さようならビックカメラSuicaカード(解約・退会するまでの手順と注意点)2020年版

今年の春、長く愛用してきたビックカメラSuicaカードを解約(退会)しました。

年1回のクレジット決済があれば年会費無料のカードなので解約せず持っていたのですが、昨年はうっかりしていて年会費が発生してしまったのです。

春はコロナの自粛期間中に時間ができたので、思い切って解約手続きをしました。

解約手続き自体は難しくないですが、ビックカメラのポイントやSuicaのチャージ残高がある場合には事前にすることがあったので、どの順番で実行するのかよくわからず少し戸惑いました。

手続き方法を調べても分かりにくいこともあったので、今回私が実行した手続きの流れを記録しておきます。

※この記事は2020年5月に退会手続き完了した時の内容です。

ビックカメラSuicaカード 使わなくなった理由

ビックカメラSuicaカードは、2013年に入会しました。

年1回以上のクレジット決済があれば年会費は無料のクレジットカードです。

Suica用のカードとして、またビックカメラでの決済&ポイントカードとしてずっと使ってきました(今使っているミラーレス一眼やiPhone機種変更もこのカードで支払いました)

その後、2018年にJALカードSuicaを作ったため、ビックカメラSuicaカードは決済用として使うことがなくなりました。

主婦が本会員でJALカードSuica&家族カード♪申込から届くまで&利用可能額は少ないの?
10月に新しくJALカードSuica&家族カードを作りました。本会員は主婦の私、家族カードは大学生の息子用です。 この夏から新しくJALカードSuicaで家族カードが誕生した事を知り、電車利用が親子で多めなので使ってみることに...

ただし、同じViewカードであるJALカードSuicaを作った後すぐに解約するのはやめた方がいいかな?と思いそのままキープしていたのです。

年1回のクレジット決済があれば年会費無料のカードなので解約せず持っていたのですが、昨年は決済に使うのをうっかり忘れてしまい、年会費(税込540円)が発生してしまいました。

そんな理由から、今年の春に、思い切って解約手続きをしました。

解約(退会)前にすること

ビックカメラSuicaカードは解約(退会)する前にいくつか事前にするべきことがあります。

  1. Suicaの残高が残っている場合
  2. JRE POINTが残っている場合
  3. ビックカメラのポイント残高がある場合

1.Suicaの残高が残っている場合

カードのSuicaに残高がある場合は解約前に全て使い切るか、J R駅に設置されていエキナカATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)で払い戻し手続きをしておきます。

お住まいの近くに「VIEW ALTTE」がない場合は、退会申込書を返送する時にカードを一緒に返送すれば登録してある口座へ返金してもらえます(※カードの返送がない場合は返金不可)

私の場合は、「VIEW ALTTE」でSuica残高を払い戻して、カードのオートチャージ機能も停止手続きしておきました。

モバイルSuicaにチャージした残額はカード解約後も使えたので問題ありませんでした。

2.JRE POINTが残っている場合

退会するカードだけでJRE POINTを貯めていた場合は、カードを退会するJRE POINTは失効されてしまいます。

もし退会するカード以外にもJRE POINTが貯まるビューカードを持っている場合は、そのままポイントが残ります。

他のビューカードを持たずにJRE POINTを引き続き利用したい場合は、

退会前に「カード掲示でポイントが貯まるJRE POINT加盟店」でJRE POINTカードを作成し、

JRE POINT WEBサイトで2枚のカードのおまとめ手続きをした上で退会届を返送すればポイントが引き続き継続できるそうです(※退会に伴う注意事項に記載あり)

私の場合は、ビックカメラSuicaカード以外にJALカードSuicaカードを持っていたので、退会してもポイントはそのまま自動で引き継げていました。

3.ビックカメラのポイントが残っている場合

ビックカメラのポイントが残っている場合は、無理に使い切らなくても解約前なら物理的カードにポイント移行もできるし、アプリで登録すればポイント残高は失効しないので安心です。

方法はこの記事の後半に記載しておきました。

解約(退会)までの手順

今回このカードを解約(退会)するまでに行った流れは私の場合、下記の順番で行いました。

  1. 「VIEW ALTTE」でSuicaの残高を払い戻し
  2. 「VIEW ALTTE」でSuicaのオートチャージ設定を解除
  3. ビックカメラ店舗で物理的「ポイントカード」にポイントを移行(※アプリを利用する場合はアプリ上でポイント共有できる)
  4. ビューカードセンサーに電話して退会届を請求(自動音声のみ)
  5. 退会届とカード(ICチップにハサミを入れて)を返送(返信用封筒でポスト投函)
  6. 後日、ViewカードHPのマイページで退会を確認

【補足説明】

  • 私の場合、2018年に既にカードを使わなくなった時点で1番と2番は済ませておきました。
  • 3番のビックカメラのポイント移行(共有)はアプリをダウンロードしてアプリ上でポイントを共有する場合には店舗へ行く必要はありません。私は銀色の普通のポイントカードに戻したかったので店舗で手続きしました。

銀色ビックカメラポイントカードにポイント移行する方法

ビックカメラSuicaカードを解約する前に、ビックカメラのポイントがカードに残っている場合は、ポイント残高を使い切らなくても、ポイントを残す方法があります。

方法は下記の2つ、どちらか片方でok。

①解約前にビックカメラのアプリにポイントを登録(共有)する

②店舗で物理的ポイントカードを作ってもらい、ポイント残高が反映(共有)されるように設定してもらう

私は物理的ポイントカードに戻したかったので、店舗で手続きしました。

店舗で新しく銀色の物理的な「ポイントカード」を作り、そのポイントカードにビックカメラSuicaカードに残っているポイント残高が反映(共有)されるように設定してもらいました。

この設定をしておけば、解約前にもしビックカメラSuicaカードに新しくポイントがついても、銀色のポイントカードと共通ポイントになります。クレカを解約しても銀色カードの残高が消えなくなるので安心です。

ここがちょっと分かりにくくて、店舗で教えてもらいました。

銀色カードを作っただけではポイントは反映されません

店舗の受付カウンターでポイントを共有する設定してもらう必要があるのでご注意ください

ポイントカードを作って共通設定してもらう時には身分証明書は不要でしたが、本人である確認として「登録住所・電話番号・生年月日」を口頭で確認されました。

ビューカード退会届の請求方法

ビックカメラSuicaカードはビューカード発行のため、退会したい場合はビューカードセンターに電話して退会届を請求します。

カードの裏面に書かれてある電話番号に電話すると、自動音声で退会届を申し込みできます。

全てプッシュ回線のボタンを押すだけで退会届を請求でき、とても簡単でした。

自動音声はすぐ繋がったのであまり時間はかかりませんでした。

届いたカード退会届の用紙

電話で申し込みしてから1週間後ぐらいに、カード退会届が封書で到着。

封書の中には、退会届のついた案内書・返信用封筒・カード返却用の台紙(黄色)

の3つが入っていました。

退会にともなう注意事項も(Suicaの残高払い戻し方法等)の詳細も書かれてあります。

「VIEW ALTTE」の設置駅も路線図で書かれていました。

退会届は返信しなければ退会手続きは行われないので、もしSuica残高が残っている場合にはこの説明書を読んでから払い戻しに行っても遅くないです。

 

退会届の返送方法(カードも一緒に返送する)

退会届は下記2点を返信用封筒に入れてポストへ投函します。

  1. 退会届(必要事項を記入)
  2. カード返却用台紙(退会するカードを貼って送るための用紙)※黄色い紙

カードの退会届は必要事項を記入して、切り取り線で切りとります。

 

退会するカードはICチップ部分にハサミで切り込みを入れてから、黄色い台紙に貼って返送する必要があります。

黄色い台紙は、ペラペラの紙なのでテープで貼ってしっかり止めました。

退会届とカードを貼った黄色い台紙を返信用封筒に入れて、ポストへ投函すれば作業は完了です。

ビューカードセンターに送ったこの退会届は後日無事に退会処理されましたが、手続き完了等の連絡は一切来ないのでご注意ください。

退会手続き完了を知る方法は?

退会届を返送しても、その後何か連絡が来るわけではありません。

しばらくしてから、手続きが無事完了しているかどうか、私もちょっと不安になりました。

私の場合、4/15に返信用封筒をポストへ投函。

5/15にビューカードのマイページにログインして、ビックカメラSuicaカードを選ぶと「退会済」という文字になっているのを見て初めて退会できたことを知りました。

正確にはいつデータが反映されたのかは不明です。でもポスト投函の1ヶ月後には確認できたのでもう少し前に確認できると思います。

退会したけれどビックカメラ店舗は今も利用しています

5月中旬に退会が確認できて、ビックカメラSuicaカードとは本当の意味で「さよなら」しました。

退会したのは家族カードが使えるようになったJALカードSuicaを使うようになったためであって、カード自体に不満があった訳ではありません。

不満どころか、ずっと年会費無料で使えていたのでとっても良いカードだったと思います。

特に、ビューカードだけれど「VISA」だったので、他のクレジットカードを持ち歩いていない時にも使いやすかったです(数年前は今ほどキャッシュレス社会じゃなかったから)

ある時は、外出時にお財布を忘れてしまって、このカードのSuicaとVISAだけで一日なんとか乗り切った日があったことは今となっては懐かしい思い出です(汗)

現在はJALカードSuicaを私が本会員、家族カードに大学生の息子(通学定期とリンクさせている)、そして今年に入ってから夫用にも家族カードを追加しました(ランチ支払にSuicaが一番使いやすいとの事)

ということで、現在もJRE POINTもしっかり貯めつつ、ビックカメラは実店舗を利用してビックポイントも引き続き貯めています。

クレカは退会したけれど、我が家にとっては今後もビックカメラはメインに使いたい家電量販店です。

まとめ

長く使っていたビックカメラSuicaカードを退会したことについて、手続きした手順をご紹介しました。

Suicaやビックポイントの利用方法は各自違うと思うので、参考程度に読んでください。

私も解約前に情報を探しましたが、ネット上の体験談が人によって(時期によっても)情報が違う点があって分かりにくかったので、自分で手続きした順番とわかりにくかった点を詳しく書いてみました。

最新の手続き方法や正確な内容については、ビューカードの公式HP、ビューカードセンター等でご確認ください。

※この記事は2020年5月に退会手続き完了した時の内容です。