コストコ「クリスタルブレッド」ラップ無し冷凍保存方法と美味しい食べ方(焼き方)

2019年もコストコでいろいろなパンを買いました。

初購入したコストコのパンの中で「クリスタルブレッド」はかなりレアなパンだと思います。

コストコのパンは突然復活して売られることもよくあるので購入した時から時間は経ってしまいましたがブログにも記録しておきます(※YouTubeには公開済みです)

クリスタルブレッドの食べ方・冷凍方法(ラップを使わない冷凍方法)をご紹介します。

クリスタルブレッド 動画はこちら

▼YouTubeの動画でも詳しくご覧頂けます

コストコ クリスタルブレッド冷凍方法&食べ方(※ラップ・フリーザーバッグ不使用)/ COSTCO Cristal Bread

クリスタルブレッド 価格・容量

■クリスタルブレッド 12個入り

■購入時価格 798円(税込)※2019年7月

■内容量 約900g

クリスタルブレッドは正方形の平なパンです。

オリーブオイルが配合されていて、硬くないフォカッチャのような食感のシンプルなパン。

名前に「クリスタル」とついているように、形は四角でシャープなラインが印象的。

正面から見ると、ほぼ正方形。

真横から見ると、厚みは薄く見えて、

裏返して底を見ると、バゲットのような雰囲気もあります。

硬そうなパンに見えるかもしれませんが、表面はツルッとしていて、中はもちっとしたソフトな食感を持つ美味しいパンです。

1個の重さは、95g前後ぐらい。

パッケージには12個で900gと記載あります。書いてあるよりは1個分は大きめでした。

おすすめの食べ方・切り方

クリスタルブレッドは、焼かずにそのまま食べるよりトーストしてから食べた方が美味しいです。

トーストすると表面がカリッと食感が良くなり、中の生地もふんわりで食べやすくなります。

切らずにそのまま食べても良いし、横に切り込みを入れてサンドにしても良く合います。

ただし、1個が大きめなので具を挟むとちょっと食べにくかもしれません(味は美味しい)

私のおすすめは、「1個を半分にカットしてから焼いて食べる方法」です。

クリスタルブレッドはとてもカットしやすいので普通の包丁でも切れます。

半分に切った断面はこちら↓

見た目は、フォカッチャにそっくりです。

味は外が香ばしいのでフォカッチャより食感が楽しめます。

中の記事は意外とふんわり。パサパサしていないのでそのまま食べても美味しいです。

さらに、横にスライスしてからトーストすると具やジャムなどもハサミやすいです。素朴てシンプルな味なので具を挟んで食べるのがとても合うパン。

冷凍方法(ラップを使わない冷凍方法)

私は現在パンの冷凍にラップやフリーザー用バッグなどを使用していないので、今回はラップを使わない冷凍方法でご紹介します。

この時は、2つの方法で冷凍しました

①カットせずそのまま冷凍

②半分にカットし、横にスライスを入れてから冷凍

結果的にどちらも上手に冷凍できました。

でも、やはり②の半分にカットしてスライス入れてから冷凍した方が食べやすかったです。

①そのまま冷凍

 

クリスタルブレッドは購入した状態のままの四角い形のまま冷凍できます。

今回は、大きめのガラス保存容器に2個重ねて冷凍しました。

使っている容器はコストコで買ったスナップウエアというガラス保存容器です(冷凍可能)

買ったそのままのクリスタルブレッドを2個重ねました。

多少盛り上がってもパンは弾力があるので蓋は閉まります。

冷凍後もくっつかずに1個ずつ取り出せました。

②半分にカットしてから横にスライスして冷凍

まずは、クリスタルブレッドを半分に切って、その後横にスライス(切り込み)を入れておきます。

完全には切り離さず、切り込みを入れる感じ。

スライスを入れてから冷凍すると、焼いて食べる時に手間がかかりません。

カットしたクリスタルブレッドはカットめんを上にして並べて保存容器に入れます。

今回使った容器は、ジップロックコンテナ(正方形)の深さのあるタイプ。

ちょうど2個分のクリスタルブレッドがちょうど入りました。

高さも余裕があってちょうど良いサイズでした。

この時に購入した12個は、

4個分を切らずにそのまま冷凍、4個分を半分にカットして冷凍。

残り4個は冷凍せずに数日以内に食べる分として元のパッケージ袋のまま常温保存しました。

冷凍庫に入れて保存すれば、どの容器も1個ずつくっつかずに取り出すことができました。

クリスタルブレッドは冷凍しても味や風味がほとんど変わらないので、とても冷凍に向いているパンだとわかりました。

クリスタルブレッド 解凍方法・焼き方

クリスタルブレッドは、冷凍後に解凍する必要はありません。

凍ったまま、オーブンやトースターなどで焼くだけで良いパンです。

下の写真はある日の朝食。

この時は、冷凍後にガスレンジの魚焼きグリル(トーストモード)で焼きました。

焼き加減はお好みですが、表面が焦げない程度にトーストするのがちょうど良いと思います。

うっすら焼けた状態だと表面のカリッと感も食べやすい硬さになるからです。

冷凍前に切り込みを入れているので、具を挟んで食べやすい。

このパンはとてもシンプルですがほんのり甘さがあって、中の記事もふんわりしているのでどんな具材とも相性が良いです。

写真の時は、ほうれん草としめじのソテーとスクランブルエッグを挟んで食べました。

また、レタスやチーズ・ハムなどを挟んで食べるのもおすすめです。

表面が硬そうに見えると思いますが、かぶりついても無理なく噛み切れる程度の硬さですのでご安心ください。

まとめ

2019年に購入したパンのまとめとして、初めて買ったクリスタルブレッドの食べ方・冷凍方法・美味しい食べ方などをご紹介しました。

今思い返してもこのパンはコストコではレアな部類のパンですが、とてもおすすめの美味しいパンでした。

コストコのパンは、ずっと売ってたのに急に売られなくなったり、「新商品」と書かれてあっても過去には販売されたことのあるパンだったりします。

この記事を読んでいただいた時点では売っていなくても、また復活するかもしれないので買った時からは少し時間が経ってしまいましたが記録のために記事にしました。

※コストコ店舗によって取扱商品と価格に違いがある場合もあります。この記事は購入時の内容です。