コストコ 食器用洗剤「フロッシュ アロエヴェラ」油汚れは本当に落ちるの?

スポンサーリンク

コストコで買ったフロッシュのアロエヴェラは手肌にも環境にも優しいドイツの食器用洗剤

数年前にコストコで売っていた時には背の低いボトルで3本セットでしたが、現在は1リットル入りの大きなボトルに入って2本セットで販売されています。

ずっと愛用していたエコベールがコストコでは昨年から買えなくなってしまい、その代わりに久しぶりにフロッシュを買ってみました。

2本とも使い切ったので、この商品の使用感・汚れ落ちの具合・使って分かったことについて正直な使用感想を書いてみます。

スポンサーリンク

フロッシュ アロエヴェラ  価格と容量

■フロッシュ アロエヴェラ(食器用洗剤)1L×2本 

■購入時価格 978円税込(※2020年8月)

■原産国 ドイツ

■ノンアルコールタイプ

フロッシュはドイツの食器用洗剤シリーズ。

この緑色のボトルのアロエヴェラは、シリーズの中ではスタンダードタイプの洗浄力。

天然アロエヴェラエキス配合、手荒れの原因になるアルコールが使われていないノンアルコール処方。

100%再生可能な植物由来の界面活性剤が使われていて、ボトルも再生PET100%。

手に優しいだけなく、環境にも配慮した地球に優しい洗剤です。

ドイツ製ですがボトルラベルラベルは表裏とも日本語で記載されています。

中に入っている洗剤液は透明。

香りはアロエヴェラ。といってもアロエの香りはそれほど強くないです。

ボトルとキャップの構造

ボトルはPETボトル(100%再生PET使用)

キャップはしっかり、パチっと締まります。

洗剤を出す時も少量ずつ出せます。

また程よい硬さのPET容器なので、たくさん出したい時にはボトルを握れば出したい量を調整できます。

背の高いボトルの底は楕円形になっていて、背は高いですが安定感はあります。

実際にキッチンに置いてみると、やはりこのまま使うにはけっこう大きいです。

別の容器に詰め替えた方が使いやすい

フロッシュ1Lのボトルは背が高くて大きめなので、そのまま使うより小さめのディスペンサー付きの容器に入れ替えて使うほうが便利です。

我が家では、小さな容器に詰め替えて使いました。

背の高いボトルのフタを使う度に開けるより、この方が断然使いやすいです。

1リットルのボトルは日本のキッチンにはちょっと大きすぎるサイズ。

上の写真で大きさのイメージを分かっていただけると思います(隣に置いてあるアバロンのハンドソープは高さ22cmです)

基本の使い方(原液・つけ置き)

基本の使い方はボトル裏面に書かれてあります。

【2つの使い方】

  • 原液をスポンジに含ませて使う
  • つけ置き洗いする場合は、水1Lに対して0.6ml

原液そのまま使う場合は、普通の食器洗剤と同じようにスポンジに含ませると泡が立って洗えます。

つけ置きの場合は「水1Lに対して0.6ml」、つまりごくごく少量。

調理用の計量スプーンの小さじ1は5mlなので、0.6mlはその1/10程度。

この分量が、実際にボトルに記載されている使用量の目安です。

油汚れはどのくらい落ちる?

このフロッシュは、フロッシュの食器用洗剤シリーズの中ではスタンダードタイプ

つまり、洗浄力もスタンダード。

スポンジに原液を取って泡立てて使った感じは、一般的な洗剤よりやや泡立ちは弱め

泡は立ちますが、日本の普通の洗剤に比べると泡立ちは弱いです。

香りは優しく、たくさんつけても強い香りはしません。

グラスやカップなど油汚れがしていない食器はきれいに落ちます。

洗い上がりもスッキリ。香りも残りません。

ただし、

油汚れは落ちがよくありませんでした。

正確に言うと、油汚れは落とすことはできるけれど、原液たくさん付けないと落ちにくい。

特に、お肉を焼いたり油を使った後の調理器具の油汚れはすっきり落ちません

何となく、油の膜が残ってしまう感じ。

我が家は大学生の息子がいるため、油を使ったお肉料理をよく作ります。この洗剤だけでは油落ちが悪くてちょっと困りました。

ギトギト油汚れの時には、原液をたくさん使うためコスパはかなり悪いと感じました。

エコベールは原液を薄めて使っても油汚れがよく落ちたのに、この緑色フロッシュはそれに比べてしまうと洗浄力はかなり弱いです。

手にも環境にも優しい洗剤だけれど、油汚れがもっとすっきり落ちたら最高なのに。

ずっと以前、コストコでフロッシュ3本セットを買っていた時にはそれほど油落ちが悪いとは感じなかったけれど、今は当時と違い子供が大きくなってお肉料理を作る回数と作る量が全然違うことに気づきました。

ということで、現在の我が家にはフロッシュは合わないことが分かりました。

向いている人・向いていない人

このフロッシュは、向いている人と向いていない人がはっきり分かれる洗剤です。

この洗剤に「向いている人」は、

  • カップやグラスなど油汚れが少ない食器類を多く洗う人
  • 小さなお子さんがいて、小さな洗い物がたくさん出てしまう人
  • 洗浄力は弱くても、手肌に優しく環境に配慮したキッチンアイテムを使いたい人

反対に「向いていない人」は、

  • 炒めものやお肉料理を多く作る人
  • 揚げ物をよく作る人
  • 油汚れをすっきり落としたい人
  • 洗い物に時間をかけたくない人

実際に2本使ってみて、お肉料理や油を使う料理を多く作る我が家の場合はこのフロッシュには向いていませんでした。

フロッシュには、この緑色のスタンダードタイプだけでなく洗浄力強化タイプのラインナップもあります。

油汚れに強いタイプなら同じフロッシュでも洗浄力は高いそうです。

でも現在コストコに売っているのは、この緑色のスタンダードタイプだけです。

我が家は油汚れをすっきり落としたいので、エコベールの方が使いやすかったし、コスパも数倍良いと思いました。

まとめ

コストコで買ったフロッシュのアロエヴェラ(食器用洗剤)について、特徴や使ってみた正直な感想をご紹介しました。

ご家庭によって作る料理や、食器を洗うスタイルはかなり違います。

我が家のように油を使う料理を作る回数が多い場合には、この洗剤は合わないことが分かりました。

今までエコベールを使っていて、フロッシュに変えてみようかなと思っている場合にも、洗浄力がかなり違うということを知らないと「失敗した」と思ってしまうかもしれません。

私はエコベールがコストコでまた買えるようになるといいなと思いました。

※使用感想はあくまで私個人の感想です。

▼関連記事

コストコ「食洗機専用洗剤 フィニッシュ 」はタブレットではなくパウダーを選んでいる理由
食洗機用洗剤はコストコでずっと「フィニッシュ」パウダーを購入して使っています。 コストコにはタブレットタイプも売っているけれどあえてパウダーを選んで買っているのは、洗う量に合わせて洗剤の量も自分で調整できるから。 今回は...
コストコオンライン「アバロンオーガニクス ハンドソープ レモン」香り・泡立ち・洗い心地はどう?
コストコオンラインで購入した「アバロンオーガニクス ハンドソープ レモン」 アバロンのハンドソープはコストコの場合、店舗ではなくオンライン限定の取扱商品になっています。 今回はこのオーガニックハンドソープの香り・洗い心地...
コストコ 3Mスコッチ・ブライト「ドライシート」床と拭き掃除が両方できる♪使って分かった注意点もあり
昨年コストコで買ったスリーエム(3M) のスコッチ・ブライト「ドライシート」は床でも手拭きでも使える厚手のお掃除用シードです。 安くなっていた時に購入して、約1年間使ってみました。 各社共通タイプだから、ご家庭にあるフロアー...
食器用洗剤エコベールはコストコが安い!エコで手肌にも優しい泡立ちフワフワ♪油汚れも落ちる
先月コストコで買った食器用洗剤「エコベールecover」 自然にも手肌にも優しいこのエコベールは、原材料だけでなく製法からパッケージに至るまで徹底したこだわりを貫いているブランドです。 私は手肌や爪が弱いため昨年からハン...
コストコで失敗買いを減らすために注意している私の10個のマイルール(会員歴18年目)
現在コストコ会員歴も18年目に入りました(2003年入会) 今まで数えきれない数の商品を購入してきましたが、その中には「失敗だった」と思える経験もたくさんあります。 今回はコストコで買物する時に私が気をつけている「10個のマイル...