機種変更で不要になったiPhone2台をドコモショップで下取りに出しました

我が家は今年2台のiPhoneを機種変更しました(私→iPhone7,夫→docomo withでiPhone6s)

古いiPhoneは何かの時のためにと機種変更時に下取りへ出さず手元に残していました。でも今後使う予定はないと判断し、2台のiPhone5sをドコモショップへ下取りに出しました。

ドコモの下取りは機種変更時だけのサービスかと思っていたけれど、機種変更から時間が経っても受付可能であることを今回初めて知りました。

ドコモショップへ下取に出す場合の事前準備・もらったdポイントと有効期限・注意点について分かったことを書いておきます。

スポンサーリンク

機種変更で不要になったiPhone、どうしてますか?

今年機種変更で手元に残ったiPhone5sを2台、先月ドコモの下取りサービスへ出しました。

夫が10月にdocomo withでiPhone6sへ機種変更した時に、手続きしたビックカメラ店舗でドコモは機種変更時以外でも古いスマホやタブレットを下取りしてくれることを知りました。

正確に書くと、ドコモの下取りサービス制度は知っていたけれど、機種変更から時間が経過しても下取りしてもらえる事を私が知らなかったのです。

私の古いiPhone5sも何かの時のために残しておいたけれど「下取りしてもらえるかも」と思い久しぶりに電源入れてみたら立ち上がらず、しばらく充電してみたらやっと起動。

壊れる前に、ドコモショップへ行ってみました。

ドコモショップでは検品後にすぐ下取りしてくれました。下取り分のdポイント即時付与され、手続きも簡単。

動かなくなる前に、下取りサービスを利用できて良かったです。

私が下取りに出した後、夫も「古い機種はもう要らない」というので後日ドコモショップで下取りしてもらいました。

何かの時のために、、と思って残しておいたけれど、iPhoneはバックアップさえしっかり取っていればiTunesからいつでも復元できるため、古い機種ほど動かなくなる前に下取りに出す方が無難かもしれません。

我が家には息子の古いiPhone5sがまだ1台残っていて動くのも分かっていたため、予備機はその1台で十分そうです。

必ずしもキャリアの下取りサービスがお得ではないと思うけれど、知らない買取業者に個人情報を提供するのも嫌なので我が家は買取価格は低くてもドコモの下取りサービスを選びました。

ドコモのiPhone下取り価格はいくら?

ドコモは「下取りプログラム」という下取りサービスを行っています。

適用条件・適用条件が合う端末であれば検品&査定後に下取りしてもらえます。下取り価格はドコモ公式HPに記載されいるため下取りに出す前に概算を知ることは可能。

詳細ドコモ「下取りプログラム」
ただし下取り条件にも記載されている通り、「故障、水濡れ、著しい外観破損がないこと」は最低条件のうちの1つ。

下取り完了後は価格分のdポイントが付与されます。

ドコモショップの店頭で下取りしてもらった我が家の場合は、2台とも1台2000円ずつで合計4000円分でした。

この買取価格分はdポイントとして即時付与されました。

しかも、このdポイントは期間・用途限定ポイントではなく有効期限が48ヶ月ある通常ポイントなのです。

1台分が2000dポイント、これを安いと思うかどうかは人それぞれ。

現金でもらったら4000円なんてすぐ使ってしまうけれど、有効期限の長いdポイントは次の機種変更時に絶対役立ちます。

ドコモのiPhone下取り前に準備すること

ドコモ下取りサービスは、店頭だけでなく「NTTドコモ下取り窓口」でも郵送ですることができます。

今回はドコモショップ店頭での下取りの場合で事前に準備しておいた方がいいことを簡単にかいておきます。

下取りプログラムに関してはドコモ公式HPで適用条件をご確認ください。

詳細ドコモ下取りプログラム

▼下取り前に準備しておいた方が良いと思ったこと▼

  • 端末が下取り条件にあっているかどうか確認しておく
  • 端末に故障や不具合がないかどうかチェックしておく
  • 端末の契約者情報を確認しておく(←契約者以外が店頭で申込する場合は委任状が必要)
  • 端末内の情報が必要な場合はバックアップ等で各自保存しておく
  • iPhoneを初期化して持参する方が店頭処理時間がスムーズ
  • 来店時には本人確認書類の掲示が必要になる(←運転免許証など)
  • 来店予約をしてから行けば待ち時間は少なくて済む

古いiPhoneをドコモショップで下取りに出す前に、必ず端末が下取り条件に合っているかどうか確認しておきます。

端末が壊れていたり、起動できない状態の場合は下取りしてもらえませんのでご注意ください。

我が家も下取りに出す前に久しぶりにiPhone5sをじっくり見てみました。

久しぶりに手に持ったiPhone5sは小さいけれど握りやすくてデザインや外装の質感も今更ながら素敵だと思えます。

端末は古かったけれど、一応起動はできるし操作上の問題もありませんでした。外見上の破損もなかったです。

イヤフォンジャックやケーブル接続部分も不具合なしでした。

ドコモショップ店頭では、初期化した状態で検品をしてくれます。自宅で初期化してから持参した方が手続きは早いです(ただし、査定によっては下取りしてもらえない事もありえますのでご自身で判断してください)

我が家の場合、私も夫も既に新しいiPhoneでデータバックアップ済のため古い端末のデータはもう必要なかったので初期化してから店頭へ持っていきました。

査定については、目の前で検査していた訳ではないので実際にどのような検査や査定をしているのかは不明でした。

ドコモショップは来店予約をしてから行ったため、待ち時間も少なくて受付から査定そして完了まで30分程度で終わりました。

できれば「来店予約」をしてからドコモショップへ行った方が待ち時間を少なくできます。少し面倒でもネットで来店予約してみてください。

下取りでもらえるdポイントは次の機種変更に備えて貯めておこう!

下取りでもらえるdポイントは有効期限が48ヶ月間ある通常のdポイントです。

期間・用途限定ポイントではないですから、ゆっくり貯めておけるポイント。

我が家は下取りでもらった4000円分のdポイントは次の機種変更のために貯めておきます。たかが4000P、されど4000P

今後3人家族の機種変更は数年ごとに必ずやってきます。iPhoneの端末価格はとても高価です。端末購入割引サービスは今後かなり減ることが予想されますし、数年後の出費を見越して少しずつ準備しておきたいです。消費税の増税もありますから。

ということで、下取りで即時付与されたdポイントを含めて、現在持っているdポイントはどれくらいかと言いますと、

期間用途限定ポイントを除いて、

16275P(2018.12.15現在)

10月に夫の機種変更後に残っていたdポイントは9000ポイント台ですから毎月コツコツ貯まっています。

息子の使っているiPhone7がそろそろ充電だめになりそうで、来年は機種変更が来るな、、と思っていたのですけれど、先月AppleCareを使ってAppleストア新宿でバッテリー交換をお願いしたら新品と交換になり、来年の機種変更は必要なさそうです(※新品交換になった理由などに付いては後日書きます)

まとめ

初めてドコモ下取りサービスを利用してiPhoneを買取りしてもらったお話を書いてみました。

今回下取りに出してみて、以前よりiPhone下取り価格が下がっていることも分かりました。「iPhoneなら中古でも高く売れる」と思ってしまっておいたら起動しなくなっていた、、なんて事は勿体ないですよね。

どの時点まで使わなくなった端末を保有するかは人によって違うと思います。予備機となる端末は1台あれば何とかなるかも、と思った今回の下取り体験でした。

関連記事

夫が使っていたスマホを「docomo with」でiPhone 6sに機種変更しました(iPhone 5s→iPhone 6s)
我が家は家族3人、docomoユーザーです。 今月初めに、約4年使った私のiPhone5sをiPhone8ではなく「iPhon
今まで愛用していたdカード GOLDを今月「VISA」から「マスターカード」に作り直しました! dカードの国際ブランドは途中か
今月、OCN光からドコモ光に乗り換えました。 6月にdカード GOLDをVISAからマスターカードに作り直した時に、もっと効率
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク