コストコ「タコライス」で簡単ランチがすぐ出来た♪アレンジいろいろ楽しめそう!

9月にコストコで買っておいた「タコライスの素」を使って休日ランチにタコライスを作ってみました。

タコスミートとホットソースがセットで12食分も入っています。賞味期限も比較的長いためいざという時には非常食にもなるかな?と思って初購入。

味は期待せずに買ってみたけれど、作ってみたらタコスミートもソースも美味しいです!

初めて買ってみた「タコライスの素」と作って食べてみた味の感想をご紹介します。

スポンサーリンク

コストコ「タコライス」購入価格・容量・賞味期限

■タコライス 12食入り

■購入時価格 777円(税込)※2018年9月

■内容量

・タコスミート65g×12袋

・ホットソース 6g×12袋

■賞味期限 2019年6月(※2018年9月購入時)

▼購入時の記事はこちら

9/1(土)防災の日にコストコへ買物へ行きました。 先週のコストコ会員メルマガを読んで、水や備蓄の食品になるものも買っておきた

コストコで買った「タコライス」は美味しそうなタコライス写真がとても印象的なパッケージです。

良く見るとギターを持った男性が「オイシーよ!カンタンよ!」といっているイラストも描かれていますね。

確かに作って食べてみたら「簡単で美味しい」は正しいと思いました。

コストコで売っている袋には12食分のタコライスの素が入っています。

製造元は沖縄県の「沖縄ホーメル」という会社でした。

1食分はタコスミート65g、ホットソース6g

1食分のカロリーは175kcal

タンパク質9.5g、脂質12.6g、炭水化物7.6g、塩分相当量1.7g

脂質と塩分が少し多めになっていました。

今まではパッケージ裏の栄養成分表示まで意識してなかったけれど、秋から少し体調を崩してしまい食生活改善中のため自分の記録用にも今後はなるべくパッケージ記載の栄養成分表示の数値も書くようにします。

▼体調崩してからグリーンスムージーを作るようになりました

ふるさと納税でバーミックスを頂いてから、お料理や簡単お菓子作りに使っています。 子供が小さい時に初めて購入した1本目のバーミッ

栄養成分も確認することの大切さを実感中です。

レトルト系食品や調味料は思っていたより脂質や塩分が多いですが簡単に作れるのはやはり魅力。ご飯控えめにしつつ野菜を一緒にたっぷり食べられるようなメニューは時々取り入れて休日ランチをストレス無く作れたらいいなと思っています。

タコスミートは銀色のパッケージ入り。ホットソースは赤い小袋入り。

賞味期限はタコスミートの小袋にも個別に印字されいます。大袋を処分してしまってもこれなら大丈夫ですね。

ホットソースは6袋ずつ繋がっていて、破線で切り取って必要な個数を切り分けられます。

赤いホットソースのパッケージ、唐辛子のイラストが可愛い。

12食入りではありますが、タコスミートもホットソースも全部12袋づつになっていて1人分ずつでも作れるから良いですね。

これなら一人暮らしでも少人数家族でも安心。

コストコ「タコライス」基本作り方と用意する材料

パッケージ裏面に「タコライスの作り方」がイラスト付で記載されています。

《タコライスの作り方》

  1. 沸騰したお湯にタコスミートを袋のまま3分温める
  2. 温かいご飯をお皿に盛って用意する(1人分の目安200g~220g)
  3. 温めたタコスミートを開封してご飯の上に盛る
  4. タコスミートの上にチーズを広げる(約10g)
  5. 刻んだレタスとトマトを乗せる
  6. ホットソースをお好みでかけて完成

《タコライスの素以外に用意する基本の材料》

  1. ごはん(1人分の目安200g~220g)
  2. チーズ(1人分の目安10g)
  3. レタス
  4. トマト

用意する材料はご飯以外にチーズ・トマト・レタスの3つがあればすぐ作れます。

では早速作ってみましょう!

コストコ「タコライス」を作ってみよう

では早速タコライスを作ってみましょう!

ご飯は冷凍してあるものを使いました。

トマトはプチトマト、レタスは千切りにしておきました。チーズだけ自宅になかったためミックスチーズを買ってきました(←チーズは「かけちー」が好きです)

パッケージ裏面の基本の作り方通りに作ってみました。今回は夫と私のランチ用に2食分。

まず、鍋でお湯を沸かしてタコスミートを3分間温めます。

温めている間に冷凍していたご飯をレンジで解凍&温めて用意。

3分後にタコスミートの袋をお湯から出して開封してみました。

開封するとスパイシーな香りが漂ってきました。ミートはどちらかというとドライカレーの挽き肉に似ています。

お皿にご飯を広げて、タコスミートを乗せました。

↓下の写真のお皿は夫用です。ご飯は180gぐらいだと思います。パケージの作り方に書いてあった1人分の目安200g~220gは野菜を沢山乗せたい時には多いかもしれません。

レタスを沢山乗せたかったためご飯はドーナツ状にして中央を空けて置きました。こうしておけばレタスをたっぷり乗せても一番上のトマトがこぼれてこないかなと思って(⇒これは正解でした)

ご飯の上に乗った状態のタコスミート画像↓

ミートの上にチーズを散らして、千切りレタスをたっぷり、一番上にカットしたプチトマトもたくさん乗せて。

見た目はタコライス!

最後にホットソースをかけて完成です。

チーズは大好きだから20~30g乗せてしまいました(塩分が、、とか言いながら、汗)

味見したらホットソースはそれほど辛く無かったです。1人分に1袋ずつホットソースをかけました。

タコライスが出来ました♪

コストコで買ったタコライスのパッケージ写真を参考にして盛り付けてみました。なかなか美味しそうに盛れたかな。

簡単に作れたコストコのタコライス お味はどう?

タコライスと一緒に、作り置きの鶏ハムと鶏ハムを作った時のスープにショウガと三つ葉を加えて簡単スープも飲みました。

タコライス、ご飯をドーナツ状に盛ってレタスたっぷり乗せてカサ増してあるから大盛りに見えますね。

トマトにかけたホットソースを全体に混ぜるようにしながらスプーンでタコスミートも一緒に食べてみると、

スパイシーで少し濃い味のタコスミートにさっぱりレタスとトマトがフレッシュ感、ホットソースが爽やかさを加えてくれて、とっても美味しい!

レトルトのタコスミートとホットソースはイメージしていたよりは味に深みがあってチーズ・レタス・トマトと一緒に食べた時に抜群の一体感を味わえるように工夫されていました。

タコスソースは食べる時には冷めてしまったけれど、それでも十分美味しかったです。

タコライスの素 アレンジいろいろ楽しめそう!

今回は基本の作り方と材料を使ってタコライスを作ってみました。

でも初めて食べた時に、この味はいろんなアレンジがしやすそうだと思えました。

例えば、ご飯ではなくピザ生地やピタパン、ラップサンドなど小麦粉の生地とも相性がよさそうです。

味のイメージは、以前食べたことのあるモスバーガーの「ナンドック」に似てる気がしました。タコライスの素はカレー味ではなくもっとエスニック風味が強いです。フレッシュ野菜やいろんなチーズ一緒にサラダやディップでも美味しそう。

チーズを入れなくても、ゆで卵やアボカドと一緒に食べても絶対美味しいと思います。春巻きの隠し味につかっても合いそう。

タコライスの素だけど、ライスじゃなくても小量使うだけでもメキシカン風の味付けの簡単お料理にも是非使ってみてくださいね。

まとめ

初めて購入してみたコストコのタコライスと作って食べてみた味の感想を書いてみました。

コストコのレトルト系食材や調味料は季節によって取扱がない場合もあるけれど、見つけた時に試してみると意外な美味しさでちょっとうれしくなることが多いですね。

タコライスの素、これも美味しかったコストコ食品として記録しておきます。

関連記事

コストコで買ったビビンバの素で簡単夕食を作りました。 今まで何度もリピ買いしているカルディ「ビビンバの素」と比べてどちらが美味
コストコで買ったプレゴ(Prego)パスタソースでロールキャベツとチキンカチャトーラを作りました。 パスタソースとして売られて
前回コストコで買ってリピしたい!と思ったのが「スモークベーコンカルボナーラ」と「有機ベビーケールミックス」です。 スモークベー
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク