JAL バンコク→羽田 プレミアムエコノミークラス搭乗記201906(JL34)往復乗って分かったプレエコの大きな5つのメリット!

スポンサーリンク

タイのバンコクから羽田へ帰国もJALのプレエコノミークラスを利用しました。

搭乗予定のJL 34便は現地時刻の夜21時55分発(日本時間23時55分)、朝6時ごろに羽田空港に到着する便です。

スワンナプーム国際空港での搭乗手続き、搭乗後の機内サービス、早朝の羽田空港の様子。そして今回往復JALプレエコを利用して良かったと思えた5つのサービスについてご紹介します。

スポンサーリンク

バンコク発JL34便 プレエコの搭乗手続

利用した日、バンコク・スワンナプーム国際空港のJALカウンターは夜19時05分にオープンしました。

JALの帰国便は夜〜深夜にかけての出発予定のため早く空港についてもJALカウンターは時間にならないと開かないのでご注意ください。

少し早めに着いた場合は出発ロビーの下の階に飲食店がたくさんありますので、そこで少し時間を潰すのもオススメです。

JALカウンターがオープンする30分前に出発ロビーに行ってみると、日本人が多く集まっていました。

JALスタッフさん達がカウンター設置を始めた時に、プレエコはビジネスクラスと同じカウンターで手続できることがわかり(看板が見えた)、ビジネスクラスの方に並びました。

カウンターがオープンし、ビジネスクラスの方に並んでいる人から優先的に手続が開始されます。

私達は早めにカウンター近くにいたこともあり、2番目に手続できでスムーズでした。

プレエコがビジネスカウンターと同じだとは知らなかったので待ち時間がとても少なくて助かりました(←出国手続きで更に並ぶ必要あるため)

手続きする時に、横のエコノミー専用カウンターに並ぶ大勢の人が見えて、最初はこの行列に並ぶのだと思っていたので「優先手続き」はプレエコのメリットだと思いました。

チェックインの後は、出国手続きのすごい行列に並びました。

保安検査場を抜けるまでに40分ぐらいかかりました。

スワンナプーム国際空港 免税店・飲食店もたくさんある

やっと保安検査場を抜けて、サクララウンジへ向かいました。

保安検査場右手にあるコンコースDにあるJALサクララウンジへ向かう途中は免税店やショップがたくさん!

とっても広いショップフロアは天井がとても高く、カフェや飲食店も揃っていて免税店もゆっくり買い物することができます。

本当に広くて、移動も大変。

免税手続がある人は、このVATカウンターを利用します。

でも、出発ロビーの手続きカウンターも制限エリア内のカウンターも両方すごい行列!

行列すごくても手続きの職員さんはゆっくりのんびりの対応のため、ものすごく時間かかります。

搭乗までお時間ない場合は注意が必要。

コンコースDのショップフロアは4階、サクララウンジはエスカレーターを降りて3階にあります。

スワンナプーム国際空港内にあるJALサクララウンジを利用した様子は前の記事に書いてあります。

バンコクJALサクララウンジを利用してみた感想(オリジナルチキンカレー・シャワー室)
バンコクから帰国する時もJALのプレエコノミークラスを利用しました。 搭乗するJL034便(スワンナプーム→羽田)は現地時間21:55発予定。 バンコクのスワンナプーム国際空港にはJALのサクララウンジがあり、プレエコは...

ラウンジでシャワー室を借りて、軽いお食事をしてから搭乗口「F」へ向かいました。

バンコク→羽田(JL 34)機内の様子

搭乗時にプレエコは優先搭乗はありません。エコノミーの列に並びます。

ビジネスクラスとエコノミークラスのちょうど中間にあるプレエコの席。

エコノミーは「3−4−3」の座席配列ですが、

バンコク線のプレエコは「2−4−2」、私は夫と二人だったのでJALダイナミックパッケージの予約時点から窓側席を指定しました。

窓側2席で二人だから、誰にも気兼ねなくトイレにも行けるので楽です(←飛行機でこれ大切)

プレエコ席は列が少ないけれど座席が広くてフットレスト・レッグレストもあり足を伸ばして座れる席です。

プレエコの座席やサービスについては羽田→バンコク便(JL 31)の記事に書いてありますので、そちらでご覧ください。

JAL 羽田→バンコク プレミアムエコノミークラス搭乗記201906(JL31)機内食・ドリンク・サービス
6月後半、JALに乗って羽田からバンコクへ行ってきました。 今回は初めてJALのプレエコノミークラス(プレエコ)に搭乗してみました。 評判の良いJALのプレエコ、実際に往復利用してみたら座席も広くとても快適! この...

アメニティー類も往路と同じです。

アメニティーは、

スリッパ・ノイズキャンセリングヘッドホン・アイマスク・モイスチャーマスク・耳栓・歯ブラシセット

アメニティーの入っている袋はビニール製のポーチですが、中身はビジネスラスと同じです。

また夜便のため、エコノミークラスの化粧室にも歯ブラシセットは置いてありました。

機材は「777−200」

往路も復路も同じ飛行機です。

バンコク→羽田 フライトスケジュール

当日のフライトスケジュールは下記でした

現地時刻 21:55  予定時刻に離陸(※日本時間で23:55)

羽田到着 6:00  (少し早めに到着)

約6時間ちょっとのフライト時間。

夜のバンコクは雨が降っていました。夕方市内から移動した時は晴れていました。いつの間にか雨に。

移動中に雨に濡れなくて良かった。

映画を見てから少し寝るとあっという間に羽田に着きます。

フライト時間は短すぎないので、ゆっくりできる感じ。

プレエコ席は後ろの席に座席を倒さなくても座席を広げられる構造なのでエコノミー席よりは少し楽です。フルフラットになる訳でないから熟睡はできないけれど6時間ならプレエコで体もかなり楽です。

機内食・ドリンクサービス・うどんですかい

離陸後1時間後ぐらいに機内食とドリンクサービスがあります。

往路はドリンクサービスが先でしたが、復路は食事と一緒にドリンク・おかきが渡されました。

機内食は1種類のみ。

往路のメニューに書かれてある内容です。

この日のメニューは、

・三色そぼろ丼

・冷たいうどん

・ねぎの黄身酢和え

・フレッシュフルーツ

・お味噌汁

往路で食後に出たハーゲンダッツは帰国便では出ませんでした。

深夜ですが、割としっかりした機内食が出るのですね。

濃いお味噌汁は帰国便でも出ました。出汁たっぷりだけどちょっと味も濃いです。

冷たいお蕎麦とねぎの酢の物がさっぱりして食べやすかったです。

そぼろ丼は風味は良かったけれどポロポロして少し食べにくいかな。ラウンジでカレーを食べてしまったのでお腹あまり空かず、少しだけ頂きました。

食事と一緒にサービスされるドリンク。

プレエコ限定ドリンク(シャンパン・焼酎・ペリエ)は帰国便でも飲めます。

私はスカイタイムをもらって、食後に紅茶を。

機内食トレーにミネラルウォーターも付いていたので寝てから喉が渇いた時に飲みました。

食後にイチゴのデニッシュが配られました。

このデニッシュは朝のドリンクサービスの時にコーヒーと一緒に食べました。

 

機内食が終わると、電気も暗くなり機内は「おやすみモード」に。

バンコク→羽田は、朝食サービスはありません。

でも夜食から朝のドリンクサービスまでにお腹が空く場合には、「うどんですかい」をいつでも注文できます。

帰国便では夜間も男性のCAさんが「うどんですかい」を持って、起きている人に「いかがですか」と声かけてくれました。

私も夫もお腹が空いていなかったのでお断りしました。

映画を観てからウトウト眠ました。

羽田到着の1時間半ぐらい前にドリンクサービスがあります。

窓のシェードを開けたら、富士山が見えました。

早朝の羽田国際線到着ロビーの様子

羽田空港には定刻より少し早い、午前6時に無事に到着。

天気も良かったのでほとんど揺れず快適なフライトでした。

乗ってきた飛行機を見ながら到着ゲートへ向かいます。

早朝に羽田国際線を到着便で利用するのは今回初めて。

朝6時過ぎの到着ロビーはどんな雰囲気でしょうか。

朝早いため入国手続きはとってもスムーズ。

到着ロビーに出てみると、、、

人でいっぱいでした(汗)

海外からもっと早い時間に到着した人で溢れている感じで、椅子はほとんど空いていません。

女性用トイレも渋滞です。

タリーズは人気でした。

早朝に到着すると電車は動いているけれど、観光客の場合は都内に行ってもお店まだ開店していないし、通勤ラッシュの時間でもあるし、羽田でしばらく待機なのかな?

羽田空港国際線ターミナルには、アライバルラウンジ(到着時利用できる有料ラウンジ)がないですよね。早朝にこんなに待っている人を見たら、プライオリティパス で利用できるアライバルラウンジがあったらいいのにな、、と思いました。

私達は空港まで車で行ったので、レンタルWi-Fiを返却してから少し休憩し、車で自宅まで帰りました。

機内でゆっくりできたためか、帰宅して午前中に洗濯も終わり、荷物も当日中に片付いてスッキリ。

プレエコはエコノミーより少し高い分、それなりのメリットは多いと感じた旅でした。

JALプレエコ 往復乗って分かった5つのメリット

バンコク旅行で初めて利用してみたJALのプレエコノミークラス。

プレエコサービスは事前に調べてはいたけれど、実際に往復利用してみて分かったことが多かったので少しまとめてみます。

今回の旅はJALダイナミックパッケージで航空券とホテルだけのセットプランです(送迎オプション無し)

旅行代金(バンコク2泊4日)は一人分、約11万円(燃料サーチャージ込み)

最初はエコノミーで探していたら、ダイナミックパッケージのセールでプレエコ利用でもエコノミーと数千円しか変わらない日程があって、その日程で申し込んでみた旅行でした。

JALダイナミックパッケージのためマイルは貯まるし、申し込み時に座席指定もできるメリットがあり、前回のハノイ旅行から利用しています。

そんな経緯でプレエコを利用してみたら、事前に知っていた情報に加えて、実際に往復乗ってみたらメリットが大きいことが分かりました。

私がプレエコの大きなメリットだと思えたのは下記の5つ

  1. 羽田はチェックイン時に専用カウンターがあり空いていた(バンコクはビジネスクラスと同じカウンター利用できた)
  2. サクララウンジが利用できる(バンコクのサクララウンジも利用できる)
  3. プレエコ座席は広いだけでなくシートの質も良い。設備も充実している。
  4. アメニティーがほぼビジネスクラスと同等(ノイズキャンセリングヘッドフォンが優秀)
  5. プレエコ限定ドリンクが注文できる(プレエコの座席数が少ないためCAさんがよく気づいてくれる)

文字で書くとプレエコの特典として知られていることではありますが、実際に体験してみるとその一つ一つの特典が旅の質を上げてくれる事が分かりました。

往復乗ってみて、帰国後の疲れが全然違います。

また、プレエコの座席は設定数が少ないため、担当CAさんが細やかに気づいてくれました。様子を見てドリンクのお代わりなども声をかけてくれたり、こういうことはサービス内容には書かれていない良いメリットだと思います。

私達夫婦は若くないし、今回は私が現地で体調不良になってしまって昔のように気力と体力で海外旅行を乗り切れる年齢ではなくなっているなと感じたばかり。

バンコクで体調崩してダウン(涙)次こそ海外旅行で失敗しないために大切だと思った5つのポイント!
6月に初めて行ったバンコク。 とっても楽しみにしていた旅行だったのに、私は到着日の夜中から体調が悪くなってダウン! 幸い病院でお世話になる前に回復できたけれど、旅行前の体調管理の甘さを痛感した旅となってしまいました。 ...

次の旅行も選べるならエコノミーではなく少し高くてもプレエコを選びたいなと思わせてくれる旅でした。

航空会社によってプレエコのサービスはかなり違うようなので今回はJALのバンコク線往復の感想でした。

動画でもご覧いただけます

帰国便はあまり動画を多く撮れませんでしたが、プレエコに乗って感じたメリットについてまとめた動画をYouTubeにアップしてあります。

お時間ないときは動画でご覧ください。

JAL バンコク→羽田 プレミアムエコノミー搭乗記 往復利用して分かったプレエコのメリット5つ(ラウンジ・座席・機内食)

まとめ

6月に行ったバンコク旅行でJALプレエコを利用した時の帰国便(バンコク→羽田)の様子と、プレエコに往復乗ってみて感じたメリットについてご紹介しました。