エポスゴールドは家族にポイントをすぐシェアできる♪手続きはとても簡単&即時反映!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エポスゴールドのボーナスポイントが付与されたので、初めてファミリーゴールドを使っている家族にエポスポイントをシェアしてみました。

ファミリー登録している家族同士なら1Pから利用できるこの「家族にポイントをシェア」のシステムは手続きがすごく簡単でポイントも即時反映!

今回は、エポスゴールドでファミリー登録している家族にポイントシェアする方法と手順、そしてこのシステムがとても使いやすいと思った理由についてご紹介します。

スポンサーリンク

エポスファミリー ポイントシェアとは?

エポスゴールドカードは、ファミリー登録をしている家族同士でポイントを1Pからシェアすることができます。

ポイントシェアとはいわゆる「家族間でのポイント移行」です。

  • 1Pからシェアできる(ファミリー登録をしている家族同士で)
  • ポイントを保有している本人が手続きを行うだけ
  • エポスNetマイページから手続きできる
  • ポイントは即時反映(シェア当日すぐポイント残高に反映

手続きはアプリやNetからできて、シェアする方法もとても簡単でした。

初めてでも問題なく手続きできましたので、その実際の手順もご紹介します。

家族にポイントをシェアする方法

家族にポイントをシェアする方法はとても簡単です。

エポスNetマイページの「ポイントを使う」内の「家族にポイントをシェア」から手続きするだけです。

エポスアプリでのポイントシェアの流れ(手順)

今回はアプリからポイントシェアをしてみたので、その手順と流れを順番にご紹介します。

エポスアプリの場合「エポスポイント」のポイント数をクリックすればポイントシェアのバナーが表示されるので簡単です。

ポイント数をクリックすると、「ポイント照会」のページが表示されます。

ポイントを「つかう」のメニューの中に「家族にポイントをシェア」というメニューが選べます。

この部分をクリックするとエポスNetの「ポイントを使う:家族にポイントをシェア」で手続きできるようになります。

現在のポイント残高が表示されます。

家族にシェアしたいポイント数がここで入力できます。

1Pから好きなポイント数をシェアできます。

このページを下にスクロールすると、ファミリー登録している家族会員の名前が表示されます。

我が家の場合、ファミリーゴールドを持っているのは1人だけなので1人分の名前が表示されました。

そして、シェアする時に家族にメッセージを送ることができます。

150文字までの文章が入力できます。ここは「任意」なのでメッセージは空欄でもOK。

今回は家族に1000Pをシェアしてみました。

入力した画面はこちら↓

試しにメッセージも送ってみました。

メッセージは別に入れなくても平気です。

シェアの実行前に「本人確認」のためセキュリティーコードの入力が必要でした。

セキュリティーコードはエポスカードの裏面に印字されている3桁の数字です。

本人確認が終わると、「交換手続き完了」が表示されます。

シェアするとポイント残高がすぐ減って、シェアした家族の方に即時反映されていました

私の場合は、1000Pシェアしたので

私の残高は、実行前:34,000P→実行後:33,000P(−1,000P)

家族の残高が、+1,000Pにすぐ増えました。

※ポイントの端数は省略して記載しています。

▼私のポイントが1,000ptが減って

▼家族の残高に+1,000ptが加算

シェア手続き完了後、本当にすぐ家族の残高に反映されました。

手続き方法の簡単さと、ポイント移行の反映の速さにびっくりです。

ポイントシェア とても良いと思ったポイント

今回初めて実行してみて、この家族へのポイントシェアがとても良いシステムだと思いました。

実際にポイントシェアして感じた良い点4つは、

  • 手続きがとても簡単
  • 1Pから好きなポイント数をシェア(家族に移行)できる
  • ポイント反映が即時で早い
  • 他のポイントに家族名義でポイント移行したい時などに使えそう

本当に、手続きがとても簡単でした。

そして、1Pからでもシェアできるので家族間のポイント移行がしやすいです。

一番びっくりしたのは、ポイント反映の速さです。

以前セゾンカードの永久不滅ポイントを家族間で移行したことがあるのですが、その時より手続きが簡単で反映も早いと感じました。

このポイントを家族にシェアできるシステムは、上手に使うと利便性がかなり高いと思ったことも今回実行してみてわかったことです。

エポスポイントは他社のいろいろなポイントに移行できる特徴があります。

例えば、ドコモユーザーの場合はdポイントにも等価交換もできます。またJALやANAのマイルにも移行できます(交換先は多数ります)

そして、エポスゴールドの場合はエポスポイントの有効期限がないため、ゆっくりじっくりポイントを貯めることができるため、家族が他社のポイントに交換したい時に沢山貯めておいてシェアしてあげることができます。

エポスポイントはエポスプリペイドカードにチャージして1P=1円として買物に使うこともできるけれど、有効期限が長いこのポイントを買物で使ってしまうのはちょっともったいない気がします。

今回のポイントシェア以外はまだポイントは使わずに全部貯めているのもそんな理由です。

ゴールド1年目でもけっこうポイントが貯まることが分かったので、今後もコツコツ増やしていこうと思っています。

まとめ

エポスゴールドのポイントシェアで家族にエポスポイントを移行する方法、手順、実行して分かったことなどをご紹介しました。

ファミリー登録している家族間で1Pからシェアすることができるこのシステムは、手続きも簡単!

ポイントも実行後すぐ反映されるのでとても便利だと思いました。

エポスゴールドの場合、ポイント有効期限は無期限なのでポイントをゆっくり貯めることができます。

お買物でポイントを使うこともできるけれど、ゴールドはポイント有効期限がないのでその特徴を最大限に生かせるポイント活用方法をいろいろ試していきたいです。

今回はファミリーボーナスポイントで付与された1000Pを家族にシェアた時の様子をご紹介しました。

▼関連記事

2022年4月、初めてエポスゴールドで100万円達成♪ボーナスポイント&ファミリーボーナス付与日はいつ?
エポスからの招待でエポスゴールドに切り替えてから1年間が過ぎました。 4月末の期限までに無事に私個人分で利用額100万円達成し、6月に初めてボーナスポイントが10,000Pが付与されました。 また、家族も1枚エポスゴール...
主婦でもエポスプラチナのインビテーションが届いた♪招待日・申込み期限・特典内容について
エポスカードから初めて「エポスプラチナカード」のインビテーション(招待)が届きました。 昨年4月にエポスからの招待でゴールドカードに切り替えてから1年しか経過していませんが、主婦の私でもプラチナの招待状を頂くことができました。...