。

以前は1枚が普通の食パンより少し小さめだったため、新しいパンの方がサンドなども作りやすいです。

雑穀系のパンが好きなら絶対気に入ってもらえるパンです。

美味しい食べ方

このパンは、購入後数日間は柔らかい状態です。

そのまま食べても、トーストして食べても美味しいです。

トーストすると、外側の雑穀のプチプチ食感が香ばしくなりオススメです。

また、優しい甘さのあるパンなのでサンドを作って食べるのにもとてもむいています(おかず系でもジャム系でも)

冷凍方法・解凍方法(焼き方)

このパンは冷凍にも向いています。

冷凍したパンもトーストすると、香ばしさが復活します。

食べる時は、凍ったままトーストするだけです。解凍する必要はありません。

冷凍しても風味はあまり落ちないので、2本セットでも最後まで美味しく食べられます。

今回は、1本ずつ個包装の袋のまま冷凍しました。

凍ると1本にカチッとまとまってくっついています。

開封してみると、完全に1本にくっついている訳ではなく数枚ずつくっついている状態。

くっついている部分を手やトングなどで開くように離してあげれば、1枚ずつに別れます。

1本丸ごとで冷凍しても、1枚ずつ必要な枚数だけ冷凍庫から取り出して食べられるので無駄がありません。

個包装の袋は穴が開いていないのでそのまま冷凍できて便利でした。

2本セットで入っている方の大きな袋には空気穴が開いていますし、売り場でいろんなお客さんが手にとっている場合もあるので外袋ごと冷凍することはおすすめしません。

美味しい食べ方

このパンはどんな風に食べても美味しいです。

私の一押しは、軽くトーストしてから具を挟んでサンドで食べる方法です。

作った時の様子を画像でご紹介します。

どんな具を挟んでも合います。

今回は、サラダの具材とサラミを挟みました。

パンを冷凍した場合は、凍ったまま軽くトーストしてから使います。

具材を挟んでから、手のひらで少しグッと上から押すようにしてなじませてから半分にカット。

お皿に移してから食べました。

お弁当に持っていく場合には、オーブンシートなどで包むと形も崩れず食べやすいです。

パンを軽くトーストしてあるので、外側の雑穀がプチプチ食感。

生地はトーストしてもそれほど硬くなく、少しもちっとして1枚は薄めのスライスだけど食べ応えがあります。

オーガニックの商品と意識しなくても、このパンは雑穀の癖がなくて食べやすい美味しいパンでした。

大きいので買うのをためらっていた方も、簡単に冷凍できることを知っていれば少人数家族でも無駄なく最後の1枚まで上手に食べられます。

まとめ

2019年に新しくなったコストコのオーガニック食パンは、以前も美味しかったけれどリニューアルで1本が大きくなり、雑穀もさらに美味しくなった気がします。

雑穀系のパンがお好きならきっと気に入っていただけるパンだと思います。

冷凍しても味があまり変わらないので、無駄なく美味しく食べられてオススメです。

このパンはこの記事を書いている2020年も引き続き販売されていますので、コストコ店舗でぜひ見てみてください。

※コストコ店舗によって取扱商品と価格に違いがある場合もあります。この記事は購入時の内容です。

詳しい商品紹介はYouTubeでも公開しています。

マフィンチャンネルでご覧ください。